×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2009年06月


06月29日
一昨日は長澤まさみ主演映画「群青」の初日舞台挨拶の日だったので・・・、
懲りずにまた東京まで行って参加して来ました!!
これで5回目・・・・・、我ながらアホだな(笑)。
しかも今回は、女の子とのデート押し退けて行ったし。
そりゃねえ、まさみに会う機会なんて、滅多にないんだから、
こっちを優先するに決まってる!!


舞台挨拶に来たのは、長澤まさみ・佐々木蔵之介(1回目だけ)・
田中美里・良知真次・監督の5人。今回は午前に有楽町スバル座で、
午後からはお台場のメディアージュで2回あったんだけど、どっちも参加した(笑)。
チケットはお台場のヤツしか持ってなかったから、最初2回見るつもりは
なかったんだけど、試しに当日ギリギリにスバル座に行ってみたら、
「立ち見なら入れる」と言われたので。
しかし同じ映画を1日に2回観るのはしんどかった・・・。
2回目の時は、流石に最初の30分位寝てしまった。
でも2回目の時は、前から3番目位の席だったから、
メッチャ良い位置で見ることが出来たぞ!!

結果的には、マスコミの取材が大量に来たのも、佐々木蔵之介が
参加したのも1回目だけだったから、こっちにも参加して正解だった。
しかし1回目は大盛況だったとは言え、客のマナーが最悪だったな。
写真撮ろうとするわ、携帯鳴らすわ、キモオヤジがギャーギャー騒ぐわ。
あんなマナー悪い舞台挨拶は初めて見たわ。2回目はまあ良かったけど。
それと流石に時間がないからか、1回目も2回目も衣装は同じだったね(笑)。


これは毎回書いてることだけど、生で見る長澤まさみやっぱメッチャ美しいわ、
スタイルの良さハンパねー。背高いし、手足長いし、顔小さいし、圧倒的にキレイ。
しかもだんだん色っぽくなってるし。まさみの顔がデカいとか
抜かしてるアホ共に、是非一度見せてやりたい。


とりあえず今回、印象に残ったのは
○1回目
・まさみが蔵之介の眼差しを褒めたら、
蔵之介が体を90度動かして、まさみを見つめるギャグをやった。
・蔵之介がまさみに「あの暑い島で、(まさみは)何であんなに涼しげに
爽やかに出て来るんだ?カルピスが飲みたくなった(笑)。」と言った。
・蔵之介、観客の声に面白く応えるの上手いし、カッコ良いわ!

○2回目
・蔵之介は何故か島にパンを作る機械を持ち込み、自分が作る・・・のではなく、
福士誠治と良知真次に交代で作らせてたらしい(笑)。
・まさみが挨拶中、1秒程言葉に詰まったんだけど、その時に照れながら
顔をクシャクシャにした真ん丸笑顔が強烈に可愛かった。
その後田中美里と顔を見合わせて笑ってたか。
シュッとしてる時のキレイな顔と、思いっきり笑った時の可愛らしさのギャップが最高だ。


それとニュースでも出てたけど、1回目の舞台挨拶で出演者達が七夕用に書いた短冊。
↓今はスバル座の入り口辺りに展示されてるので、見たい人は
行ってみるのも宜しいかと。すっげえ分かりにくい所に飾ってるけど(笑)。
P608 P609
うう・・・このまさみが書いた短冊が欲しい!!!
目の前にあったのに、手が出せないのはかなりの拷問(笑)。


今回はまさみに2回も会えて、ちょこっと東京観光して、
1週間前に転勤で東京に引っ越した仲の良いダチと・・・
1週間振りに再会して(笑)、素晴らしく充実した1日だった。
また機会があれば行きたいなあ・・・、あれば行くと思うけど(笑)。

映画の感想は、前の試写会の時に書いたから割愛。
少なくともヒットはしないだろうな、・・・申し訳ないが。
次の「曲がれ!スプーン」に期待!!


06月28日
○仮面ライダーディケイド○
仮面ライダーディエンド・海東大樹の世界へ。

て言うか、実質「仮面ライダーブレイド・劇場版」の世界だよね、コレ(笑)。
出演してるライダー達(しかもオリジナルキャスト)も、怪人とボスキャラも、
「ブレイド」劇場版のヤツばっか。こいつら何でこんなに優遇されたの?(笑)。


ラルクとランスは原作では噛ませ犬程度の扱いだったけど、
今回はちゃんと活躍出来てて良かったじゃん。いや一応あいつら原作でも、
戦闘能力は決して低くはなかったんだけどさ。ランスの三輪夏美は、
夏みかんと名前が被るからか、キャラ名が春香に変わってたね。

グレイブの志村純一も、海東の兄貴役だから、名前が海東純一に
変更されてたけど。しかし何故こいつがこんな重要キャラに?
純一・・・て言うか、黒田勇樹の胡散臭い笑顔は相変わらずだなあ・・・(笑)。

今回久々にこの「ブレイド」劇場版のライダー達を見たけど、
こいつら何気にデザインも戦い方もカッコ良いよね。


そして今回敵に捕まって洗脳されそうなユウスケ・・・、お前ホントにクウガかよ?(泣)。
あとユウスケと夏みかんって、いつもイチャついてない?デキてるように見える(笑)。

バトルではディケイド・コンプリートフォームが、キバ・エンペラーフォームを召還。
しかしあんな雑魚相手に、あそこまでやる必要があるか?

そしてライオトルーパー。初勝利おめでとうございます(笑)。


○ぼくの妹○
クソドラマ「ぼくの妹」ようやく終わった・・・。
長澤まさみファンとしては、ホントに辛い3ヶ月だった。
せっかくオダギリジョーとの共演だったのに、
とんでも脚本に台無しにされたからなあ。
第1話だけなら、TBSドラマトップだったんだから、
脚本次第で高水位で行くことも出来たハズなのによお。


では最終回の内容について。
先週のラスト、颯はあんなに兄貴にブチ切れたのに、
今週冒頭であっさり仲直り。そして九鬼(千原ジュニア)とも、
根本的な考え方の違いに気付き、あっさり別れる。
更に次の彼氏(しかも「白い春」で春男を殺した
獅子丸ちゃんw)を作り、結婚寸前であっさり別れる。

ひっでえなあ(笑)、こんなことなら、あんなに
九鬼のエピソード引っ張る必要無いじゃん?
内容的に弁護士(不倫)→九鬼(クズ)→庭師(マザコン)と、
颯の歴代ダメンズ彼氏の一人でしかないし。ひょっとしたら九鬼との
恋愛が評判悪くて、慌てて修正でもしたか?(笑)。

こんなことなら、もっと次々にゲストキャラのダメンズを入れ替えて、
妹に兄が振り回されるドタバタコメディにすりゃ良かったのに。
もしくは日曜劇場らしく普通に兄妹の心温まるホームドラマにするか。
色々欲張って詰め込もうとするから、何が言いたいのか意味不明な
ドラマになっちゃったんだよ。突然消えるキャラクターや伏線も多過ぎだし。


