×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2006年05月


05月28日
○ウルトラマンメビウス○
ひょっとしてボガール倒しちゃった!?まさかね・・・。
メビウス・ツルギ・ミクラス総出でボコボコにされたな。

ミクラスは前回あんまり強くなかったけど、
今回はちょっとだけパワーアップしたね。
放電能力移植の際、エレキングだけでなく、ネロンガ・エレドータスの
透明化能力までデータが使われてるのは驚いた。
こう言う細かい所まで上手く物語に生かしてるのは凄い。
タロウの改造エレキングは一応名前が出て来た良かったな(笑)。


○仮面ライダーカブト○
ついに大介とゴンのお別れの時。
少々強引な展開だったけど、結構いい話だったよ。
ドレイクからゴンが手を離す時、大介が記憶の戻ったゴンに
突っ込んで貰えなかった時、そして大介orゴンの涙は流石にグッと来た。
今日の話で大介の株が一気に上がったなあ。
・・・でもこれから先、あいつ一人でやっていけるのか(笑)。

バトルはカブト&ドレイクvs影山ザビー・・・そしてオマケのワーム。
クロックアップを使ったカブトとドレイクのコンビネーションは、
意外性もあったし、カッコ良くてすげえ燃えた。
ザビーに盾にされた時、何でいきなりドレイクが
クロックアップ出来たのか知らんけど、カッコ良かったから別にいいや。

影山はゴンは取り戻されるわ、ライダー2人にボコボコにされるわ、
もうどうしようもないな・・・、レンゲルクラスまで落ちぶれそう(笑)。


05月26日
PS2の『宇宙刑事魂』と、DSの『Newスーパーマリオ』を買った。
マリオは流石にボリュームもたっぷりあるし、長く楽しく遊べそう。
唯一難点を挙げれば、どこでもセーブ出来ないことかな、電車の中でやるにはちと不便。

そして楽しみにしていた宇宙刑事魂、・・・う〜ん良い所もあるけど、総合すると微妙・・・。
◎良かった点◎
・当時の俳優さん多数が参加している、大葉なんか全然声が衰えてないよ!
・オリジナルのボスに曽我町子さんが参加。結果的にはこれが遺作に・・・。ED曲は最高(笑)。
・何気に20年目にして初めて描かれた、宇宙刑事3人の初共闘、実写でこれが見たかった・・・。
・蒸着、赤射、焼結シーンがスッゲーきれい、今の技術でやるとこんな感じなんだろうな。
・曲はオリジナルが多数、蒸着後に「チェイス!ギャバン」流れた時鳥肌立った。

◎悪かった点◎
・ボリューム少な過ぎ!2時間あればクリア出来る。
・シャリバン、シャイダーの変身プロセスが入ってない。
・マドー、フーマの幹部が出て来ない。これがあればもっと世界観が広がったのに・・・。
・あとなぜかリリー、マリーンがいない。アランや小次郎さんさえ使用出来るのに(笑)。
・やっぱゲームとしては微妙、逃げ回って殴り付けるだけ。必殺技が意味ねえ・・・。
・光るレーザーブレードが単なるトドメ専用演出になってる。
・オリジナルコンバットスーツのバリオゼクターの扱いが、ウルトラマンFERのカオスロイド程度・・・。
・故人だから止む終えないとは言え、シャイダーの声が円谷浩さんじゃないこと。一応主役の一人だもんね。


単純にゲームとして見たらハッキリ言ってクソゲーなので、さっさと売っちゃいたいのだが、
俺の宇宙刑事愛がそれを許さないんだよな・・・、何だかんだで物語的にも宇宙刑事の新作に等しいし、
曽我さんにとっては遺作だしな・・・。あとドン・ホラー役でご病気で当時途中降板された飯塚さんにとっても、
20年目にしてようやくラストバトルまで演じることが出来た大切な作品なんだよな。
演出とかでもツボはある程度押さえてるのに、作り込みが甘い、何とも惜しい作品。
ストーリーで言えば、一番おいしかったのはハンターキラーだな、分岐点でどっちに言っても得な役回りだ。
逆にサン・ドルバ、魔女キバは相変わらずのバカ親子、それがいいんだけどさ(笑)。

何だかんで売ることは出来なさそうね・・・、今まで買ったキャラゲーもほとんど売ったことなし。


05月21日
○仮面ライダーカブト○
おいおい、影山がどんどん落ちぶれていってるな(笑)。
ドレイクを利用する為にとうとう誘拐までやらかすとは。
去年は俺の大好きなウルトラマンネクサスやってただけに、複雑な心境・・・。

その影山に利用されてへコんでた加賀美は、自分がワームを倒したと勘違いして
有頂天になってる(笑)。加賀美の脳内で美化された自分の姿が、
アルティメットメイクアップになってたのは笑った。
岬や田所さんが武勇伝を何回も聞かせれてウンザリしてたけど、
よく考えれば、田所さんがギャグシーンに絡んだのは初めてだな、まああの顔だし(笑)。

