×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2013年12月


12月30日
最近はじまった仮面ライダーの一番くじを2回だけやってみたら、
下位のクリアファイル一枚と、↓B賞の鎧武のクッションが当たった(笑)。
P2172

デザインとか、メッチャカッコ良いんだけどねえ。でも結構デカいし、どう扱っていいか分からん(笑)。
本当は中位賞の平成ライダーのバイク付きフィギュアの方が欲しかったんだけど、こう言う時だけはアッサリと上位賞が当たる(笑)。



そういや昨日のTBSの「スポーツ男子頂上決戦」に鎧武役の佐野岳君が出場してたなあ。
途中までしか観てないからどうなったか知らんけど、道理で「鎧武」の劇中でも、凄いアクションしてた訳だ。

でも本人紹介の時に、武神鎧武役で紹介されてたのに笑った。そいつは見た目が似てるだけの完全な別人だよ(笑)。
まあ他局の現役番組のキャラだから、劇場版限定の素材しか使えなかったんだろうけどさあ。




12月23日
クリスマスも近いし、良いタイミングだからこの機会に。

2013年の間に「ドキプリ」のマナ・六花・まこぴー・ありすの
ねんどろいど改造フィギュアを順次自作したけど、

とりあえず「ドキプリ」の初期4人を並べて、記念撮影してみた(笑)。


まずは単純に4人を並べる。
P2160

同じトランプモチーフの「仮面ライダー剣」の後期OPの「心に剣♪、輝く勇気♪」のシーンをやってみた。
つーかいつかこれをやろうと思いながら、1人ずつ作ってた(笑)。
ただねんどろいど(チビアーツ)は、頭がデカくて手足が短いから、相当無理があったんだけどさ(笑)。
P2161

しかも結局「ドキプリ」本編でも、全員での名乗りの時に、同じようなポーズやってたと言う(笑)。
P2162




ちょい趣旨が変わって、またHONEY SNOWさんの新作を買ったので、4人に着せてみた。

○ねんどろいど用のドレスワンピ○
まあメイド服とかに使えるヤツだね。

マナは髪のボリュームが多くて、フードタイプを取り付けようと思ったら
後髪を外すしかないんだけど、このタイプなら無理なく装着出来る。
P2163

まこぴーは学園祭の出し物で、すでにメイドぴーになってたから、
全然違和感無し(笑)。何か黒い顎紐が違うモノに見えるなあ・・・(笑)。
P2164


○アニマルケープのクリスマスver○
こんなサンタがホントに来てくれたら・・・ねえ(笑)。

六花はメガネの有無で2パターンやってみたけど、サンタコスなのを考えれば、
色合い的に赤いメガネがあった方が良いアクセントになるかな?
P2165P2166

ありすはウ○コヘアのままだと、フードが入らないので、髪下ろしたverを使った。
こう言う使い分けは想定してなかったけど、俺SUGEEEEE!(笑)。
P2167




最後にもう一回コスプレさせた状態で集合写真。

前に買ったヤツも引っ張り出して、マナ・まこぴーにはサンタコスを。
マナはサンタになりたかったらしいから、ちょうど良いじゃん(笑)。
P2169

最後は新作4つを並べて。
P2168
現在はこの状態でケースに入れて飾ってるんだけど、
やっぱりまだ亜久里がいないのが悔やまれる(笑)。

ゲーセンのプライスフィギュアは、上の「あつめてフィギュア」なら5人揃ってるのに、
DXFフィギュアだと何故かエースが出てないんだよなあ・・・。ちゃんと揃えろっての。

あとは亜久里をどうするかだけど、こいつは小学生だから制服じゃないのがまたネック・・・。
んでそうこう迷ってる内に、もう来年のプリキュア(名前は知ってるけど今の段階では一応伏せとく)がはじまるなあ(笑)。





最後は話が変わって、先週ようやく東映の「ドキプリ」タペストリーが届いた。
サイズは小さい方を選択。デカイ方は値段高いし、流石に飾る場所が無い(笑)。
そうでなくても、ジャンボタオルのまこぴーとレジーナが、ハンパなく場所取ってるのに(笑)。

↓これだと、まるでレジーナもメンバーの1人みたいだよなあ〜。そりゃいつでも6人目になってもらって構わないけどさ(笑)。
P2170

隣には「西部警察」の2014年カレンダーも貼ってあるけど、
こんな異色な組み合わせで飾ってあるのは、我が家位なものだろう(笑)。
P2171




12月22日
○獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ42○
ドゴルドの体をじわじわと侵食して、ついにエンドルフが復活。
しかも今回の作戦自体、エンドルフが考えたものだったのね(笑)。
それで仕返しとばかりに、ドゴルドが殺されそうになったところを、何とキャンデリラが庇って(続いてアイガロン、ラッキューロも)何とか命拾い。
キャンデリラは普段訳分からんキャラ(笑)なだけに、突然仲間のピンチにビシっと決めたから、余計カッコ良く見えたぞ(笑)。
基本デーボス軍の幹部連中は仲良いからなあ。

