×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2013年04月


04月28日
○仮面ライダーウィザード 第33話○
先週倒したと思われた(一応倒したんだが)ファントムは、実はその幽霊が分裂して
ゲート達に憑依してて、死んでからが本領発揮だったのね。

んで憑依した相手の運勢をコントロール出来るようだけど、あれ上手く利用出来れば、
悪くないファントムなような?(笑)。実際仁藤の親友は破産させられる前にファントムを倒してもらえたから、
金自体は儲けたままだったしなあ。・・・一応金は手放したっぽけど。

とは言え、あの親友の金に目が眩んでた時のクズっぷりは何だかなあって感じ。
友情って表面上なら金でも買えるけど、信頼とかは絶対に金では手に入らないし、
一度でもあんな感じで本性見せてしまったら、今まで通りにいくかな?
まあ仁藤はお人好しだから、大丈夫なんだろうけど。


バトルはウィザード(×4)とビーストの5手に分かれての幽霊駆除となった訳だけど、
ウィザードのドラゴタイマーの分身って、あんな長時間パワーダウンするでもなく4人に分裂出来るなら、
ほとんど一人ライダー戦隊状態だよなあ。インフィニティーよか便利じゃん。


○獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ11○
先週あっさりとはキョウリュウジャーに合流せずに、一人去っていった空蝉丸ことウッチーだけど、
堅物な戦国武士かと思ってたら、無理してキャラ作ってるだけのお人好しの気さくなお兄さんじゃねえか!(笑)。
あの一人反省会はメチャクチャ笑ったし、まさかそう来るとは思わなかった。

んでウッチーの本性を目撃してしまったアミィが、その世話をすることになった訳だが、ラミレスの時と言い、
追加メンバーの面倒を見るのは、いつもアミィなのな(笑)。あとアミィ役の子が今回一輪車に乗って
アクションをしてたけど、あれ吹き替え無しでやってたのか。何気に凄いわアレ。


そして今回の作戦担当は、ようやくキャンデリラの単独作戦だったけど、キャンデリラの声優をやってる
戸松遥本人が、キャンデリラ人間体の役でライブ会場であの変な歌を歌ってたのはビックリ。
しかもキョウリュウジャーがライブ会場に到着して速攻バレてるし(笑)。
戸松遥って初めて見たけど、流石にアイドル声優ユニットやってるだけあって、ああいうライブ映像は見事にやってたなあ。
「ドキプリ」の六花の寿も入れれば、同じユニットの4人中2人がニチアサでレギュラーなのか。
あのキャンデリラの歌は、その内ボーカル集にでも収録して欲しいなあ。
んでキャンデリラが歌ってる後ろで、ラッキューロが小さく踊ってるのが(笑)。

そのキャンデリラ配下のデーボモンスターの能力でアホな男4人(笑)が骨抜きにされて、
キャンデリラに夢中になってたけど、30代独身のノッサンを真っ先に襲うのは止めろ(笑)。
そういやあの時キャンデリラが「敵同士じゃなかったら恋してたかも」みたいなこと言ってたけど、
確かにこの2人敵同士じゃなかったら気が合いそうな感じがしないでもない(笑)。

今回はアミィやキャンデリラ人間体も可愛かったけど、誰より可愛かったのは
実はかなりの萌えキャラだったウッチーだったのは言うまでもない(笑)。


○ドキドキ!プリキュア 第13話○
ようやくありすのメイン回。

王女さまの手がかりになるかもしれない薔薇を手に入れる為に、ローズレディコンテストに4人で出場してたけど、
ホントありすのスペックは凄いなあ(笑)。マナも相当凄いけど、あらゆる習い事を
やってるありすはほとんどカンペキに何でも出来そう。しかも冒頭の感じからして、会社経営にも参加してるっぽい?

そしてありすの幼馴染の麗奈ってヤツが勝負に勝つ為に、わざとありすを逆上させようと、マナ達3人にファントムレベルの
しょうもない嫌がらせをネチネチやってたけど、もはや今のありすにそんな作戦は全く通用しないみたいね。
まあマナや六花はありすがキレないが心配してたようだけど、あの事件以降、誰もあの件に触れたことがなかったのかな?

ありすが麗奈達の嫌がらせにキレなかったのは、我慢強くなったからとか精神的に大人になったからって理由ではなく、
仲間達と強い信頼を築けたからこそ、外野の野次なんかに動揺することがなくなったって言うのは良い理由付けだったと思う。
以前は友達がいなかったからこその不安の裏返しだったんだろうし、だからこそこそ六花の嫉妬回でも、
誰より早く六花の気持ちを察してフォローに回れたんだろうし。今回で多分ありすの逆上関連は解決かな???