で、最後のオダジョー・まさみの兄妹の絆を確かめ合うシーンだけは良かったと思った。
これで今までの物語がしっかりしてりゃ、もっと感動的なシーンになったハズなのに。
マジでこの2人の相性は良かったと思うのになあ・・・。まさみのウエディングドレスも、
最高にキレイだったのに何とも勿体ない・・・。

でもこの兄妹・・・、根本的に重度のブラコン・シスコンだから
結婚出来そうな気がしないんだが(笑)。特に颯は、何だかんだで兄貴大好きだし。
もう兄妹で一生同棲しろや。兄は田舎で医者、妹は近くで花を育ててりゃいい。


さて・・・「ぼくの妹」も終わったし、今度こそ東宝芸能は
もうまさみをTBSの連ドラに出演させるなよ。
「ハタチの恋人」「ぼくの妹」と同じプロデューサーのクソ作品2つに
出したせいで、まさみの印象相当悪くなったじゃん。日曜劇場ワースト2トップだし。
去年から今年にかけて、この二つ以外の
連ドラ・単発含めて、他の出演ドラマは全然コケてないのに、
この2つのせいで無駄に悪い印象が付いた・・・。
ちゃんと仕事選びしないから、こうなるんだよアホ共が。

ついでに、昨日東京駅下のTBSショップを見たら、
江上兄妹モチーフの熊のぬいぐるみがあったけど、
妹だけ売り切れてて、兄は大量に余ってたな(笑)。


○長澤まさみSweet Hertz○
冒頭から、ついさっき最終回がオンエアされた「ぼくの妹」の総括。
しかもいきなり「観ていてくれた方いましたか?いかがでしたか?
ねっ、頑張ったけど・・・、観てくれてる人いたのかな・・・
ちょっと不安にもなりつつ・・・やっと終わったって感じで・・・」
とか言ってたのに笑った。

当然だけど、やっぱり視聴率悪いのは知ってるんだな。
そりゃ視聴率悪くて、あんなクソ脚本じゃやる気出ねーわな。
でも0%じゃないんだから、観ている人はいるよ(笑)。

「まあ終わっちゃったから、次の役に生きていきます」って
言ってたし、あんなクソ作品のことなんかさっさと忘れちまえ(笑)。
そして東宝芸能はまた同じ出所の仕事取ってくんなよ!


あと「オダギリさんの演じるお兄ちゃんが、私(つまり颯)のことを
いつも「何やってんの、お前?うわ〜こいつ・・・」みたいな目で見てるのが、
今までやってきた兄妹像で初めてだったから新鮮だった」って言ってたけど、
確かにあのドラマの中でオダジョー(盟)は、いつも顔を引きつらせて半笑いだった
イメージしかないな(笑)。これは他の女性キャラに対してもだけど。
まあどいつもこいつも変人だらけだったしな・・・。



06月28日
○必殺仕事人2009 最終回○
うぐ・・・、俺にとってドラマでは一番の楽しみだった作品が
終わってしまった・・・。貴重な時代劇枠でもあったのに・・・。

物語は先週涼次(松岡昌宏)が役人に捕まる大ピンチのところで
終わった訳だけど、結果的にほぼハッピーエンドで終わって良かったわ。
涼次と如月(谷村美月)の拷問シーンは地上波テレビにしては、
結構キツかったけどね。あと伝七(福士誠治)は残念なことになったけど。

小五郎(東山紀之)は涼次を別に助けるつもりはないような口調だったのに、
大軍勢の中一人で殴り込んで涼次と如月を助け、涼次の仕事の
加勢までしてあげるツンデレっぷり(笑)。
一応お菊姐さん(和久井映見)には涼次のことを認めてるようなことは
言ってたけど(笑)。てか小五郎強過ぎだろ!!
一人で40〜50人位殺してただろ?
今回の仕事もやろうと思えば、一人で出来た感じ。


さて、今回で一応2009は終わった訳だけど、来年是非2010を
やって欲しい!!今のメンバーで続編を是非見たいぞ!!
せっかくキャラクターも育ってきたんだし。涼次は江戸で正体バレたから、
無理かもしれないけど、小五郎や主水(藤田まこと)や
匳(田中聖)はまだまだイケるだろ。せっかく復活したのに、
ここで終わるにはあまりにも惜しい!!あとED曲の時に、
ちゃんと源太(大倉忠義)の映像も流してくれたのが嬉しかった。


今回の「必殺仕事人2009」。確か今年の正月位からはじまったんだっけ?
半年間、本当に楽しい週末を過ごさせてもらった。
来週からのドラマはしょぼそうだし、大きなお楽しみが一つ
減ってしまったのは、メッチャへコむわ・・・。
SPでもいいから、いつかマジで復活頼む!!


○スマイル 最終回○
こっちもまあそれなりにハッピーエンドか。一応ビト(松本潤)の
最初の殺人事件の冤罪も晴れて、林(小栗旬)殺人事件の死刑も免れたし。
それでも懲役10年って長過ぎだと思うけどな・・・。正当防衛の
要素もある上に、あんなクズのチンピラ一匹殺した位で・・・。まあいいけど。

そういや昨日東京駅のTBSショップを見たら、
花(新垣結衣)が劇中で持ってた牛か豚か忘れたけど、
動物のキーホルダーが売り切れてたけど、う〜ん、松潤やガッキーファン的には、
こんなとんでもクソドラマのグッズでも一応欲しいものなのかな?やっぱり。


しっかし、ホントこのドラマは、気色の悪い偏見や思想を
絡めようとしないで、普通に松潤とガッキーの恋愛モノに
しとけば良かったのに。放送前はあんなに宣伝しまくって期待されてたのに、
蓋を開けたら・・・、トホホだったわ。まあTBS自体終わってるんだけどさ。


06月24日
○白い春 最終回○
ギャー!!春男(阿部寛)が殺された!!
あちゃ〜、一番安易で陳腐な終わり方じゃん。
一応ヤクザの伏線とか、春男の天使の羽根とか死を匂わすモノは
あったとは言え、ポッと出のキャラにいきなり刺されても、唐突過ぎて
???な印象にしかならんかった。
10年以上前のトレンディードラマかよ?
そりゃ今までも強引な展開も結構あったとは言え、
登場人物達の心の機微とか物凄く丁寧に描いてたのに、
最後に一体何やってんだ?って感じ。
今までの物語全てブチ壊された気分になった。
おかげで最終回の途中までの内容、ほとんど忘れちゃった。

細かく見れば、"さちの父親"と認めたパン屋(遠藤憲一)を
命懸けで守り、被害者の息子に謝罪する春男とか、人を殺した
"汚れた手"で頑なにさちに触らなかった春男が、死を前にして、
さちに手を握ってもらえたとか、見所はあるんだけど・・・。

しかも刺したのが獅子丸ちゃん(波岡一喜)かよ(笑)。
エンケンとは「ライオン丸G」以来の共演ね。
今回の展開はある意味「ライオン丸G」最終回の逆パターンだわ。
まあ普通だったら、寛・エンケンのヤクザ顔コンビ相手じゃ、
どうあがいても勝ち目ないけどな(笑)。