そんでエンドルフもキャンデリラには逆らわない方が良いと判断したみたいだけど、そういやキャンデリラが本気で戦闘してるのって見たことない気が。
ただキャンデリラとラッキューロは、ノッさんとアミィの説得のおかげか、悪事に関してはかなりやる気無くしてる感じ(笑)。

ただよく考えると、エンドルフに先に手を出したのはドゴルドの方で、エンドルフの方は一方的な被害者なんだよなあ(笑)。
まあカオス様がちゃんとドゴルドにおしおきするみたいだけど。

エンドルフはドゴルドを内部から食い破り、キングの親父は最初から弾き返しちゃったし、結局モロに乗っ取られたのはウッチーだけかよ(笑)。


○仮面ライダー鎧武 第11話○
ついに第一部完結ってところだろうか。いよいよ子供の遊びから、本格的な戦いに移行していく段階が終わった感じ。

そして今回は斬月無双がハンパなかった。鎧武と龍玄以外みんな倒されたからなあ。現段階でそこまで戦力差があるか。
ただブラーボは斬月に惚れて有頂天になってるところを倒されたから、本気で戦ったらどうなったか分からんけど(笑)。
ブラーボはバロンに「だったら仕事しろ!」とか言われてて爆笑した。
ホントパティシエがクリスマスに遊んでるんじゃねえよ(笑)。しかも日曜の朝っぱらから、豪快に腰振りやがって(笑)。

グリドンと黒影は、相変わらずだったけど、黒影はやっと自分達が雑魚だってことに気付いたのか・・・(笑)。
グリドンなんて必殺技使っても雑魚インベスにトドメ刺せなかったもんなあ(笑)。やっぱあのピコピコハンマーじゃ無理だわ。
グリドンは速攻斬月に倒されたから仕方ないけど、黒影は他のライダーを襲撃するヒマがあったら、
ロックシード収集に集中しろよ(笑)。所詮ドングリとマツボックリじゃ無理だ。


んでアホなライダー達が次々倒される中、ついに紘汰がユグドラシルの拠点に潜入。
そんでインベスゲームの真相を知ってしまうんだけど、自分達がモルモットとして利用されてたことに
憤慨するのはいいけど、お前らも今現在ライダー達を斬月の囮に利用してるじゃないか?(笑)。

ここで良いタイミング(?)で、インベスの大群が襲ってきて、クリスマスに向けたスイカアームズの大販促バトル(笑)。
ユグドラシルの連中が、自分達の都合の良い時だけ、鎧武に助けを求めてきたけど、まあここで助けなきゃヒーローの資格はないわな。

今週はようやくメロン兄さんのカッコいいところが見れた訳だけど、鎧武に部下達を助けられるし、
弟にまた大量にロックシードパクられるし、やっぱダメだなこいつ(笑)。



最後の第1部ラストを締め括るエピローグは、これから本格的にはじめる真の戦いを予感させる内容で、
死傷者が出そうなイヤな雰囲気を漂わせつつも、いよいよ"ヒーロー"としての鎧武達が見れそうな感じで、今後に期待したい。


○ドキドキ!プリキュア 第45話○
先週から超久々に岡田が帰ってきた!!
エースと入れ替わりで一時退場して、それっきりだったもん。・・・でも相も変わらず胡散臭いのは流石だ(笑)。
しかもこの前のベールが化けてたのもあってか、この期に及んで六花とまこぴーに警戒されまくってるのは凄い(笑)。
まあ日頃の行いも悪かったし(笑)、いつの間にかちゃっかり最後の三種の神器までゲットしてるのが(笑)。

あとはついに亜久里とレジーナ共通の秘密が明らかに。大方の予想通りではあったけど、この二人元は一つなのね。
完全にピッコロ大魔王と神様だ。これ夏のレジーナとエース登場あたりの回を今見直すと、色々再発見がありそうだ。
亜久里が実質1歳なのはもちろん、レジーナもパパとの思い出が全然無い理由が薄っすら分かったし。
夏前後の回は色んな伏線をほったらかしで、どんどん話が進むから感情移入しづらい時期ではあったけど、
ようやく収束しそうな感じだ。多分すでに忘れてしまってる伏線とかもありそうだなあ。


そして後半はエースvs亜久里の存在を掛けた対決。最近ヘタレ気味だったレジーナが、急に強くなった(笑)。
あとはこの二人がどんな結末を迎えるかだなあ・・・。どちらかが死ぬか、合体して一つになるか、
別固体のままか、ひょっとしてアン王女に取り込まれるか。
まあ女児アニメだから、あんまりドギツイ展開にはならんと思うけど、
俺としては亜久里とは別に、レジーナ版キュアエースになって欲しい(笑)。