バトルでは今回はマーモがビーストモードになってたけど、男2人に比べたら比較的まともな
ビオランテ花獣みたいな見た目だったせいか、特に誰も突っ込みを入れず(笑)。

そんで今回はほぼキュアロゼッタの独壇場(笑)。戦闘に関してはソードが一番強いかな?とか思ってたけど、
やっぱり本気出せば格闘技習得してるロゼッタが一番強そう。しかも攻守共にいけるしなあ。

ロゼッタがでやってたのって、プリキュアの特殊能力じゃなくて、多分中国拳法か何かの発勁(?)かな?
P1853

マーモはロゼッタがディフェンス担当だと思い込んでたのか、予想外のロゼッタの猛攻にメッチャ慌ててたじゃん(笑)。


あと物語的には、敵サイドに新幹部のレジーナが登場したと思いきや、幹部どころかキングジコチューの娘かよ!
単純に見た目から言えば、いかにも後にプリキュアの追加メンバーになりそうな感じ(笑)。
ジョーカーとかエースとかそんな名前で。パッション・ビートに続く敵サイドからの加入になるかな?

まあ高飛車な感じではあったけど、普通にアイちゃんに撃沈されてたし(笑)、
アイちゃんも懐いてたから、根っからの悪人でもないのかもね。




04月22日
先週からついにチャンネルNECOで、"赤い通り魔"こと「レッドマン」の放送がはじまったけど、
やっぱりホントにただの通り魔にしか見えないのが凄い(笑)。
BGMも妙におどろおどろしいし、レッドマンの妙にリアルな殺しの手口も相まって、異様な緊張感がある(笑)。

まあ5分も無い低予算番組で、ストーリーもクソも無いから仕方ないとは言え、
野原を散歩してる怪獣に因縁付けて無理矢理襲い掛かってるようにしか見えないのは何とかならんかったのか(笑)。

どうにもあのニコ動で観た残虐ベスト10のイメージで、こっちもある程度大袈裟なイメージで見てるとは言え、
やっぱりヒーローにはとても見えん(笑)。

今回の放送は30分で4本(だっけ?)の構成になってるけど、
まああのメリハリの無い内容じゃ、とてもじゃないけど30分が限度だろうなあ。

限定でも良いから、レッドマンのウルトラACT出して欲しいなあ(笑)。




んで赤男の後は「電光超人グリッドマン」もはじまったけど、これもまともに観たのは今回が初めて。
「レッドマン」の後に続けて流れるせいもあって、スゲーカッコ良く見える(笑)。
実際円谷では珍しいタイプのヒーローだし、良いデザインだと思うけど。
ウルトラマンのデザインもほぼマンネリに陥ってるし、この位ある程度開き直っても良い気がするけどなあ・・・。

しかもこの作品、インターネット創成期に、サイバーテロを怪獣と言う形で可視化したような内容だから、
先見性も何気にあるのね(笑)。「ネクサス」のメタフィールドよりは、予算削減設定としてはよく出来てると思う。




ついでに最近J COMのサービスで、「スイートプリキュア♪」の初期の6話位を超久々に観直したけど、
やっぱり結末まで知ってて響・奏にも愛着をたっぷり持ってる上で観ると、かなり印象違うなあ。
1・2話あたりも、二人が仲直りしたくてしたくてたまらないのがビシビシ伝わってくるから、
観てるこっちも胸が苦しくなるあたりはたまらんかった。割とスイートのメンバー達は、繊細な子が揃ってるからなあ。

リアルタイムで観てた時は、毎週ケンカばっかしてるのがどうにもイヤで、本気で視聴打ち切ろうか考えてたけど、
一応我慢して見続けて、ケンカ展開が完全に終わって、エレンが仲間に加わって、
気付けば一番好きな作品になってるんだから不思議なもんだ(笑)。

ただ愛着持ってる今観ても、やっぱり初期の話は1・2話はともかくとして、それ以降の数話は、
ちょっと無理矢理ケンカさせる展開も多いから、もう少し観易く出来なかったのかな〜って気はしたかな。
ああいつもカリカリしてると、ひびかなが近寄り難いし。俺も二人に愛着持ったのは中盤からだったもん。

