×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2014年03月


03月30日
○烈車戦隊トッキュウジャーvs仮面ライダー鎧武春休み 合体スペシャル○
シンケンジャー&ディケイド以来の、テレビでの戦隊&ライダーのコラボ。
そして今公開中の映画の前日談になる話か。春休みの子供達へのプレゼントとしても絶好のタイミング。
お互いの特徴あり過ぎる変身シーンを、呆然と見つめ合って出会うと言う凄い初対面だったけど(笑)。

トッキュウジャーが沢芽市にやって来て、鎧武達と一緒にバダンと戦う話だったけど、作風があまりに違い過ぎるとは言え、意外と2作品の食い合わせは悪くなかったなあ。
自分達の街を探して戦う戦士と、自分達の街を守る戦士ってことで、対になる要素があったのと、ライトと紘汰が単純バカ同士だったのが上手くいってた感じ。

結構ギャグの要素も多かったけど、番組前半は「トッキュウジャー」のノリ、後半は「鎧武」のノリって感じ?貴虎兄さんは結局最後までバダンや
トッキュウジャーの存在に気付かなかったんだろうか?(笑)。兄さんの後ろでトッキュウオーが戦ってるシーンとか
「しむらー! 後ろ!後ろ!」状態だったもんなあ(笑)。疲れてるのは、ミッチ達じゃなくてあんただよ(笑)。
後半だと、バロンと龍玄が背中に「バナナ」とか「ぶどう」って書かれた旗背負ってケンカ(のフリ)してたのに大笑いした。
なんちゃってカチドキアームズか(笑)。鳴滝はディケイドいないんだから、出て来るなよ(笑)。


バトルは前半は、トッキュウオーvs巨大インベスがメイン。後半はそれぞれが個別に2体のモグラロイドを倒す流れ。
シンケン&ディケイドの時みたいに、コラボ技も見たかったけど、まあ撮影期間も違うし、双方のアイテムの食い合わせも悪いから、仕方ないか。
鎧武のカチドキアームズは、まさかこんな番外編で初白星&無双セイバーとDJ銃の合体をやることになるとは(笑)。
トッキュウジャーの方はモグラ叩きの要領で撲殺してたけど、アレ見た目以上に酷くないか?(笑)。

そういや撮影方法の違う作品同士のコラボなのもあって、舞の救出シーンでのライトの変身シーンとか、
ライダーの撮影手法で戦隊が変身すると凄い新鮮に見えたなあ。


今回の特別編を観てて思ったけど、「鎧武」の登場人物達は、敵が普通の悪の組織だったら、全員ちゃんと普通のヒーローとして成立してるんだよなあ(笑)。
基本的にはみんな善人だし。本編はあまりに人間関係や設定が複雑だから、勧善懲悪の通じない難しい世界観になってるけど。
ミッチはライトに食って掛かる時に、ちょっと地が出てた(笑)。貴虎兄さんはもう・・・、色々と(笑)。
それと紘汰はトッキュウジャー達に一時的に舞を預けようとしてたけど、あっちに預けたところで、危険度は大して変わらないだろ(笑)。

ヒーローの共演作品に関してだけど、やっぱり大量にうじゃうじゃ出すより、2作品+α位の方が見せ場もドラマも無理が無くて落ち着くなあ。
来年以降もまた戦隊&ライダーコラボやって欲しいわ。


映画の要素としては、ライダー1号・2号・V3・フィフティーンが登場したけど、フィフティーンはちゃんと板尾ボイスだったのに、
1号は藤岡ボイスじゃなかったのがちょい残念。ミオのV3に対する突っ込みは、的確ではあったかな(笑)。


○ハピネスチャージプリキュア! 第09話○
3人目の戦士(つーか4人目)キュアハニー登場。めぐみとひめは正体に全然気付かなかったけど、
あんだけゆうゆう要素出しまくってるのに、何で気付かないんだよ(笑)。
個人的にはビジュアル的には、ゆうこ=ハニーが一番好きかな?と思って期待してたんだけど、
いきなり訳分からん歌うたいながら登場するし、これは期待していいものかどうか、何とも言えん心境に(笑)。
しかもアレホントに何かメシ食いたくなる歌なのがタチ悪い(笑)。

「ハピネス」はキャラデザがイマイチなのもあって(それだけじゃないけど)、今のところめぐみ&ひめにそんなに愛着湧いてないんだけど、
今後もしゆうこといおなに愛着湧かなかったら、俺的にはもうヤバイかもなあ。
この辺は2人が本格加入しないと何とも言えんところだけどさ。
デザイン的には、ゆうこと誠司が似てて時々区別付かなくなるから、一緒の画面に映るなよ(笑)。
いおなはひめにはキツく当たるけど、流石に友達には普通に優しく接するのな。


そして今回登場の先輩プリキュアは、待ちに待った「スイート」から、キュアリズムが登場!!
たおやかさん、マジたおやか!!
何となく絵柄が「ドキドキ」寄りになってるかな?と思ったけど、奏も相変わらず可愛くて安心。
やっぱリズムのデザインは素晴らしいなあ。

リズムの映像は短いながら、爪弾く登場シーン→名乗りの決めポーズ→女の子らしい佇まい×2→
ニッコリ→例のスタスタフェイドアウト(&手を振る)と奏&リズム"らしさ"を感じさせる要素を
これでもかと盛り込んでたから、大満足だったわ。これは「スイート」の残り3人も期待出来るぞ!!