そして2人の対決中、またどさくさにベールがエースごとレジーナを暗殺しようとして、ソードがマナに助けを求める中、
絶妙のタイミングで登場する仲間3人の安心感は異常(笑)。逆に岡田はカッコ良いこと言いながら必死に壁を登ってたり、
ソードにおんぶしてもらったり、何故かソードにイス代わりにされたりと、シリアスな展開で、ちょくちょくアホなことするのはやめろ(笑)。




12月21日
○ウルトラマンギンガ 最終回 ○
早くも最終回。

てことで、今まで敵にダークライブした歴代の学校の卒業生達が再登場。
1〜3話に登場した違法業者・追跡魔・放火女がスッカリ更正してたのに笑った。
つーかお前らどう考えても刑務所行きだろ(笑)。

ラスボスは(一応)「ギンガ」で唯一の完全オリジナルキャラ・ダークルギエル。
デザインはいかにも荒み切った悪のウルトラマンっぽくて、なかなかカッコ良い。しかもサイズがえらいデカイし。
何気にウルトラマンの変身途中に攻撃してきたのってこいつが初めてじゃないの?(笑)。


ストーリーの流れは、まあ要するに元気玉と言うか、卒業生達の校歌斉唱で、ウルトラマン復活的な流れだったけど、
これ番組にもっと予算があって、半年とか1年番組やってたんなら、もっともっと感動的な流れになったんだろうになあ・・・。
と同時に、ダークルギエルも1話で倒された上に、予算の関係で世界観が狭く見えるものだから、
大口叩くだけの小物にしか見えなかったのが残念。


バトルでは、卒業生達の大量ウルトライブ(?)で、ついにタロウが復活!!しかも「メビウス」の客演でも出来なかった
当時の主題歌を流しながらの戦闘はメチャクチャ燃えた。でもある程度のところで、ギンガにエネルギーを分け与えてそのまま消滅・・・。
あれ正直ギンガにエネルギー与えなくても、タロウ1人で問題なく勝てそうに見えたけどなあ(笑)。
終始ダークルギエルを圧倒してたし。とは言え、一応主役に華持たせないと仕方ないか。

そして復活ギンガが月面に移動してのラストバトル。これもスピーディな戦闘でなかなか見応えがあった。
この番組は戦闘が物凄い良い時と、微妙な時で、極端にクオリティに差が出る(笑)。
今回初登場のギンガスパークの変形した槍は、ウルトラアクトに付属しそうだ(笑)。


大団円は、割と「ウルトラマン」らしく、ウルトラマン達と変身する人間が分離して、最後のお別れ。
春に劇場版2があるのに、意外とキレイにお別れしたなあ。でも結局ギンガの謎とかは依然としてハッキリしないし、
今後何らかの展開で明らかにするのかな?ギンガとルギエルの声が同じなのも意味がありそうだし。



ここからは総評になるけど、「メビウス」「セブンX」あたり以来の久々のテレビシリーズでの新作だった訳だけど、
放送回数が1クール分しかないことや、予算が少な過ぎるのが、特撮やストーリーに相当な制約を掛けてるのが
丸分かりなのが色々と辛いなあ・・・ってのを感じた。ギンガのデザインとか必殺技とかカッコ良いし、
世界観・設定・登場人物達とか結構好きだったから、もっと予算と話数を掛けた「ギンガ」が観たかった。
最終回は学校のミニチュアを派手に破壊してたけど、都市部のビル街で派手に戦うギンガも観たいもんなあ。
折角の「ディケイド」「ゴーカイジャー」的な設定なのに勿体無い。
世界観の構図としては、どちらかと言えば「グリッドマン」に近いかな?ご町内で子供達だけで戦ってるし。

あとこれは好き嫌い分かれると思うけど、ウルトラマンや敵が変身後も生身の映像を
挟みつつ喋りまくるのは、今までに無い表現で俺は好きだった。
ウルトラマンは変身すると、掛け声しか出さないから、そこからどうしてもドラマを展開し辛くなるからなあ。

音楽に関しては、この前CDも買ったんだけど、戦闘中に流れる「ウルトラマンギンガの歌」と、ED曲の「Starlight」は
スッゲー良い曲だと思う。戦闘中に流れるは、いかにも必勝の曲って感じでメチャクチャテンション上がるし、
ED曲も何気に歌詞とかメロディとか歌声とかキレイだし、しっとりした名曲だと思うわ。


さて、次にギンガ達に会えるのは、「列伝」を抜かせば、来年の3月15日の劇場版2か。
テレビシリーズもいつか第2期をやって欲しいよなあ。




12月17日
一昨日の日曜は、天神東宝で「西部警察」の
上映会イベントをやってたので観に行ってきた(笑)。


内容は「西部警察partV」の福岡ロケ回2話分を上映するってものなんだけど。
今回これを地方ロケをやった各地の劇場で上映するイベントをやってた訳。
上映開始前に館ひろし、上映後に渡哲也のコメントを挟む形で。