それと番組後半は、ほぼ奏単独のメイン話が皆無なだけに、初期でメイン話がたくさんあるのを見ると、
後半も日常回で入れて欲しかったなあ〜と、つくづく思ってしまった(笑)。




あと先週の「フレッシュプリキュア!」の再放送は、ちょうど美希とせつなが二人きりで
買い物に行く話だったけど、この話リアルタイム時からスゲー好きな1本。

美希たんが必死になって話掛けてるのに、せっちゃんが悪気なくそっけなくして会話が全然続かないのが笑える。
美希たんのメイン回は、本人必死なのに空回りしまくる系多いもんなあ。一緒に住んでるラブや、ダンス合宿で2人きりで
話したブッキーはともかく、美希たんとせっちゃんは、2人きりでじっくり会話したことなかったんだよなあ。
それにせっちゃんも大人しいし、あんま社交的なタイプでもないし(笑)。
これ同じ異世界の世間知らずでも、多分エレンや(今の)まこぴーなら、もうちょい頑張って喋ろうとするんだろうけど(笑)。
まあまこぴーも、テンパってあたふたするのが目に見えてるが(笑)。

現実でもグループだと会話出来ても、その中の誰かと2人きりにされると間が持たない関係のヤツっているもんなあ(笑)。

んでこの話って、終始心理描写が美希たん視点になってて、視聴者もせっちゃんが何考えるのか分からんのが面白い。


そして色々あって、戦闘中に美希たんから「せつなは不器用だけど、正直で真面目で優しい子。
そんなせつながプリキュアをやるって言うなら、私は信じる。あなたには私達がいるから、決して一人にはならない」みたいなこと
言われた時の、せっちゃんのメチャクチャ嬉しそうな顔が最高。




04月21日
○仮面ライダーウィザード 第32話○
グレムリンが考えた効率の良いのか悪いのかよく分からん日給100万のバイト募集で、ゲートを探し出す作戦(笑)。

しかも100万キッチリ払ってたしなあ・・・(笑)。あれゲートじゃなかったら、
メチャクチャ美味しいよなあ。部屋でじっとしてるだけでいいし。

まあ相変わらずウザいことこの上無いグレムリンだけど、部下にさせられたミサの手の上に、
ガムを握らせたのは流石にやり過ぎだな。ありゃミサちゃんストレスMAXだろうなあ。

今回出て来た仁藤の親友だけど、アパートも引き払って有り金全部ギター代にした上で、
ホームレス生活してたけど、あんないい加減な防犯じゃ、絶望させるの簡単そうだわ(笑)。


バトルはもう早速ビーストハイパーが噛ませ犬と化しとる(笑)。反面ウィザード・インフィニティは
敵の攻撃を全く寄せ付けない強さ。まあ今回は一応仁藤回みたいだから、来週は多分ビーストがトドメ刺すんだろうけど、
やっぱライダー2人続けてパワーアップさせたのは早過ぎたんじゃね?って感じ。

あと今回何気に晴人が仁藤のことを「攻介」って下の名前で呼んでたね。いつの間にそんなに仲良くなった?(笑)。
しかも晴人が仁藤に「黙って喋れ!」とか無茶振りしてたし(笑)。


○獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ10○
千葉繁のナレーションで、先週からの続き。朝っぱら凄まじいテンション&
緊張感の無い喋りのせいか、事態の緊迫感が今イチ伝わらねえ!!!(笑)。

そしてついに、追加メンバーのキョウリュウゴールドが完全復活!!
まだ10話だと言うのに、登場が早いなあ。来週からの映画に合わせたのかな?

空蝉丸の変身ポーズは、戦国時代の人間なだけあって、他の5人みたいにサンバではなく、
能みたいな動きになってたな(笑)。アレ6人並んで変身する時、異様に浮きそう(笑)。

あと先週敵の捕虜になってたソウジとアミィだけど、アミィの普段の生活態度の悪さが幸いして、無事脱出成功(笑)。
キングは2人を完全に信用してるんだろうけど、2人を助けることより、ドゴルド対策に集中してる上、
「そろそろ自力で脱出してくるだろう」ってノリなのが凄い。んで2人も2度目には敵の技を完全に見切ってたし、
キングの言う通り「5人揃えば無敵だが、一人ひとりも超強え」な。


後半は、敵幹部もほぼ全員出て来ての総力戦。キョウリュウジャーが強過ぎるのか知らんけど、
敵幹部も普通にキョウリュウジャーのメンバーの1人にもやられそうになる有様。
そもそもラッキューロとか、ピコピコハンマーでどうやって戦うんだよ(笑)。
アイガロンがブラックに吹き飛ばされた時に、キャンデリラが悪ふざけで武器でド突き回してたのは笑った。
何かもう最近は、喜・楽コンビが出て来ただけで、和んでしまって笑いがこみ上げる。


ラストは、流石に今週だけでゴールドが仲間になることはなかった。
まあ一応武士だし、そんな簡単にはいかんわな。キングの祖先は、ひょっとして信長とかそんなオチかな?