う〜ん、俺このドラマは4月期の中で一番好きな作品だったのに、
最後のしょぼい展開で、一気に評価がガタ落ちだわ。
100歩譲って春男を殺すにしても、もうちっと
何とかならんかったのか?しかも惨劇の現場が、
皆の幸せの場所であるパン屋の工房なのもアカンだろ。
春男の死後、さっちゃん(大橋のぞみ)が春男の絵ばっか描いてたけど、
あれ完全に精神やられちゃった様にしか見えないんだが・・・。
しかもあのパン屋も、世間から変な噂立てられたりすると思う。

被害者の息子に殺されたのは因果応報とは言え、一応罪を償って
真面目に生きて行こうとしてたのに、あれはねえだろ。
あんな形で春男が殺されたら、あいつに関わったパン屋の連中や
栞(吉高由里子)・金髪(遠藤雄弥)、後継ぎが出来たと思った
食堂のオッサンとか、メッチャ不憫。で、800万パクったデビットの一人勝ちかい?
普通にパン屋が春男のことを認め、春男はあの食堂を継いで
影ながらさちを見守るとかでいいのに。


当初は寛とエンケン目的で見始めたドラマだけど、やっぱこの2人を
見続けて良かったと言うか、この2人の熱演が、この地味ドラマを凄く引き締めたと思う。
2人の掛け合い、熱い表情・温かい表情とか最高に良かった。これだけで泣けるし。



○アタシんちの男子 最終回○
こっちは逆に、気持ち良くハートフルに終わって良かった。やっぱドラマなんだから、
変な凝ったことはせず、気持ち良く終わればいいんだよ。

このドラマ、はじまった当初は「しょぼいなあ〜、ダメだこりゃ」と思ったけど、
兄弟の結束が固まったあたりからそれなりに面白くなってきた。
振り返れば、結構メチャクチャな作品だけどな(笑)。

途中でちびっ子(堀北真希)が、今までの兄弟達との思い出を
振り返るシーンがあったけど、第1話からどんどん話が進むにつれて、
顔が剥くんでいくのが分かるのが少し悲しかった(笑)。
やっぱ疲労で疲れてたんだろうね。


06月21日
○ぼくの妹○
「群青」試写会→番宣ラッシュ→「親父の一番長い日」→「天地人」と
今週のまさみラッシュの(映像での)最後を飾るのが、
よりによってこの「ぼくの妹」かい?(笑)。まだ22時からラジオはあるんだけど。

もう今回は開き直って、長澤まさみ"だけ"を楽しもうと
思って観てたんだけど、最後に颯が盟(オダギリジョー)に
ヒステリー起こしたシーンは、流石にメチャクチャムカついた(笑)。
盟のド下手糞な説明にもイラついたけど。
物語さえ無視すれば、途中まではそれなりに楽しめてたのに・・・。

颯は今まで散々兄貴を振り回して、迷惑掛けまくったクセに、
何寝言ほざいてんだ?「私の幸せを壊さないで」とか「縁切る」とか
「可哀相な九鬼さん・・・」とか、かなり無理矢理なセリフが
てんこ盛りだったけど、演じてるまさみ本人も颯みたいな
支離滅裂なキャラを、一体どう思いながら演じてんだろう・・・。

今回の九鬼(千原ジュニア)が入院してリハビリして、
まさみが家族の許しを得てみたいな流れが、先日の「親父の一番長い日」に
そっくりだったけど(笑)、話の説得力が雲泥の差だったわ。
2人の恋愛がまともじゃないから、土台自体がぶっ壊れてるし。


あと「ぼくの妹」の前の「天地人」。初音のあの色っぽさと
可愛らしさがたまらんけど、それと今回、兼続(妻夫木聡)と三成(小栗旬)と
幸村(城田優)が初音を守ろうとしてた時の、色んな意味での
あの安心感は何なんだろう?(笑)。どうにも「ぼくの妹」がキモ過ぎるから、
あいつらと絡んでるシーンを見ると、ホッとする(笑)。


さて・・・、このクソドラマも、来週でようやく最終回。
あの崩壊しきった物語を、果たしてどう締めくくるのかねえ・・・。
途中で消えた設定や登場人物が多過ぎるから、
この作品、途中で相当脚本いじったんだろうな(笑)。


○長澤まさみSweet Hertz○
前回に引き続いてゲストに、さだまさしが登場。
今回は結構さだまさしばっか喋ってた気が(笑)。
でもさっきのクソドラマが不快だったから、
こっちの方が今週を締めくくるに相応しい。

まさみがさだに「どうやってセリフ覚えてる?」と聞かれて、
「寝る前に台本を音読しながら覚えてる」と言ってたけど、
やっぱそんな感じで覚えるのね。あと途中で、まさみが言葉を噛んで
「さだまさみ」と相手の名前を言い間違えたのに笑った。
確かに一文字違いではあるけど・・・。
前は「やましげしげのり」とか言ってたし(笑)。


番組の終わりにさだまさしが「テレビは出てる人の持ってるモノを
剥ぎ取っていくけど、ラジオはその人が自分と向かい合えるメディアだから、
カッコ付けずに自分の持ってるモノを出していけばいい」みたいに
言ってたけど、ホントその通りだから・・・、
前みたいにどんどんテンション上げて喋って(笑)。

まああれが本当の素かは分からないけど、
ああやって彼女が作り出した雰囲気を
30分じっくり楽しめるのが、テレビじゃ
絶対出来ないラジオの良さだから。


06月20日
長澤まさみ&国村隼主演で、さだまさしの曲を
モチーフにしたドラマ「親父の一番長い日」を観た。
P607

話自体はかなりベタだったけど、凄い良かったよ。
やっぱ「ぼくの妹」とか「ラスフレ」みたいな安っぽいだけのつまらん釣りドラマなんかより、
こう言う直球の心温まる系のドラマの方が断然良いわ。
不快なヤツもいなかったし、終わった後に心地良い気持ちになれるし。
ホント今やってる「ぼくの妹」も、こう言う系統で行けば良かったのに。
少なくとも今の脚本よりは、良い結果出たと思う。


お目当ての長澤まさみの演技も、安定してて良い感じだった。
多分この前試写で観た「群青」より安定してたと思う。
まああれは撮影したのは、随分前だけどね。
一番好きなシーンは、親父が彼氏から逃げた時に、
電話越しに泣きながら、親父に静かにキレてたシーンかな。
あとデパートでのスーツ姿と髪型が、JR西日本のポスターに似てる(笑)。
て言うか、左の前髪をワンポイント垂らしてたのが、良いアクセントになってた。
最後の花嫁衣裳は、残念ながら写真だけだったけど、
あの美しさはマジで素晴らしい・・・。


共演者達も結構良い顔ぶれだったかな。
国村隼とのやかましい親子ケンカは微笑ましかった。
今気付いたけど、この2人「ゴジラFW」で共演してるじゃん(笑)。
婚約者役の高岡蒼甫は・・・やっぱ今回の役が年相応だな。
どう見ても高校球児には見えんし。でも最後は野球対決(笑)。
兄貴役の伊藤淳史は「ロボコン」以来か?
ルックスは全然兄貴に見えないけど(笑)、オダジョーとは
違った意味で、まさみとの兄妹バランスは悪くないと思った。
また別の作品での共演が見たい!