まあただ単にテレビ放映されたものを劇場で再放送しただけなんだけど、
それでもこの作品は銃撃戦やら爆破シーンが凄まじいから、
劇場の大スクリーンで観ると、メチャクチャ迫力あった(笑)。

今のドラマだったらドヤ顔で劇場版として上映するような内容を、
毎週放送の単なるテレビドラマでやってたんだから凄いわ。
普通に映画観てる位の満足感は得られた。


んで劇場の売店で、この「西部警察」の2014年カレンダーが売られてたので、買ってきた(笑)。
左からリキ・課長・団長・ハト・オキで、主要(人気?)メンバー5人を表紙にしてると思われるけど、
この5人って"本気で怒らせたらヤバい5人"でもあるよなあ(笑)。
この5人に取り囲まれて「吐け!」とか言われたら、命乞いして素直に白状するしかない(笑)。
P2158

各月ごとに裕次郎と渡の"漢の明言"みたいなものも書かれてたけど、
こんな男臭いカレンダーそうそうないだろうなあ(笑)。
P2159




12月16日
○獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ41○
世界の主要都市で、デーボスのクローンが同時多発出現。
・・・てことで、全獣電竜総動員。つまりクリスマス用の在庫一掃販促回(笑)。

世界中の子供達に、欲しいモノとは微妙に違うモノをプレゼントして怒りの感情を集めるとは、
地味な嫌がらせながら、なかなか効率の良い作戦(笑)、ドゴルドは脳筋に見えて結構頭キレるからなあ。
んで何故か作戦に巻き込まれて(?)、最新巻じゃない単行本をプレゼントされて怒るラッキューロが可愛かった(笑)。
しかも一回地面に叩き付けておきながら、結局拾ってホコリ落としてるし(笑)。

ドゴルドはじわじわ体内に取り込んだエンドルフの影響を受けはじめてる感じ。エンドルフは流石にあれで退場ってことはなかったか。
そのことをウッチーやラッキューロに指摘されて焦ったドゴルドが、今度はキングの親父を乗っ取ろうとしてたけど、
仮に親父を乗っ取っても、内部から潰されそうな気がするぞ・・・(笑)。


○仮面ライダー鎧武 第10話○
初のライダー全員集合回。
今の所社会正義の為に戦ってると言えるのは、鎧武と龍玄だけだし(斬月は不明)、
とりあえずvs斬月用の作戦として、ミッチが他のライダー達を巻き込んだ新ゲームを提案。
ホントこいつは参謀として頼もしいなあ(笑)。

んで戒斗も雑魚コンビも単純だから(笑)、あっさり乗ってくれるんだけど、
いざゲーム開始って時になったら、鳳蓮がド派手な登場で飛び入り参加。
ぐっさんがわざわざ大々的にバラすから(笑)。全員露骨にイヤそうな顔してたのに大笑いした。
でもvs斬月を考えたら、こんな頼りになる奴はいない。しかもシッカリとバイクまで準備してたけど、
シドあたりを脅してまた無理矢理巻き上げたんだろうか?(笑)。


で、ゲームがはじまったと同時にインベスが邪魔してきたけど、サッサとバックれるバロンとブラーボ、
龍玄にインベスをけしかけるグリドン達と、どいつもこいつもひでえ奴ばっか(笑)。
龍玄は新アームズとしてキウイを出してたけど、映画より1日遅れて登場か。武器は円月輪なのね。


ラストは第10話にして初の貴虎兄さんの変身シーン。ポケットに手入れたままポーズ取っちゃって確かにカッコ良かったけど、
オルタナティブ・ゼロの香川教授並の超難易度(笑)。部下達に舐められ、弟に会社の備品(スイカ)をパクられ、
映画でフォーゼの・・・(ネタバレ禁止)、最近良いとこ無しのメロン兄さんだけど、来週はカッコ良く活躍して欲しいところ(笑)。


○ドキドキ!プリキュア 第44話○
マナ回と見せ掛けて、やっぱり六花のメイン回。・・・・・なんて言う生易しいものでもなくて、
日曜朝の女児番組とは思えない、あまりにハイレベルなガチレ○達の修羅場(笑)。
ひびかなも大概だったけど、また凄い逸材達が(笑)。

まあそれは冗談で、もちろん劇中で語られてるのは、友情とか博愛とかなのは分かってるけど、
女の子同士であんだけ何回も「好き」だの「愛してる」だの言いまくってるの聞いてると、スゲー照れ臭くなる(笑)。