○ドキドキ!プリキュア 第12話○
先週に引き続き、普段のマナの生徒会長としての多忙な日々を紹介&マナの弟子志願の下級生の男の子が登場。

まああの貧弱そうな男の子じゃ、ハードなマナの日常にとても付いていけてなかったけど、最後は別にマナの真似をしなくても、
それぞれが自分に出来るやり方で、みんなに喜んでもらおうってことで無事着地。

しかしマナの超人っぷりは凄まじいな。知力・体力・行動力・判断力・人望と、ほとんど万能だわ。歴代主人公どころか、
歴代全員入れてもここまで凄いヤツいたっけ?まあ微妙に天然だったり、行動力が
先走って失敗することもあるけど、凄過ぎるわ。あのスポーツバッグの中とか何が入ってるんだ?(笑)。伊波さんかよ。

まあ第1話から、六花に「幸せの王子」と比喩されたり、幼少期に悪ガキから「出しゃばり」呼ばわりされてたりと、
マナの超人っぷりは、短所と紙一重なのも示唆されてるから、今後何かあるかもしれんけどね。

でもあの純君は、マナに師事してた間、可愛い先輩4人に囲まれて、羨ましいことこの上無し(笑)。マナの膝枕まで・・・(笑)。
ジョー岡田が純君にラビーズをプレゼントした時、まこぴーが岡田を不審者を見るような目でじ〜っと見てたのは笑えた。

ありすは先々週の六花嫉妬回同様、純君の気持ちを瞬時に察して、一緒に横で歩いてあげたりと、周囲に対する気配りは抜群だ。


バトルは「ドキプリ」としては珍しく(?)、激しい肉弾戦を展開&今度はイーラがビーストモードで襲ってきたけど、
単なるゾウの気ぐるみにしか見えない上に、六花とまこぴーとランスが「カワイイ」とか言うから爆笑した。
ベールは先週ボコボコにされたせいで、また全身ボロボロになってたのが気の毒だった(笑)。
この作品って、先週の岡田と言い、相手の攻撃を受けると、ちゃんと体に物理的ダメージを受けて怪我するのな(笑)。




04月14日
○仮面ライダーウィザード 第31話○
ウィザードの最強フォーム、インフィニティスタイル登場!!

何かよく分からんかったけど、魔法を失った晴人が涙を流した時に、それが指輪に変わってのパワーアップ。
初めて「変身!」って言う時に、叫びながら言ったね。

インフィニティは全身ギンギラギンだったけど、あのデザインであんだけスムーズに殺陣出来るって言うのは、
ホントに造形技術の進歩のおかげなんだろうなあ。シャンゼリオンなんてほとんど動けなかったのに。

必殺技はあの斧を振り回した時に、次第に斧が巨大化していくのがカッコ良かったなあ。
しかし魔法使いの最強武器が斧って言うのはどうなんだろうね(笑)。


今回コヨミは危うく死に掛かってたけど、正直このキャラクターって設定的にはともかく、
実際はほとんど何の役割も無いし、一番いてもいなくてもどうでもいいキャラクターだよねえ・・・。
今回こよみが死んだと思って晴人が流した涙も、これまでのこよみの悲劇性とか晴人との関係が、
もっと丁寧に描かれていれば、相当印象も違ったし、説得力が出たと思った。
この辺他の第2期平成ライダーの最強フォーム登場編に比べて、イマイチ盛り上がりと説得力に欠けた点かなあ。

ビーストハイパーはやっぱり噛ませにされてたけど(笑)、足止め食らった程度で、
ガチで力負けした訳じゃなかったし、ギリギリ譲歩出来る範囲で抑えてきた感じかな。


○獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ09○
敵幹部のドゴルドの正体が、実はキョウリュウゴールドだった。
・・・て言うか、正確にはゴドルドに寄生されてたって言う方が正しいか。
戦国時代の人間みたいだけど、設定的には「ガオ」の狼鬼(シルバー)に近いな。
ゴールドが仲間になったら、いきなり幹部一人減るかと思ってたけど、
この設定なら二人を分離出来るから安心だ(笑)。