今回は放送時間が「仕事人2009」や「スマイル」と被ったせいで、
かなり困ったけど、先週買ったブルーレイレコーダーのおかげで、
録画でも地デジのキレイな映像で見れたから良かったよ。
昼間「いいとも」をはじめ、番宣でのまさみもスッゲー可愛かった!


06月19日
○必殺仕事人2009 第21話○
ついに最終章に突入か・・・。イヤだ・・・、終わって欲しくねえ・・・!!

番組の終わり際に涼次(松岡昌宏)が捕まってて、多分来週最終回で、
仲間が助けるみたいな流れになると思うけど、何か涼次退場の
気配がしないでもないなあ。死ぬか引退かは分からんけど。

そういや涼次は、普通に匳(田中聖)とこに行って
雑談したり着物の補修頼んだりしてたけど、
あいつら何時の間に、あんなに仲良くなった?(笑)。
ちょっとキャラ被ってるけど、こいつら良いコンビだ。

そして頭に血が昇った小五郎(東山紀之)が、
仕事人達に殺しの依頼をした時、みんなバカにしてたクセに、
いざ仕事になったら、ツンデレ涼次が小五郎の所にやって来て、
お互い顔を見られないように笑ってたけど、
こいつらも何時の間にそんな仲になった?(笑)。

で、小五郎は当然としても、涼次も匳も意外と一人対大人数でも強いのな。
どうも一人だと弱いイメージがあったから。
今の主水(藤田まこと)はよく分からんけどさ。

さて・・・、とうとう来週で最終回。
この半年間の夢の時間が、もうすぐ終わる!!(泣)


○スマイル 第10話○
やっぱ来週の最終回を盛り上げる為に、ビト(松本潤)は死刑か。
何であの程度で死刑?裁判が死刑にするかどうかだけの
極端な話しかしないのが笑える。

花(新垣結衣)の正体が分かって、林(小栗旬)のバカ母の泣き落としが出ただけで、
今までの林の悪事は一切無視で、裁判が進むから、訳分からんわ。
具体的に誰が何をしたかの物的証拠とか一切出てこずに、
ひたすら検察と弁護士(中井貴一)の印象操作合戦だし。

作品のテーマ(?)と尺の関係上、今週中にビトを死刑にしたいんだろうけど、
もうちっとそれっぽく見せろや。裁判員が目の前の事象だけで、
コロコロ態度変えるのはまああんなもんだろうけど。どうせ人間が出す判決なんか、
完全にニュートラルな心で見るなんて不可能だしね。

で、花が自分で突っ込んでたけど、やっぱ今回の事件、
そして死刑判決は、花がイチイチ余計に出しゃばったのが原因だよな。
別に本人が悪い訳じゃないけど。
あとビトがとてつもなくアホなせい。これが一番悪いけど。


06月18日
長澤まさみの主演映画「群青」と、単発ドラマ
「親父の一番長い日」が近づいてることもあって、
昨日は「はねトびSP」でさだまさしと、今日は「みなさんのおかげでした」で
佐々木蔵之介と共に番宣に出演。明日は「めざまし」や「いいとも」にも
出るみたいね。正にまさみ尽くしだ。
P605 P606
・・・しかし今回の出演。
実に美しい生足を魅せつけてくれたものだ(笑)。
ヒールも履いてないのに、ホントに細くてキレイで長い足だ。
んで最近は年齢的なものもあって、色気が出て来たから、
健康的なだけでなく、大人な魅力もある。


そして番宣はどっちもケラケラ笑って、楽しそうにやってたので何より。
ほぼ100円ショップで10数万自腹切ってたけど(笑)。
前に「プロ大」の番宣で山Pと出た時は、まさみが適当なこと言ったのを
山Pが真に受けて、自腹払わされて泣きそうになってたか(笑)。

食わず嫌いの時では、タカさん「ぼくの妹」見てたのね。
しかしあのクソドラマでは・・・。
あと友達の榮倉奈々ちゃんと2人で街を歩いてても、
全く気付かれないとか言ってたけど、マジかよ?
こんなスタイル抜群の巨人女2人(笑)が歩いてたら、
すげえ目立ちそうだけど。みんなあえて声掛けないだけじゃないの?

最後の罰ゲームは、佐々木蔵之介の、
まるで似てないモノマネと土下座に爆笑した。


06月17日
今日は職場の近くで長澤まさみ主演映画、
「群青 愛が沈んだ海の色」の試写会があったので行って来た。
一応少しでも早く観たかったもんで(笑)。

あまりネタバレしない程度に感想を。

とりあえず作品としての印象は、観念的と言うか文学的と言うか、
分かりやすい説明とかメリハリのある作品じゃないから、
観る人を相当選ぶ作品なのは間違いないな。常に淡々と物語が進むから、
娯楽性を求めてやって来た客には退屈だと思う。
同じまさみ主演で沖縄作品の「涙そうそう」なんかとは全然違う。
まあエンターテインメント性重視の、ヒット狙いの作品ではないな。
この作風を良いと取るか、悪いと取るかは、各人の判断と言うことで。


次は長澤まさみファンとしての視点からの感想。
やっぱこの人は、スクリーンで観てこそ映える。
テレビでもある程度は伝わるけど、大画面で見ると、
スタイルの良さが凄まじく引き立つのよ。演技的な見所は、
やっぱ最愛の人が死んで精神がぶっ壊れてからの暗い演技か。
で、ぶっ壊れてからのまさみの虚ろな表情と、
彼女のスタイルの良さと、沖縄の美しい景色と、
淡々とした世界観が、不思議な美しさと雰囲気を
醸し出してて、良い感じだった、エロスと言うか何と言うか・・・。
ちょっとこれは口では上手く言えない。
最初の元気な頃も、健康的で可愛かったけどね。
まさみのラストカット辺りの表情は秀逸!!

他の俳優さんだと、佐々木蔵之介がカッコ良いのは
当然として、福士誠治のことを結構見直したわ。
彼の出演作は、「イノラブ」の変態兄貴と「必殺仕事人2009」の伝七しか
観たことなかったもので(笑)。彼は良い役者さんだわ。


さて、作品が公開されたら、今度はちゃんと金を払って観に行こう。
ちゃんと作品に金は落としたいからね。あと「群青」公開初日に
デートと被るのを憂慮してたけど、今回一回観たから、これで安心(笑)。


今回の試写会、佐々木や福士がいるとは言え、
長澤まさみ主演だから、客は男だらけかと思ったら、
意外とほとんど女だったな。試写会だからかもしれんが。
一応鼻水をすする音があちこちで聞こえたから、
泣いてる客もある程度はいたっぽい。


06月16日
ヒャッハーーーーー!!
ボーナスが出たぜえええっ!!!