六花はここ数回の個人回で、マナ依存症は完全に卒業したのかと思ってたら、そうでもなくて、まだまだどっぷり漬かってる。
もちろん将来はいずれそれぞれの道に向かって歩きはじめることは覚悟してるんだけど。
でも(マナ以外の)メンバー全員で遊んでる時に、病気みたいに「マナマナ」言われたら、他の連中の立場ねえよ(笑)。
まあドキプリメンバーは、一応マナ中心に人間関係が出来てる部分があるからなあ。

あとマナの言う「愛してる」は、挨拶代わりとか冗談半分みたいなニュアンスもある感じのちょっとした
愛情(友情)表現っぽいけど、六花の「愛してる」は、メチャクチャガチに聞こえる(笑)。


後半は六花とレジーナのマナを巡る壮絶過ぎる修羅場(笑)。レジーナは終始六花の迫力に押されっ放しだったけど、
何だかんだで六花も、この1年で成長したよなあ。初期なんてマナをまこぴーに取られると思って嫉妬してたのに、
今はマナのことが大好きな(変な意味じゃなくw)レジーナを、友達として素直に受け入れることが出来るようになってるんだし。

六花に押されて開き直ったレジーナが、マナのことが好きとか大胆告白した時に、それをよりによってマナに聞かれてしまったり、
イーラ&マーモに茶化されたりした時は大笑いした。顔真っ赤にしてあたふたするレジーナが可愛過ぎたけど。
レジーナは今回あれだけ大恥かいたのに、あの場から逃げ出さなかった勇気は凄いぞ(笑)。

それともう単純な戦闘能力だけで言えば、ジコチュー軍団は
すでにプリキュア達に全く歯が立たないレベルになってる感じ。


結局今のレジーナは、すでに洗脳が解け掛かってると言うべきか、洗脳の上から、もう1回マナ達に
撃沈された(笑)状態なのか分からんけど、パパを1人ぼっちにさせられないって思いがストッパーになって、
マナ達の元へ行けないのな。やっぱり心根は優しい子だ。

あと「友情と家族愛は別じゃ?」って気はするけど、マナと六花とレジーナがそれぞれ考える「好き」「愛してる」が
全然重さや意味合いが違うから、みんなで言い合うと、本当に会話が噛み合ってるのか分からなくて、妙な違和感がある(笑)。




12月15日
○ウルトラマンギンガ 第10話 ○
開始冒頭いきなりスーパーグランドキングが登場。
こいつは元々マイナーな奴とは言え、リメイクされるのは初めてか。
確かタロウのコスモミラクル光線で倒された奴だっけ?着ぐるみが、ものすげーボリューム感だったなあ。
んでこいつにライブしてたのは、美鈴(&ナックル星人?)。

てことで、ヒカルがスーパーグランドキングの中に飛び込んで操られている美鈴を救い出そうとしてたけど、
やってることが完全にただの痴話喧嘩だったのが笑った。"命懸け"とかいってた割に、やってることは微笑ましい。
「巫女の衣装、似合わないと思ってるでしょ?」みたいなこと言ってたよなあ(笑)。

2人がイチャついてる中、外ではレギュラー陣総出でスーパーグランドキングの侵攻を阻止。
ギンガスパーク(?)の大盤振舞で、美鈴パパ(セブン)・千草(初代マン)・健太(ティガ)にライブ!
・・・でもクソ弱い(笑)。所詮量産型だしなあ・・・。とは言え、美鈴パパはダークライブしてた時は
クソ強かったんだから、もうちょい頑張れ。そして最後まで地味に1人で踏ん張ってたジャンナイン(友也)(笑)。

あとはメガネの校長先生に憑依した黒幕(?)を、津川雅彦が追い払ってたけど、
熟年2人のあの異様なテンションの芝居は、観てて何とも言えない気分になった(笑)。


結局スーパーグランドキング(&ナックル星人?)は、バカップルギンガ(笑)にアッサリ倒されたけど、
アレで終わりか?大物復活させた割に、あんま大したことなかったかな。
むしろ先週の美鈴パパのダークライブの方が、遥かに恐怖感があったと思うぞ(笑)。


次回はいよいよ最終回か・・・。早いわ。




12月08日
昨日は待ちに待ってた長澤まさみ主演舞台「ライク・ドロシー」の福岡公演を観て来た。

残念ながら時間と金の都合で東京公演は行けなかったから、今回も福岡公演をやってくれて助かった。
そして俺個人としては、ほぼ1年10ヶ月振りの生まさみ(笑)。一応まさみさまのマネさんも見掛けた。

舞台の内容は直球のコメディでメチャクチャ楽しかった。ああ言う頭空っぽにして観れる作品大好きだわ。
まさみさまもあんな感じの元気なキャラはハマる。前回の初舞台の「クレイジーハニー」は、まさみ主演作品の中で、
トップクラスの問題作(?)だったけど、今回は安心し楽しめる作り。
あと前にも書いたけど、一度眼前で生の演技観てしまうと、もうテレビや映画じゃ満足出来なくなってしまうんだよなあ。
やっぱどうにか都合して、あと1・2回観たかったと少し後悔(笑)。