今回途中でソウジとアミィが人質になって、モンスターがキングに銃を捨てるように脅しを掛けようとした途端、
平然と発砲して脅しに屈指なかったのには笑った。しかも敵にまで怒られてるし(笑)。
「弱いヤツを人質に取ったのなら銃を捨てるけど、強いヤツを人質に取ってどうする?」って理屈は
「その発想は無かったわ」と思ってしまったけど、言われてみればその通りかもな(笑)。
「ドキプリ」のマナと言い、例えハッタリだとしても、ここぞって時に機転の効く言動をとってくれるから、
リーダーとしての安心感がハンパない(笑)。

あと今回本来はキャンデリラが喜びのエネルギーを集める番だったみたいだけど、
リゾート温泉地を作って人間を喜ばせるって、悪事でも何でもねえな(笑)。前回も普通に美味しいケーキ屋さん作ってただけだったし、
人間を喜ばせることが結果的に人間に危害を加えることになるとは言え、何か変な感じ(笑)。
しかもアイガロンとラッキューロまで喜んでるし、カオスは3人がはしゃいでるのにガン無視だし(笑)。


○ドキドキ!プリキュア 第11話○
相変わらずマナは「幸せの王子」として学生生活が大忙し&以前マナに完敗したベールのリベンジ話。

マナは生徒会長だけでなく、あっちこっちの部の助っ人までやってるみたいだけど、もう身が持たないから、
そういうのはプリキュアの2つ先輩の響にでもやってもらえよ・・・(笑)。
まあ時々天然でアホな行動も取るとは言え、ここまで頼りがいのあるプリキュアの主人公も珍しい。
何かもうすでにまこぴーより人気者だな。

そしてベールは標的をマナに絞った上で、アイちゃんを人質に取ってのリベンジを果たそうとしてたけど、
前回圧倒的に優位な状況にも関わらず、プリキュア4人にリンチにされたとは言え(笑)、
このやり方はなかなかにセコい。しかもコンテナを落下させたり、大型トラックで轢こうとしたり、ガチで殺しに来るなよ・・・。
まあシャンデリアを落とされて、ガチで殺されそうになったからなあ(笑)。

んでいよいよハートのピンチに他の3人も駆けつけたら、ベールもジコチューと合体してパワーアップしてきたけど、
ガラケーの待受画面に顔面ドアップのダサ過ぎる見た目に笑った。しかもアンテナを外せる機種って、いつのだよ(笑)。
あとソードを挟み込んでのバイブ攻撃は色んな意味で止めろ(笑)。

ここからは良い感じにベールが押してたのに、プリキュアの新兵器登場で、結局はまたリンチにされて完全敗北するハメに(笑)。
この人見た目は渋くて強そうなのに、ボコボコにされてばっかだなあ。新アイテムは同じ武器を4人それぞれが別の形状に
変形させる仕組みなのね。ハートは弓矢だったけど、完全に仮面ライダーカリスと被ってる(笑)。
弓矢を撃つ前のロックオンのウインクは、なかなかカッコ良いな。




04月07日
○仮面ライダーウィザード 第30話○
グレムリンが内藤さん(レギオン)ってヤツを開放したせいで、こいつがゲート関係無しに無差別に大暴れ。
内藤さん役の村田さんは、「響鬼」「キバ」に続いて、平成ライダーでの悪役3回目だな。
やっぱこの人の演じる人外役の迫力は異様だわ。つーかあんなヤク中みたいなのが
「エキサイティング」とか言いながら近寄ってきたら、警察に通報するしかないわ(笑)。

あと今回と以前のフェニックス編を観てて思ったけど、やっぱりゲートに拘らない無差別攻撃の方が、緊張感あって良いわ(笑)。
ゲート相手だと、何だかんだでファントムは絶対ゲートを殺せないし、しょうもない嫌がらせをネチネチするだけになるから、
何が起こるか分からない無差別攻撃の方が遥かに怖い。

バトルは、先週パワーアップしたビーストハイパーがいきなり噛ませにされるかと思ったら、向こうが逃げてくれて流石にそれはなかったか(笑)。
でも2回連続で最強フォーム登場編とは。ただ今回も後半のバトルで、不自然にオールドラゴンとハイパーを使わないから、
ライダー2人が本気で戦ってるように見えないのが何とも。