と言うことで、予てより狙っていた
プレステ3とHDD・ブルーレイレコーダーを買った。

我が家では未だに、据え置きゲーム機とテレビ録画機は、
プレステ2とビデオデッキだけだったのだが、
いざ最新の機械を買ってみたら、
圧倒的とも言える性能の違いに愕然とした(笑)。


プレステ3は、「ストリートファイター4」と「KOF12」が
やりたくて買ったのだけど、映像のキレイさがハンパねー!
プレステ3でのネット接続も、パソコンのルーターから
RUNケーブルで繋ぐだけだから簡単だったし。
ホーム画面は、既に持ってるPSPと全く同じだから、すぐ馴染めた。
ネットワーク対戦やってみたいけど、どうせ上級者に
ボコボコにされて半泣きになるだけだろうな・・・(笑)。
「スト4」でまともに使えるのケンだけだし。


HDD・ブルーレイレコーダーは、映像が地デジの画質そのままに
キレイに撮れるし、地デジの番組表とリンクして、
予約録画とかも物凄い簡単でビックリしたわ。
昭和の遺物ビデオデッキを頑なに使い続けた俺にとっては、かなりのカルチャーショック。
イヤ、一応実家にHDD・DVDレコーダーはあるんだけど、
DVDはVRモードだのプレイメニューだの、よく分からん機能がある上に、
アナログ放送を撮る分には、ビデオもDVDも画質に大差無いし、
画質と録画時間の兼ね合いも微妙。だから有料放送を録画する時以外は、
(俺にとっては)煩雑さのないビデオデッキを使い続けてたけど、
地デジが家にあるなら、操作も簡単・高画質・経済的な、
HDD・ブルーレイレコーダーを使った方が絶対良いわ。


こんなことならもっと早く買って「仮面ライダーディケイド」を
ブルーレイで全話録画してりゃ良かった。
そうすればDVD買わなくて良かったし。
でも一応今週は長澤まさみがテレビに出まくるから、
キレイな画質で残しておくことが出来るぜ!!
今朝は朝のニュースで、いきなりまさみが第20代美ら島沖縄大使に
選ばれたのが流れたのに、録画が間に合わなくて泣きそうになった(笑)。


家電製品に最新型の機械が入ったことで、
ようやく俺も現代の人間になれた気がした(笑)。


06月14日
○仮面ライダーディケイド○
「ネガの世界」編クライマックス。
やっぱ今回の世界は夏みかんの世界ではなく、裏のネガ世界だったのね。
でも一応今回のエピソードは、随分と遅れてではあるが、
ヒロイン・夏みかん編ではあるか。

今回は士にとっても、偽りの居心地の良い世界ではあったけど、
それと夏みかん達TGクラブの連中が、自分達が甘えて楽な方に
逃げてたことを掛けてた話なのは分かってるけど・・・、
どうでもいいTGクラブの回想シーンがちょっと長過ぎたかな、
前編後編共に。話の筋は別に悪くないから、
その辺もうちっと省略して、「ディケイド」らしく戦闘シーンでも
増やしてくれれば良かったのに。お祭り作品なんだから。


結局ネガ世界の音也は、やっぱり「キバ」本編の音也とは
全く別人の単なる悪役だったのかな?
士を仲間に引き込もうとしたり、ケータッチを渡そうとした
理由もさっぱりだったけど。また出番があればいいけど、どうだろうねえ・・・。
本物のキャスト登場は嬉しいけど、一応「キバ」のもう一人の
主人公だったのに、それが単なる悪役ゲストじゃ、流石に悲し過ぎるぜ・・・。
でも一応原作ファンに考慮してか、ディケイド達に倒されなかったのは良かった。


バトルではついに、ディケイドがコンプリートフォームに変身!!
やっぱどう考えても、体中に貼ってある平成ライダー達の
カードは変だろ(笑)。動いてりゃ大して違和感はなかったけど。

ネガライダー達に対応した歴代平成ライダーの最終フォームを
召還する時に、胸の歴代平成ライダー達カードが、
呼び出したライダーのカードに全部変わってたのは笑った。
龍騎サバイブの必殺技は、ドラグバイザーツバァイで
ただ斬りつけるだけになってたけど、やっぱドラグランザーは
もう処分してて、バイクで轢き殺すのは無理だったのかな?

そういやオルタナティブは、結局どうなった?ディエンドの
ファイナルアタックライドで、雑魚と一緒に爆死したかな?(笑)。


○ぼくの妹○
今日の話は一言で言えば、九鬼(千原ジュニア)が、
ようやく病院に行く決意をしましたってだけだな(苦笑)。
今まで散々人として下劣なことやってたカスが、
今更盟(オダギリジョー)の病院には行きたくないとか、
小学生みたいな駄々捏ねてるんじゃねーっつーの!
つーか中途半端にスカしてねーで、さっさと死ねや!(笑)。

九鬼が盟に「薄汚い男がようやくくたばると思ってるだろ?」とか
言ってたけど、多分長澤まさみファンの大半がそう思ったんじゃないか?(笑)。


でも惜しいなあ・・・。今日のエピソードだって、前の九鬼の憎しみの動機や、
颯(長澤まさみ)が九鬼に惚れた理由、江上兄妹の絆等が、
もう少し納得いく形に描けてりゃ、そんなに悪い話じゃ
なかったハズなんだけどな・・・。
出来れば九鬼役をもっとまともな役者がやってりゃ尚更。
地盤がガタガタなせいで、アホ同士がアホな茶番を
やってるようにしか見えないから、全然感動出来ないし。
これが「白い春」なんかとの決定的な違いだわ。

そういや颯は何か行動を起こす時、必ず盟との
連絡が繋がらなくなるけど、イチイチうざいからヤメロや。
"ぼくの妹"と言うタイトルの割に、完全に九鬼が主役で、
颯自体は単なる自己中なだけで、大したエピソードがない気がするわ。


物語と関係ないけど、今作品のまさみと西原亜希の絡みを見てたら、
どうしても「ラスフレ」での、2人の役柄のギャップに笑ってしまう。
どう見ても、西原がまさみをいじめても勝てそうに見えない(笑)。


○長澤まさみSweet Hertz○
今回は19日(金)に放送される「親父の一番長い日」の番宣で、
ドラマの原作者さだまさしがゲストで登場!!
一応本人もドラマでちょっとだけ出るんだっけ?
この人、歌手とは言え、流石にトーク番組慣れてる(笑)。
娘さんがまさみとタメで、誕生日も2日違いとか言ってたな。


まさみは今回も、阿川佐和子がゲストで来た時同様、
最近は掃除が趣味って言ってたな。まあ凄い良い事だと思うけどさ。


さて、今度の単発ドラマ。「ぼくの妹」が失笑モノのクソドラマなんで、
この作品には是非期待したい!昨日ボーナスで
ブルーレイレコーダーを買ったから、今回からはキレイな映像で録画出来るぞ!!