座席は1回目が最前列のほぼド真ん中の超アリーナ席で、2回目は前から5番目位。
最前列で観る役者達の生演技はやっぱり圧巻。細かい表情とか匂いまで分かるし。
前回は最前列でまさみさまのdaekiをいただいたけど、今回はそこまでのハプニングは無かった(笑)。
しかもmasamistの九州支部の人達もみんな最前列だったし、みんな同じタイミングで席取ったんだろうなあ(笑)。

舞台終了後は1・2回目共に、役者陣の挨拶があったけど、1回目のまさみさまの挨拶は途中で上手く纏まらなくて
だんだんグダグダになってたのが、流石まさみさまらしかった(笑)。
言いたいことは分かるんだけど、パッと単語が出てこなかったんだな(笑)。
あと俺の近くのオッサンが、花束持ってまさみさまに突撃しようとして係員に取り押さえられてたけど、ルール違反はするなよ・・・。
しかも舞台の演者達は全員観客にお辞儀してる時だったから、肝心のまさみさま本人は気付いてないと(笑)。
塚地さんだけは気付いてビックリしてた風だったけど。


夕方の2回目の公演は、何と「ライク・ドロシー」の千秋楽。福岡で最後の公演だったとは、ラスト舞台が観れて超ラッキー。
演者の中には、福岡出身の人とか、数ヵ月後に別の福岡舞台公演がある人や、昨日が誕生日だった人とかいたし、
塚地さんは役者としては、今回初舞台か。彼は死んだ市長の息子役やる時とかに、武田鉄矢のモノマネとかしてたけど、
アレは福岡の特別バージョンみたいね(笑)。他にも福岡出身の人がホークスネタとか言ってたけど、あれも福岡用に台詞アレンジしたのか(笑)。

そして千秋楽最後の全員お辞儀の時に、上から凄まじい量の紙吹雪がドッサリ落下してたけど、あれ壇上の役者陣みんなビックリしてたぞ(笑)。
まさみさまも背中に大量の紙吹雪の直撃を食らって、大笑いしながら何回も「いったーい」って言ってたし(笑)。


まあこんな感じの福岡公演だったけど、舞台の内容もすっごい楽しかったし
満足満足。やっぱり毎年とは言わないけど、時々舞台もやって欲しいわ。
あとは本作もその内DVDを発売して欲しいなあ。色んな都合で観れなかったファンもいるだろうし。


あとは1回目と2回目の待ち時間に、masamistの九州支部の方達とお茶とかをしたんだけど、東京に行った時とは違い、今回は俺が最年少(笑)。
久々にお会いする方や、初対面の方もいたけど、楽しい時間を過ごさせていただきました。お土産のお菓子もいただいたけど、
今この記事を書きながら、美味しく食べさせていただいております。




12月08日
○獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ40○
ノッさんとキャンデリラがお見合い(笑)。
いつぞやの時に、この2人は敵味方に分かれてなければ、気が合うんじゃないかとは思ってたけど、
その伏線(?)をちゃんと拾ってくれるとは流石。
確かにあの劇中世界で、ノッさんのオヤジギャグで本気で笑ってくれそうなのはキャンデリラ位だ(笑)。
キャンデリラの人間体で声優本人が登場するのは毎回のことだけど、今回はラッキューロの人まで登場してたなあ。
あとはカオス様とドゴルドの人が出れば皆勤だ(笑)。

※キャンデリラ役の戸松遥って、東宝シンデレラのオーデションで、最終選考まで残ってたことがあるのね。
道理でまさみさま達と顔の系統が似てると思ったわ。東宝芸能出身組は、割と似た系統多いからなあ(笑)。

この前のラッキューロ回と言い、少しずつキャンデリラとラッキューロは人間サイドに行きそうな流れにはなってきてるなあ。
今回なんて思いっきりノッさんを助けてたし、カオス様にバレたら結構ヤバいレベルだもん。
それにノッさんも言ってたけど、こいつらは人間を楽しませたり喜ばせる為に存在してるんだし。
ただトリンがこの2人も倒さないといけないって言ってたから、最終的に生き残れるかカオス様あたりに粛清されるかは分からんけど。

それと今回はデーボモンスターの能力で、映画の作品世界のノリに引き摺り込まれたりしてたけど、
ほぼ全部アミィもせいでおかしな世界観になってたのは笑った。トリンもますます俗世界にはまり込んできたなあ(笑)。
あの昭和怪獣映画の予告編のノリなんか、字幕のフレーズの雰囲気がよく出てた。
ヤンキー姿での素面名乗りは・・・、アレ一応この番組での初の素面名乗りだよなあ〜。
毎年最終回付近での見せ場で使うのに、こんな早くギャグでやって大丈夫か?(笑)。