晴人のアンダーワールドでの、ドラゴンとキマイラの共闘はなかなかの迫力だった。しかもビーストを庇ってくれたドラゴン良いヤツじゃん(笑)。


○獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ08○
初のノッさん単独メイン編。
ノッさんが家族サービス中に、他の4人だけで駄弁ってるシーンがあったけど、
あいつらノッさんがいないと、微妙に会話が弾まないのな(笑)。
言われてみれば、毎週最低2・3個は、ノッさんのオヤジギャグ聞いてるもんね(笑)。

今回の敵は、死者の幻を見せて悲しませるって言う、なかなかエグいことをやってたけど、
ノッさんの妹は旦那の幻でボロボロになってるのに、娘の方は子どもなりに父親の死の現実を受け入れてて、
毅然としてたのはちょい驚いた。んでその後は、ノッさんのオヤジギャグ無双(笑)で、妹の方も正気に戻った訳だけど。

んでせっかくブルーが妹を助けたのに、「ヒーローとか言ってるけど、あれ絶対40代」とか言われててメチャクチャ笑った。
まあ確かに40代が言いそうなギャグばっかり言ってるもんな(笑)。しかも妹以外みんなブルーの正体を知ってるもんだから、
みんな周りでクスクス笑ってるし。そもそも妹も昔某戦隊でイエローだった頃は、いつもオヤジギャグみたいなこと言ってたじゃねーか(笑)。

あとノッさんは昔リーマンやってたのね。何かスーツ姿とヒゲ無しの違和感がハンパなかったわ(笑)。


バトルでは、ノッさん達が閉じ込められてる時に、他の4人でバリアを破壊しようと頭脳組と脳筋組に分かれてて、
アミィは脳筋チームに入れられてるのが微妙に不満そうだったけど、お前は明らかに脳筋だろ(笑)。


○ドキドキ!プリキュア 第10話○
まこぴーがマナや六花の通う中学校に転校してきた。現役のトップアイドルってことで、
当然他の生徒達やマスゴミの視線に晒される訳だけど、その他にも親衛隊までいたのね(笑)。

まこぴーは相変わらずと言うか、テスト用紙にサイン書いたり、筆に直接墨汁ぶっかけたり、歌とプリキュア以外はダメダメだな(笑)。
昨日「フレッシュ」の再放送で、ちょうどせつなの転校回やってたけど、あっちは全部そつなくこなしてたのに、
まこぴーはエレンと同レベルに抜けてる(笑)。


んで今回の話の肝は、マナがまこぴーと仲良くしてることに対する、奥さんである(笑)六花のヤキモチだったんだけど、
ヤキモチを妬く(しかも本人は自覚してない)六花がカワイ過ぎて、生きてるのが辛いレベルだった(笑)。
マナにとっては、六花のことも今まで通りの親友であることに変わりはないのに、
六花目線だと、マナをまこぴーに取られた気分だったんだろうな。
多分こういう感情って、変な意味じゃなくて、誰もが一度は経験したことあると思う。
んでありすの六花へのフォローがこれまた見事。
まこぴーだって、数話前から、他の3人が仲良くしてるのにヤキモチを妬いてた訳だし、
学校が違うありすも実は同じような感情を持ってたんだけど、メンバー内の結束が更に深まる話だったってことで。
ただ天然ジゴロのマナは、他の3人が何を考えてたのか全然分かってなさそう(笑)。

また前作批判が入って申し訳ないけど、やっぱりこう言うメンバー内の友情や結束が、少しずつ育まれていく過程がキチンと描かれている作品は良いわ。
いつの間にか仲が良いことになってたり、人間関係がろくすっぽ描かれないと、どのキャラにも感情移入出来ないし、各キャラの言動のロジックが分からなくなる。
ただドキプリも、そろそろありすのメインエピが欲しいかな。今のところ他の3人に比べたら、ちょっと描写不足が否めないし。しかも今週から一人だけ学校が違うからなあ。

そういやベールが顔面に絆創膏を貼って久々に登場してたけど、この前調子に乗ってるところをプリキュア4人にリンチにされた傷がまだ癒えてなかったのか(笑)。


○聖闘士星矢Ω 第52話○
いよいよ第2期がスタート。
ここを機に、青銅聖衣も新生聖衣になって従来のプロテクター型に戻り&オブジェ復活、黄金聖衣も質感が鎧っぽくなってたけど、
ようやくボディースーツから普通の聖衣に戻ってくれたか(笑)。やっぱりと言うか、ペガサスの聖衣が格段にカッコ良くなったじゃん。
それに装着する時の「ガキン!ガキン!ガコン!」みたいな音がないと装着感なかったし。何で最初からこうしなかったんだよ・・・。
あとは次回予告を見る限り、聖衣を収納するランドセルも復活か。ここだけはクロストーンより持ち運びが不便だな(笑)。
そういや、いつからペガサス聖衣は、フェニックス聖衣みたいな自己修復機能が付いたんだよ???