あとドラマ前にも、水曜が「はねトび」、木曜が「食わず嫌い」で
長澤まさみがさだまさしや佐々木蔵之介と共に、
映画やドラマの番宣で出るから、すっげー楽しみ!!



06月13日
○必殺仕事人2009 第20話○
「ついに伝七(福士誠治)メインの回か?」と思いきや、そうでもなかった(笑)。
むしろ話としては「仕事人」の中じゃ極めて普通の回だったか。
小五郎(東山紀之)と伝七が結婚について話してる時に、
小五郎が「結婚に失敗した」的な話をしてたけど、あんな可愛い嫁がいて、
何の不満があるんだ?だったら俺にくれ!!(笑)。

殺しは久々に高額ギャラの仕事で、演出も大体オーソドックスな感じか。
匳(田中聖)はまた無駄に派手なアクションをしかけて、
相手を絞め殺してたな(笑)。イヤ、いいんだけどさ。
やっぱ生身のアクションはカッコ良いから、もっとやってくれ。


○スマイル 第9話○
ついにビト(松本潤)の裁判がはじまった訳だけど、今週から急に、
裁判員制度シミュレーションドラマに変わっちゃったな(笑)。
主役のビトなんてオロオロしてるか泣いてるだけだし。

しかしこの裁判。
いかに検察側と弁護側が、アホの裁判員共に上手く
心象操作するかだけの流れになってるな。物的証拠とか何も示さないし。

あの憎たらしい検察官(笑)の偏見丸出しの言い分なんか、
拳銃に付いた林(小栗旬)の指紋とか、林の死体に付いた花(新垣結衣)の
服の繊維とか皮膚片とかで簡単に分かりそうなものなのに。
あと林が松田悟志を殺ろうとした時に買収した女とか
連れてくればいいだけじゃん(笑)。

そして花がいきなり「違います!」と声を出した時に、普通にビビってしまった(笑)。
で、良い流れと思いきや、オ○ムがモデルと思われる花の父親の話を出されて、
みんなであたふた。あの弁護士(中井貴一)も、それ位予想しろよ(笑)。
てか、花ってビトの足引っ張ってばっかじゃん。
裁判もだし、検察官も突っ込んでたけど、林とビトの所に
一人で特攻かけたりなんかしなきゃ、こんな面倒なことにならなかった訳だし。
前の何かの時に、一人特攻に成功したから、調子に乗ったか?
こいつが証人に立たなくても、十分行けそうな雰囲気だったのに、バカだねえ・・・。

この後に、裁判員の一人のババアが血相変えてたけど、
こいつが私情を挟んで、林のバカ母親の泣き落としで、
他のヤツらも流されて死刑って流れだろうな。
で、最終回あたりで逆転無罪か減刑か。


TBSはオ○ム事件の時に色々問題起こした分際で、
オ○ムをモデルにしたり、裁判員だ在日だ外国人差別だと
妙な思想を垂れ流して、何企んでるんだ?(笑)。
「ぼくの妹」でも、普通に兄妹のコメディにすれば良いのにと
思ったけど、これも普通に松潤とガッキーのラブコメにするべきだったな。
そうすりゃ当初の予定通り、もうちっと視聴率取れたハズ。
TBSドラマは、最後の砦キムタクも先週大暴落してたし、もうダメじゃん・・・。


○白い春 第9話○
久々に感想を。
このドラマはじまった当初は、「訳分からんドラマだな・・・」と
思ってたけど、何時の間にか今期一番好きな作品になってしまった。
最初は寛とエンケンを見るだけが目的だったのにね。

やっぱ春男(阿部寛)が娘との出会いを経て、不器用ながら
少しずつまともな人間に変わっていくのがツボだ。
最近は少しずつパン屋(遠藤憲一)との友情みたいなのものが
芽生えてるのも良いわ。しかもギャグシーン(?)は、ヤクザ顔の
オッサン2人(笑)が無駄に張り合ってるのが笑えるし。

今回も春男とパン屋が神社の前で、お互いのやるべきことを
確認するシーンや、春男がさっちゃん(大橋のぞみ)の手術前に
なけなしの給料を医者に渡して、必死にお願いするシーンでちょっと泣きそうになった。
このドラマ、いかにもあざとい「さあ泣け!」ってシーンはあまりないけど、
役者の熱演のおかげか、見てると自然にだんだん温かい
気持ちになってきて、ホロっとさせる感じなのが良いね。

このまま順調にハッピーエンドになりゃいいけど、
ツダカンのヤクザ絡みのエピソードいらねー!
パン屋は従業員5人も抱えてるクセに(笑)、200万程度で
あたふたしてるし、また春男がヤクザに金で殺しを依頼されて・・・とかの
流れになりそう・・・。あとさ・・・、日本の制度じゃ手術に200万も掛からんだろ?


06月11日
「HDM創絶 仮面ライダー〜仮面ライダーディケイド参戦〜」が
出てたので、早速購入。
どれも良いデキで、造形に関してはほとんど文句無し!!


●仮面ライダー龍騎
P600
鉄仮面の塗装はもちろん、仮面下の目もちゃんとクリア素材で
作られてて抜かりなし。ドラゴンライダーキックのポーズと言い、カンペキだ。


●仮面ライダーカブト
P601
以前発売されたモノの流用だけど、ボディの塗装をちゃんとワインレッドにしただけで、
高級感がまるで違う。やっぱこのカラーリングにしてこそのカブトだよな。
あとは目もクリアブルーにしてくれてたらカンペキだったんだが・・・。
その辺はアルソリの方が良かった。でもこれでも十分過ぎる位カッコ良い。


●仮面ライダーディケイド
P602
この原型製作は、作品オンエア前からもうやってたのかな?
ポージングがイメージ的に何だか微妙なのが残念。
劇中でよくやる、敵を切り付けた後の、剣を拭う動作だったら良かったのに。
とは言え、現在発売中のディケイドの玩具では、唯一目の中を通るバーコードを
ちゃんと再現してあるのはメチャクチャポイント高い!