そして最後の方で、幽霊のクセに路上で行き倒れて(笑)ノッさんちにお世話になってたラミレスは、何普通に料理してるんだ?(笑)。

そういやノッさんの妹役の木下あゆ美が大暴れした時に、バックでサイレンの音がしてたけど、
あれってデカイエローネタだったのかしら?(笑)。


○仮面ライダー鎧武 第09話○
いよいよ本格的にインベス達がこっちに流入してきて、ライダー達のお遊戯も、遊びじゃ済まなくなってきてる感じ。

てことで、チーム鎧武の連中で街中のインベス駆除をやろうとしてたけど、ようやくヒーローらしくなっていくかな?
でも他のチームの連中はどこも協力してはくれず。チームバロンは4位のクセに、戒斗は何であんなに上から目線なんだよ?(笑)。
相変わらず中二病理論全開だったけど、だったら敗北者のお前らは、勝者の言うことを聞けよ。

それと貴虎兄さんも、街のダンサー連中を見下しまくってるのは良いけど、今の所劇中の誰よりも間抜けなのはどうにかならんか(笑)。
スイカをパクられたのを、家に泥棒が入ったとか抜かしてたけど、アレ素で言ってるのなら本格的にアホだけど、
ミッチだと疑っててカマかけてるのなら、ちょっと怖いな。

そのミッチは今回のインベス駆除で大活躍しまくり。紘汰の方がアホだから、
頭の回転の速いミッチが作戦立てないとどうにもならんからなあ(笑)。
紘汰は鎧武の姿でウロウロすることに躊躇無さ過ぎ(笑)。


ラストは斬月率いるユグドラシルの連中が、インベスの証拠を隠滅しまくってたけど、
果たしてこいつらは人類の敵か味方かってところが今後のキーになるのかな。


○ドキドキ!プリキュア 第43話○
なぜか2週連続の亜久里メイン回。
しかも開始早々速攻でおばあちゃんにエースの正体がバレた。

そしてまた亜久里本人も知らなかった秘密が明らかになってたけど、亜久里は肉体年齢は10歳だけど、
実際はまだ1歳だったのか・・・。こりゃ今後も歴代最年少プリキュアの地位は更新されることは無さそうだな(笑)。
しかも他の4人が全然ビックリしないのが(笑)。

夜は5人でパジャマパーティだったけど、久々にありすの髪下ろしが見られた&亜久里もデコ下ろし。
亜久里は髪下ろすと、ホントにレジーナに似てるなあ。ほぼ間違い無く意図的に似せてるんだろうけど。
まこぴーはトランプでジョーカー引いた時の顔芸は何だったんだよ(笑)。


バトルはジコチューが亜久里の描いたおばあちゃんの絵をボロボロにした時や、おばあちゃんが自分を庇ってくれた時に、
エースが泣き出してたけど、アレは見た目は大人・中身は子供のギャップを活かした良いシーンだった。
ここ最近は亜久里の可愛さが止まるところを知らない感じだわ。
基本的に子供の涙とおばあちゃんネタは、涙腺に来るからズルい(笑)。
あとレジーナは毎週プリキュア達に追い込まれてて、もう完全にテンパってきてるなあ。

来週はマナメインと見せ掛けて六花メイン・・・かな?




12月05日
○ウルトラマンギンガ 第9話 ○
先週ウルトラマンダークが登場したところからの続き。
ウルトラマンダークにライブしてたのは何と美鈴の親父。
しかもウルトラマンダークとセブンダークを交互にライブして使えるのね。流石は野村宏伸(笑)。
普段は大人しそうな親父なのに、内面の狂気が全開になったのか、
戦闘スタイルが完全に荒ぶる893の動きだったのが笑えた。
戦法もやけに卑怯だし、何であんなに戦い慣れてるんだよ(笑)。
でも美鈴親父の多段ライブは、カメンライドやゴーカイチェンジみたいで良かったわ。
ヒカルの方は状況に応じて多段ライブみたいなのはやらないからなあ。

一方美鈴達の方は、何の意味があったのか知らんけど(笑)、美鈴・千草・健太の3人同時ライブで、
ジャシュラインに変身して、ヒス女のライブしたアントラーと対決、
・・・したはいいが、3人同時じゃ上手く操作出来ず、何の見せ場も無くボコボコ・・・。
つーかこれ完全に健太が女の子2人と縺れ合って得しただけじゃん。俺と代わってくれ(笑)。
一方その頃友也は、警官とホ○状態になっていた(笑)。


今週はレギュラー・ゲストほぼ総動員で戦闘しまくったし、カッコ良いアクションも多かったので、かなり満足。
せっかくのライブの設定なんだから、いつもこのテンションでやって欲しいかなあ。販促にも繋がるし。