そして・・・何をトチ狂ったか、あの鋼鉄聖闘士も次世代型で復活(笑)。最初はデビュー戦ってことで、3級パラサイト位は倒すのかと思ったら、
雑魚相手にいきなり聖衣ぶっ壊されるとは、流石鋼鉄だ(笑)。ただ今回は前の3人とは違ってレギュラーみたいだから、これから少しずつ強くなっていくんだろうな。
世界観には合わないとは思うけど、初代から20年近く経ってるし、せっかくのパワードスーツなんだから、もっとメカっぽい武装をしてもいいんじゃないかって気もするけどなあ。


あとはOP曲で、生き残った黄金聖闘士に加えて、旧レギュラー5人も頻繁に登場してたけど、今度こそ旧レギュラーも本格参戦するかな?
ただ紫龍は、ドラゴンを息子に、ライブラは同期に取られたから、装着する聖衣がねえ・・・。まああいつは裸の時が一番強いけど(笑)。

それとお嬢様は、敵の親玉の少女を始末するのに、よりによって星矢を送り込むなよ・・・。
フェミの星矢じゃ無理に決まってるのに・・・。あれこそハービンジャーとかフドウの方が適任だろうに。




04月06日
まさみさまが出るってことで、天海姐さん主演の「女信長」を観た。
本当は去年末にオンエアされるハズだったんだっけ?ようやくのオンエアで、4ヶ月近く待たせおって・・・。

内容は"もし織田信長が女だったら?」って感じのifストーリーだったけど、史実に対して「信長が女だったら?」って
仮定での各登場人物達の行動の動機付けを見ていくって意味では結構楽しめた。
ラストの信長と光秀がカップルになって、海外に行く超展開は
「おいおい」と思いつつも、まあifストーリーだし、良いんじゃなかろうか(笑)。

秀吉も最後は光秀を助けたりと、「良いところあるじゃん」って感じではあったけど、ただ信長と光秀の海外逃避行と言い、
一見良い話風だけど、今までのあいつらの行動で、巻き添え食って死んでいった部下とか一般人はたまったもんじゃねえな(笑)。

女信長は、女性としての弱さも内面に秘めてる設定とは言え、あんま大物っぽさが感じられなかったのは残念。
すぐテンパるし、ヒステリー起こすのが(笑)。んで「太平の世」を目指してる割に、時々メチャクチャ残虐なことをやるし、
つーかやってもいいけど動機付けが弱いから、ババアのヒステリーにしか見えん。
まあ基本光秀が超優秀だったから、別に大物に見せる気もなかったんだろうけど。

本能寺の変は二人が燃える寺の中でのんびり話してる間に、二人に流れ矢が当たったり、流れ矢で蘭丸が見せ場も無く
即死したりして笑ってしまった。蘭丸役はキョウリュウレッドだったよなあ(笑)。ブレイブにも程があるわ。


女信長を演じた天海姐さんは、流石元宝塚だけあって、なかなかハマってたし、カッコ良かったなあ。女の姿になった時も、ちゃんとキレイだもんなあ。
んで妹役がまさみさまだったり、初めての相手役が玉鉄だったりするから、「GOLD」とか「BOSS」とゴッチャになった(笑)。

秀吉は半分悪役みたいな感じだったけど、伊勢谷秀吉と天海信長のタイマンバトルは結構見入ったわ。
ああ言うのは、信長が女設定だからこそ、出来るifバトルではあるな。
ただ伊勢谷も家康役の藤木もイケメンだから、サルでもタヌキでもねえ(笑)。

んで一応目的のまさみさまだけど、出番は物凄く多いって訳でもなかったとは言え、
女信長の対になるキャラクターでもあったし、割と美味しかったな。あのお方との共演シーンは、何か逆に笑えたわ。