●仮面ライダーファイズ
P603
やっぱファイズと言えば、このガラの悪い動きだよね(笑)。
これ細かい所までよく作られてるし、造形もポーズも文句無しなのに、
最大の弱点は目の周りのシルバーの塗装を省略していること。
顔は手を抜いたらアカンって・・・。

↓つーことで、筆と塗料を買ってきて、自分で塗装した!
昔カレージキッドをやってたから、こんな塗装は屁でもない。
P604
見比べれば一目瞭然。シルバーのフチがあるだけで全然違う。
まあ無くても十分なデキではあるんだけど、どうしても気になる人は
是非チャレンジを。そんなに難しくはないんで、多分。


06月08日
この前電器屋に行ったら、久々にNTT西日本の長澤まさみの
新作パンフが1種類置いてあったから、「これはもしかして・・・」と思って、
数日後また来てみたら・・・、やっぱ色々出てるじゃん!!
P597
こっちにはロイヤルミルクカルピスのポスターが無い代わりに、コレがあるんだYO!(笑)。

髪型はいつもの真ん中分けストレートと、最近よくやってるオールバック(?)か。
前回のは微妙に顔が丸くて、髪型も変なパーマがかかってて微妙だったけど、
今回は割と良い感じかな。特に左下のヤツ、可愛いわ。


あとNTT西日本の等身大POPの他にも、SEEDの等身大POPもあった。
ひょっとしたらSEEDは、随分前からあったのかもしれんけど、俺は見たの初めて。
P598 P599
NTT西日本の等身大POPは結構当たり外れが激しいけど、
今回のは久々に良いデキだぜ!ポーズに動きを付けたのはナイス判断!
SEEDの方も、キレイな足も楽しめるし、なかなかのデキ。

あとは・・・双方共、是非新作CMを!!NTT西日本はその内間違いなく来るだろうけど、
SEEDは去年問題を起こしたせいか、CMが全く無かったからな。
今年こそは頼むぞ・・・。


06月07日
○仮面ライダーディケイド○
歴代平成ライダー9つの世界の旅を終え、再び最初の夏みかんの世界へ。

う〜ん、正直今日は猛烈につまらなかったな。
戦闘シーンが後半まで全然無いし、
TGクラブとかどうでも良い所に、無駄に尺取り過ぎ。
まあ9つの世界を巡って、世界が平和になったと
思いきや、夏みかんの世界もおかしくなってる
と言うのを描きたいのは分かるけど、テンポが悪いわ。


冷静に見れば今日位のペースは、平成ライダーでは普通だったりするんだけどね。
2話1部構成で、前半はほとんど戦闘シーンも無かったり。

でも「ディケイド」って作品は、これまで9つの世界を巡るにあたり
・たった2話で1つの作品の世界を終えないと行けないから、物語の展開がハイペース。
・各世界でのライダー達や怪人達との連続バトル。
・リ・イマジネーションされた各世界を楽しむってイベントがあったから、
毎週テンポ良くお祭りを楽しめてたけど、今回はお祭りの後に、
全く下地の無い世界を、今までの平成ライダーの放送ペースで描いてるから、
急に違和感を感じるようになったってのはあるだろうな。
にしても、TGクラブや士のレストラン以降の描写はある程度簡略化しろって。
一応第20話にして初めて、ヒロインである夏みかんの
キャラの掘り下げが行われた訳でもあるんだけどさ。


俺的には今回の見所は、紅音也登場と最後のネガライダー達とのバトル位か。
音也は相変わらずのキャラで安心した(笑)。
でも今回ダークキバ担当はキングでも大牙でもなく、何で音也?
ついでに音也役の武田航平は「ルーキーズ劇場版」で
丸坊主だったけど、今回の髪型はズラか?(笑)。


最後のバトルは、ディケイド・ディエンドvsネガライダー軍団。
メンツだけ見たら恐ろしいけど、音也本人が変身してる
ダークキバ以外は、まあオマケみたいなもんか。
大体は主役ライダー達の色違いの連中で固められてるけど、
それならオーガじゃなくてネガ電王やG4の方が・・・、まあいいけど。
あとオルタナティブは、一応ライダー扱いでいいのかな?

ダークカブトはディエンドの高速攻撃であたふたしてたけど、お前クロックアップがあるだろ(笑)。
ディエンドなんかカブトに手も足も出なかったんだから、しっかりしろよ!


○ぼくの妹○
チッ、九鬼(千原ジュニア)が退場かと思ったら、まだ来週も出やがるのか・・・。
今週で死ねば良かったのに。もうこいつと江上兄妹がグダグダやり合う
展開なんか見たくねーわ!

今回から颯(長澤まさみ)は盟(オダギリジョー)の部屋を
出て、2人で生活する展開へとなった訳だけど、
理不尽な理屈と方法で盟を陥れようとした九鬼と、
そんな最低のクズに惚れた颯を、どうしても生理的に
許せないから、物語に入り込めないわ。
「九鬼さん、良い人だから」とか「私が不幸にならないように
祈ってて」とか言われても、「ハア!?」としか思えないし。
どう考えても、あんなその場しのぎの生活で、
幸せになれるとは思えないし、必ず行き詰る時が来るハズ。

そういや結局、里子(ともさかりえ)は無駄死にだったね。
ビルから落ちるわ、九鬼をあっさり颯に寝取られるわ。まあ自業自得だけど。


とりあえず今回は、新キャラの看護士(西原亜希)が登場。
で、こいつも他の女登場人物同様、常識知らずのウザキャラ(笑)。
イヤ、今までのジメジメした鬱陶しい展開を考えれば、
こう言う明るいキャラは悪くないと思うけどさ。
そしてお嬢様(笹本玲奈 )は、盟に無理矢理100万だけ渡して、
強引に会う機会を作ろうとする、相変わらずのツンデレっぷり。
看護士と言い、お嬢様と言い、盟に言い寄ってくる女は、変なヤツばっか(笑)。

看護士が颯に頭を下げて敬語で喋ってるシーンを
見てたら、西原とまさみは「ラスフレ」では、意地悪先輩と
苛められる後輩の役柄だったのを思い出して笑ってしまった。


今回ストーリーから切り離して、長澤まさみ"だけ"を見てたら
色んな髪型や服装・表情が見れて、結構楽しめたかな。
目の下のクマもあんまり無かったし、ある程度兄妹の
掛け合いも見れたし・・・、胸の膨らみも凄かったし(笑)。
これでストーリーが良ければなあ・・・、勿体ない。


しかし今回の西原投入は、規定路線なのか低視聴率による
路線変更なのかは非常に気になる。
退場するキャラも多いし、何か裏ですっげえあたふたしてる感じ(笑)。


06月05日
○必殺仕事人2009 第19話○
久々に如月(谷村美月)が登場、そしてメイン。
今更突っ込むまでもないけど、涼次(松岡昌宏)のことを普通に
「お兄ちゃん」って呼んでるし、完全に妹キャラとして懐いてるじゃん。
涼次もいつの間にやら保護者になってるし(笑)。
でも流石に仕事人のことを如月が「正義の味方」と
勘違いしてたのには、頭に来たみたいだけど。
確かに仕事人は、所詮は金で雇われて
人を殺している、人間のクズだからな。
結果的にそれが正義の味方的行為になってはいても。

で、被害者の恨みを晴らそうとしている如月に、涼次が自分の手を
汚させない為に、仕事人のことを教えてたけど・・・殺人の依頼を
如月にさせた地点でどうかと思うぞ(笑)。
間接的でも人殺しに変わりねえ・・・。


今回の殺しはまあ大体オーソドックスなパターンだったけど、
匳(田中聖)は相手の首に糸を仕掛けるまでの動きが素早くてカッコ良かったわ。
こいつ地味な武器の割に、何気に毎週動きのバリエーションが多くて面白い。

最後の小五郎(東山紀之)は・・・、相変わらず相手を睨む形相が怖過ぎ(笑)。
そういや最後の標的が女だったのは、今回が初めてね。


○スマイル 第8話○
やっぱこのドラマ作ってるヤツらは、「ぼくの妹」以上に
頭がイカれてるとしか思えんなあ(笑)。
見てて、ここまで心の底から胸糞悪いドラマも凄い。