バトルはゴンを人質にされて追い詰められたドレイクとカブトの対決。
何だかんだ言ってても、大介も決して悪いヤツではないからね。
ドレイクは今までヘタレだったけど、本気になればそこそこいけるじゃん。
カブトに結構攻撃を食らわしてたし(効いてるかどうかは怪しいけど)、
矢車&影山ザビーより善戦してた気が。
でもまあ、生身でドレイクの銃弾をかわす様なヤツには勝てまい・・・。
つーか天道凄過ぎ(笑)。


05月19日
結構放置プレイをかましたので、久々に更新。

先月ドラゴンボールと同時にPSPを買ったばかりだと言うのに、
その1週間もしない内にDSをDSライトに買い換えた。
仕事帰りに偶然トイザらスに入ったら、偶然大量入荷してたんで。
その後旧DSは中古ゲーム屋で1万円で売却出来たので、実質7千円位で買えた計算か。

で、せっかくなんで2機種を記念撮影。
P76
(ゲームはPSPがドラゴンボール・DSLはニンテンドッグス
犬はトイザらスの中継所を使ってチワワを増やしました。)

DSライトはPSP程ではないとは言え、画面が明るくなり、かなりキレイになってる。
重さは手に持った時、旧DSとの違いに驚いた、最初からこの軽さならな・・・。
ボタン操作は十字キーとABXYは格段に操作し易くなってるけど、RLとスタート・セレクトは逆に使いにくい。
あとGBAのソフトが飛び出してるのは怖いな・・・、ぶつけたらブッ壊れそうで。

んで両方手に入れて各々の長所・短所見て思ったけど、やっぱどっちも良い商品だと思う。
DSはDSソフトとGBAのソフトで遊べ、DSならではのゲームをいつでもどこでも気軽に楽しめるし、
PSPはゲームだけでなく、音楽・画像・動画・ネット・(エ○ュ)と幅広く使えるし。

世間的には完全に勝負は付いてるけど、その理由もよく分かる。
PSPはある程度財力と知識が無いと、その魅力は100%引き出せないしな。
子供がメインユーザーの携帯ゲーム機じゃ、これはキツいと思うわ。
しかも出るソフトはPS2の移植&アレンジが多いし。
俺みたいに通勤電車の中で遊ぶのが主なヤツなら、それでも問題無いのだが。
無理にスペックを上げずに、アイデアでライトユーザーと子供をひきつけた任天堂は正解だったな。
とりあえず据え置き機はPS2、携帯機はDSを持っておけば無難だと思う。
個人的にはPSPの方が好きだが、オススメは出来ん。

あとたまに某巨大BBSの携帯ゲーム板で情報収集をするのだけど、
あそこはガキが多くてどちらかしか買えないからか、DS派vsPSP派でケンカばっかしてるから今イチだな。
妊娠だかGKだか知らんが、何であそこまで相手を憎めるのか・・・。
とか偉そうなこと言ってるけど、俺もDSしか持ってない時はPSPで欲しいソフトが出たら、
羨ましかったけどね・・・、だからってイチイチ暴れまわったりはせんけど。

今プレイしてるのはPSPのドラゴンボール&仮面ライダーカブトの動画、
今月末からはDSのNewスーパーマリオ(&PS2の宇宙刑事魂)、7月はPSPのウルトラマンFE0と
しばらくは退屈せずに済みそう。


05月08日
初代オバケのQちゃんの声優や、デンジマンのへドリアン女王等で有名な
曽我町子さんが亡くなられたみたい、享年68歳と言うことで、まだ若かったんだなあ・・・。
子供の頃から親しんでた人なだけにショック・・・言うか、まだ実感が湧かない。
小林昭二さんや天本英世さんの時なんかもそうだったが。

曽我さんは去年から体調を崩されてたみたい、
マジレンジャーに何回が出られてた時は、普通に元気そうに見えたのにね・・・。

今月末にはPS2で『宇宙刑事魂』が発売されるのだが、
それのオリジナルキャラで、曽我町子さんをモデリングした悪役が出て、
本人が声優をやったのだが、どうやらこれが遺作になりそうね。
最後のキャラクターがお馴染みの東映悪役女王だったと言うのは凄いね、運命と言うべきか。

もともと買う気だったけど、こうなるとますます買わない訳にはいかなくなったな。
亡くなられたシャイダーの円谷浩さん以外の殆どのキャラクターは、当時の役者さんが声を当ててるみたいだし、
宇宙刑事ファンにとってはもの凄い作品になりそう。

曽我町子さんのご冥福をお祈りすると共に、まだまだ楽しませて頂きます。



HOME