光秀役の内野が登場した時は、どうしても俺の中で「JIN」のイメージがあるから、
「竜馬が出て来たぜよ」とか思ってしまった(笑)。丸っきり別キャラだけど。


結局放送時期が延びたことで、数週間前に最終回になった「信長のシェフ」と同時代のifストーリーって意味で、元ネタが微妙に被ったな。
個人的にはあっちのミッチー信長の方が、頭も切れて大物感あったし、ストーリーも好きだったけど(笑)、でも同じ歴史上の登場人物を使って、
性格や役割が丸っきり違う超展開時代劇を、同時期に一気に2作品観れたって意味では2度美味しかったかな。
しかし何で織田信長って、こんなに人気あるんだろうね。




04月01日
先週に引き続き、最近買ったモノでも。
年度末だからか知らんけど、週末に一気に色々来るから困る(笑)。


まずは以前から楽しみにしてたRAH DX 仮面ライダーカリスがようやく到着。
受注品だから、当然値引きとかは無いんだけど、メチャクチャカッコ良くてかなり満足。
最近のメディコムはデキが安定してるから、パッと見、本物みたいに見えてなかなか。
P1840

カリスアローは変形機能が付いてるから、持ち替えとかはしなくいい。
P1841


カリスのデザインって、平成ライダーの中でも上位で好きなんだけど、「トランプのハート+カマキリ」なんて、
無茶振りなモチーフで、よくここまで荒々しいカッコ良いデザインに出来たものだと感心する。
んで今はプリキュアで、同じトランプのハートモチーフの主人公が活躍してますな(笑)。
P1842P1843





お次はプリートフォン ドキドキプラス
たおやかさんのストラップが付いてる方ね。
これは去年出たプリートフォンにドキドキの9人(プリキュア4人+妖精5匹)が追加されたバージョンみたい。
P1850

今の所妖精以外だと、マナ・六花・みゆき・響・つぼみしか登場してないから、
何がどう変わったかそんなに分からないけど、少なくとも見た限りでは、
・ちょっとタッチの感度が良くなった。・文字入力が楽になった。
・選択肢が出た時に、吹き出しが大きく点滅して分かりやすくなった。
・戦闘中にタッチ連打すると、打撃エフェクトが出て、戦闘が若干早く終わる。
あたりだろうか?他にもあるかもしれないけど。

ドキドキメンバーは設定しかない段階でセリフを作ってるんだろうけど、去年のスマイルメンバーは、
今回で劇中での出来事を踏まえたセリフとか追加してるのかな?幸か不幸か、スマイルは元々登場人物達の
人間関係とか成長を描く作風じゃなかったから、設定だけで考えたセリフでもさほど違和感無かったけど、
ドキドキは時間が経つにつれて、セリフに違和感が出はじめるメンバーが出るかもね。まこぴーとか特に。

それにしてもこの商品って、いくらやっても次々新しいテキストが出ることに驚く。どんだけ作り込んでるんだよ(笑)。
季節ごとや、クリスマスやバレンタイン等のイベントもちゃんと全員分専用セリフ作ってあるしね。
バレンタインのえりかのツンデレセリフは笑った。
P1851





「ワンピース」のメガハウスPOPのボア・ハンコック(Ver BLUE)
前に出たヤツの色違い&下記写真の表情追加バージョン。
この追加パーツのウインク顔、生で見るとかなり色っぽい。
P1844 P1845

表情パーツが追加されただけで、基本的には同じだけど、並べてみたら、青の方が肌の色が白くて、
グラデーションも弱めになってる感じ。まあこの辺は好みの問題だけど、俺は青の肌色の方が好き(笑)。
P1847

ついでに先週買ったチビアーツの青ハンコックとツーショット。
P1846





同じくメガハウスから「聖闘士星矢Ω」の 鷲座 (アクィラ) ユナ

これは顔(3つ付き)パーツもかなり似てるし、劇中通りのナイスフトモモで、かなり気に入った。
ポーズ&表情も凛々しくてカッコ良いしね。
P1848

こうやって立体物を入手したことで、アクィラの聖衣を初めて隅々までじっくり見た訳だけど、やっぱり「Ω」の聖衣って、
鎧って言うよりはボディスーツだよなあ〜。来週からは初代みたいな新生聖衣になるんだろうけど。
P1849





最後に、「ドラゴンボールZ」の映画に行った時、劇場で先行販売されてた
ガシャポンHGを試しに一回やってみたら、破壊王子べジータが出た。

流石にデジタルプリントしてるだけあって、ガシャポンでもキレイな塗装がされてるけど、
本当はスーパーサイヤ人バーダックが欲しかったなあ(笑)。
P1852








HOME