ムカ付くから一回視聴を止めたのに、
先週間違って見ちゃったのは失敗したか?(笑)。


警察連中は偏見と個人的固執に憑り付かれたカスばっかだし、
ビト(松本潤)と花(新垣結衣)もアホだし(笑)。指名手配されてると
分かってるのに、わざわざ人の多い旅館の便所借りに行くし・・・。
公衆トイレかコンビニ行け。
最後の意味不明な警察の突入は完全にコントだ。

で、来週からは、ビトが気に入らない検事の嫌がらせと、
偏見丸出しの裁判員達にイライラさせられるって展開で決まりだな(笑)。


この作品。裏で作り手達がどんな意図で作ってるのが是非知りたい。
外国人差別と日本人の悪意が異常な程に
クローズアップされてるのが、何か気になる(笑)。

あと小栗旬の出番が終わったのなら、「ぼくの妹」の方にまわしてくれ(笑)。
あっちも色んな意味で終わってる。今やTBSはキムタクドラマだけに
金を注ぎ込んでる状態で、他のドラマはゴミクズばっかだからな。


06月04日
この前(俺に好意があるらしい)女の子に、「今度エヴァの映画一緒に行こう」と言われて、
普通にOKしてしまった訳だけど、後で調べたら、「エヴァ」の公開日は、
我らが長澤まさみ様の「群青」の公開日と同じじゃねーか!


さて、どうしたものか・・・。もちろん約束したからには行くけど、
正直俺は「エヴァ」は大して観たい訳じゃないし、
(エヴァのテレビ最終回と劇場版でドン引きしたし)
むしろまさみの「群青」を一日でも早く観たい!!
・・・あまり興行的には期待出来ない作品だけど。

しかももし公開日に、初日舞台挨拶などやろうものなら・・・ねえ?(笑)。
また俺の悪い血が騒ぎ出すかもしれん(笑)。
でも彼女も「エヴァ」大好きだから、一日でも早く観たいだろうな。

さて・・・男(漢)として、どっちを優先して行くべきか・・・。
どっちを選んでも、ある意味正解で、ある意味不正解な気もするが(笑)。
向こうも俺がまさみファンなのは十分知ってるけど、だからって一緒に「群青」は観てくれまい。
まあフツーに考えりゃ「エヴァ」だろうな。・・・"普通"に考えれば(笑)。


そういや「エヴァ」は長澤まさみ×水川あさみの仲良しコンビも大好きだし、
確実にこいつらも観に行くだろうから(笑)、俺もまさみファンとして
一応チェックはしておくべきか(笑)。しかもまさみは「群青」撮影中、
日焼け防止の外出禁止令で暇なものだから、部屋で
「エヴァ」のDVDを観てたんだっけ?(笑)。
自分で買ったヤツか、水川から借りたヤツか知らんけど。


↓あとこの前、その女の子から旅行のお土産で、
愛媛のご当地キティのストラップを貰ったのだが・・・、
携帯のデザインとのミスマッチ感がハンパねーな。
しかも鈴が付いてるから、やたらと自己主張してくるし(笑)。
P594
「ストラップ外しちゃダメだよ(笑)」と言われたので、一応付けてるけど、
流石にこれだけだとキツいから、この前「劇場版ルーキーズ」に行った時に
買った携帯ストラップも付けてみた。こっちは携帯との相性はバッチリだ(笑)。


06月03日
今日は長澤まさみさんの 22歳のお誕生日、おめでとー!!

ホントついこの前ハタチになったと思ったら、
もう22歳か・・・、時が経つのは早いものだ。

昨日はフジの新作ドラマ「親父の一番長い日」の完成披露試写会で、
1日早い「お誕生日おめでとう!」をやったみたいね。
P596
今日は多分「ぼくの妹」の撮影現場で、誕生日を祝ってもらうのかな?
去年は「ラスフレ」、一昨年は「プロ大」・・・、要は
高視聴率ドラマの撮影現場で、気分良く誕生日を
迎えたと思うけど・・・、今回はどうだろうな(苦笑)。
せっかくの誕生日なんだから、明るく楽しい時間を過ごして欲しいけど。

「プロ大」のハタチの誕生日の時は、ラジオで「私は誕生日のサプライズお祝いには驚かない」
みたいなことを言ってたクセに、いざやられたら呆然とした挙句に、
ヘタれ込んで泣き出す見事なツンデレっぷりを見せてくれた時は可愛かった(笑)。


ついでだからまさみ関連ネタでも。
↓この前電器屋に行ってみたら、久々にNTT西日本の
新パンフが出てるじゃないか!HPの画像も新しくなってたっけ。
P592
これは各種広告媒体が新しくなる可能性大!?


↓あとまさみが宣伝してるロイヤルミルクカルピス。
俺の住んでる地域ではまだ売ってないけど、東京に出張に行った友達が
買ってきてくれたので、ありがたく飲んでみた。
P595
アレだ・・・、以前俺がカルピスの原液を、牛乳8:水2で薄めたら美味いって
書いたことがあるけど、それと同じ味だ(笑)。


06月01日
公開初日の午前中に、劇場版「ROOKIES 卒業」を観に行ってきた。
イケメンがたくさん出る作品なので、「劇場が女の子ばっかだったらキツいなあ」とか
思ってたけど、実際は男の子もたくさんいたわ。

内容は野球部が甲子園出場→卒業するまでの話で、ノリもほぼテレビ版と
同じモノだったけど、やっぱり観ながら泣いてしまった(笑)。
俺こう言う全力で暑苦しい作品、何だかんだで好きだ。
で、泣いてるのに、野球部の連中の顔をよく見たら、
平塚だけ変な顔してたりするから笑ってしまう。

テレビ版では御子柴が、今回は安仁屋が逆転満塁HRで
勝負を決めたけど、「こんなのありえねー!」とか思いつつも
そこまでの盛り上げ方が上手いから、普通に感動してしまう。

ラストの野球部のメンバー全員が、一人ずつ川藤にコメントして
「ありがとうございました!」って言う流れはかなり卑怯。
あんなのぜってー泣くわ(笑)。劇場でも鼻をすする音がたくさん聞こえたもん。

今回で野球部のメンバーが卒業したし、続編はないだろうけど、
カンペキにキレイに終わったから文句無しだな。


そういや今回御子柴のライバル役の川上が、
「仮面ライダーキバ」の音也だったのは笑った。何時の間に坊主にしたんだ?
まあ他にも仮面ライダー2人・ウルトラマン1人いるから別にいいけどさ(笑)。

↓ついでにこれもご紹介。
P593
上は映画のパンフで、下は劇場でルーキーズ限定商品の
飲み物とポップコーンをセットで買ったら貰えるポストカード。
ただ・・・ポストカードは近日職場のお姐様にブン取られる予定(笑)。
あと携帯ストラップも買ったけど、これはその内。






HOME