んで黒幕は女の校長先生だったりするのかな?
津川雅彦の方も、やろうと思えばライブ出来そうな感じ。
オカマナックル星人が美鈴親子を利用しようとするシーンは、「帰マン」の坂田兄妹の件とかあるから、
別固体と分かっててもちょっと怖かったりするんだよなあ。




12月01日
○獣電戦隊キョウリュウジャー ブレイブ39○
夏の劇場版に登場したヒロイン・美琴と、デスリュウジャーに変身した獰猛の戦騎・Dがテレビにも登場。
Dはやっぱデザインがちょっと気持ち悪いなあ(笑)。

そして今回はついに10人のキョウリュウジャー全員が一堂に会しての勢揃い。
メンバーの多さで言えば、過去最多だろうか?
10人での変身ダンス中、ラミレスだけ微妙に浮いてるのがちょっと笑えた。

そもそもDなんて夏の時点のキョウリュウジャー達に負けてるのに、
今更登場したって戦力大幅アップしてるキョウリュウジャー達に勝てる訳・・・(笑)。
そういやデスリュウジャーの相方だったトバスピノの相方のキョウリュウジャーは不在のままになるのかな?

あと美琴再登場ってことで、弥生がライバル心出してたけど、アミィは相変わらず脳筋過ぎて、状況が全く分かってねえ(笑)。
最後の女の子3人でのお買い物は、弥生の策士っぷりが怖い(笑)。


○仮面ライダー鎧武 第08話○
謎の森に迷い込んだ舞と、ロックシード漁りをしていた戒斗が鉢合わせて一緒にウロウロ。
バロンは森の中の雑魚インベス相手にちょっと苦戦してたけど、こいつどんどん弱体化していってないか?(笑)。

あとは2人の過去の素性が少しだけ明らかになったけど、こいつらが住んでる沢芽市って、
要するにユグドラシルに大規模に地上げでもされて、開発されまくったのね。
その苦い経験から戒斗は今みたいな中二病をこじらせたみたいだけど、
それでやってることはダンスチームの縄張り争いレベルってのはどうなのよ?(笑)。
ユグドラシルに入社して、それで頭角を現すとかならともかく。
今だって所詮ベルトのモルモットにされてるだけだしなあ。

あとは貴虎が無くしたスイカを鎧武が持ってたことを苦し紛れにシドのせいにしようとしてたけど、
完全にお前の大ボケじゃん(笑)。ライダー達の名簿にちゃんと目を通さないから。
そしてシドに軽く脅されても逆に脅し返す光実、こいつ大人しそうに見えて結構怖いわ(笑)。
そういやスイカは、一回使うと使えなくなる消耗品っぽいなあ。


バトルでは、バロンの新アームズで、マンゴーが登場。ドッガハンマーみたいな重量級タイプの巨大ハンマーが武器か。
グリドンのトンカチも、こんな感じだったら良かったのにね(笑)。
そして戒斗は、今までバナナとマンゴーを相手の特性によって使い分けるなんて発想自体持ってなかったのな(笑)。


○ドキドキ!プリキュア 第42話○
亜久里のメイン回。

そして亜久里の過去がまた一つ明らかになったけど、亜久里は養子で自分の誕生日すら分からないのね。
「シティハンター」の冴羽リョウ思い出した。
そしてまこぴーも両親が幼い頃に事故死してて、施設みたいな所で育ったのか。
劇場版でまこぴーだけ幼少時代が出なかったのは、今回の話をサプライズにする為なのか、
まこぴーの深層心理に何かあるのか、さて?
しかも周囲の連中のリアクションからして、ダビィすらこの件を知らなかったのだろうか?

亜久里は初登場以後の販促期間中は、エース含め上から目線キャラでどうにも好きになれなかったんだけど
(それもあえてやっていただけで本心ではなかったんだが)、今は歳相応の子どもらしさと言うか可愛らしさがあるから、
普通に好きなキャラになってるかな。同じ小学生だと「スイ」のアコは、正直最後まであんまり好きになれなかったんだけど(笑)。


あとはレジーナがマーモに勝手にスイーツを食われて、腹いせに(笑)亜久里の誕生日パーティを
ぶち壊しに来てたけど、相変わらずジコチューチームは仲が良いのか悪いのか分からん(笑)。
イーラはレジーナと同じ部屋でダラダラまったりしてるし、マーモも平然とレジーナのスイーツ食うし、
ベールだけ勝手にレジーナにビビってないか?(笑)。

そしてラストに亜久里婆ちゃんが警察を連れてきたらジコチューに破壊された店が元に戻ってたオチは・・・、
あれ婆ちゃんが警官から痴呆老人と勘違いされたんだろうなあ(笑)。


そして来週は六花回かと思ったら・・・・・、なぜかまた亜久里回???








HOME