てことで、いつも通り記念撮影。お相手はもちろん俺の手作りかにゃで。
「気合いのレシピ、見せてあげるわ!」
P2258


○聖闘士星矢Ω 最終話&総評○
最終回だったから「聖闘士星矢Ω」にも触れるか。

「聖矢」としては、珍しく爽やか過ぎる最終決戦だったけど、まあ原作はいつもパターン似てたし、たまにはこう言うのも悪くない。
聖戦って言うより、人間と神の壁を越えた友情物語みたいになってたもんなあ。拳で語り合うの時の光牙とサターンの清々しい顔ときたら。

そんで一番驚いたのは、ハービンジャーが教皇になったこと(笑)。噛ませポジションが板に付いてた牡牛座からまさかの大出世か。
戦闘での大活躍振りからしても、歴代一美味しい牛だったわ(笑)。


あとは総論みたいになるけど、第1期はあまりに「聖矢」の作風からかけ離れ過ぎてて、正直そんなに面白いとも思って無かった。
属性とかクロストーンとか不要な要素だらけだったし。一応アリアとか新黄金(の一部)とかは悪くないと思ったけど。
ただハッキリ言って、ほぼユナのフトモモ目的で観てた(笑)。もっともそれは「星矢」の視聴方針としては、正攻法じゃないけど。

そんで第2期になって、だいぶ「星矢」のお約束を理解してるスタッフが作ったから、かなりマシになった感じかな。凄い良いエピも何回もあったし。
ただ作ってる方も新青銅達にそんなに人気(もしくは物語を引っ張る力)が無いと自覚してたのか、旧主人公5人をはじめ、初代鋼鉄とか2軍青銅とか
旧作キャラの同窓会状態になってたり、黄金のメインエピ(新旧キャラ問わず)が多かったりと、結構新青銅が話の中心に来るエピが少ないんだよなあ。
たまにメインエピがあっても、個々の話とかじゃなくて、集団で固まってばっかりだったし。まあ旧主人公達の活躍とか、
「Ω」キャラなら黄金のハービンジャーとか双子姉妹の話の方が面白かったしなあ。
この辺はどうしても第1期の時点で、主役交代微妙にしくじってたのがアカンかったんだろうけど。

あとは「Ω」の聖衣に関しては、最後まで微妙だった。1期はプリキュアもどきだし、2期は装飾過多&宝石パーツがうるさい&
パワーアップする程羽が大袈裟になり過ぎとか。マイス前提のデザインなのかな?と思ってたけど、そんなに発売されてる訳でもないし。
旧作の聖衣の方がカッコ良く見えるのが難だかなあ。アニメオリジナルでも、神闘士とか今見てもスゲーカッコ良いのに。
とは言え、主役キャラとか黄金とか四天王&パラス&サターン位はマイスでちゃんと出して欲しい。サジタリアス星矢はすでに予約済み。


まあ色々と問題もある作品だったけど、少年の頃見てた星矢達の新たな活躍を再び観れたことは嬉しかったし、
2年もやってれば何だかんだで光牙達にも愛着湧いてたから、終わってしまうとやっぱり寂しいわ。




03月24日
もう1週間前のことだけど、友達と一緒に
「プリキュアオールスターズ  NEW STAGE3 永遠のともだち」を観てきた。

んで観た感想だけど、正直俺的にはイマイチだったかな・・・。もっと言うと「NEW STAGE」シリーズ3本で
面白いと思ったの1作目だけだわ。「2」も「3」も話の展開がほとんど変わらない上に、主役がプリキュアじゃなくて、
ゲストのどーでもいい妖精がウジウジして最後は更正する流れで、1作目みたいに最新2作品(今年ならハピ&ドキ)の
ガッツリした共演が少ないしと、尺をもっとプリキュア達の共演にまわせと言いたくなる。
その点1作目は、あゆみ(ゲストプリキュア)を中心に、スマ&スイががっつり共演してガードしてたから、
オールスター作品としても割と楽しめたんだけど。

んでそれでも「2」は、俺の2大好きなプリキュアであるパッション&ビートの奇跡の共演(笑)があったから、これだけでも十分価値があったんだけど、
今回の「3」は、俺の好きな「フレッシュ」「スイート」の声優が、ピーチとメロディの2人しか参加してなかったゆえに、他のメンバーはろくに画面に
映ることすらなかったから、観ててずーっとイライラしてたと言うか(苦笑)。
だからって「ドキドキ」組が活躍したかと言えば、冒頭の方だけだし。アクションは凄い良かったんだけど。

歴代の声優に関しては、主人公は全員参加してて、他のキャラ達も7割近くは出演してたと思うんだけど、その残り3割近くの中に
俺の好きなキャラが結構いるものだから、何とも運が悪いと言うか(笑)。声無しの中でも特にベリー・パイン・パッション・サンシャイン・
リズム・ビート・ミューズ・サニー・ビューティあたりは、戦闘中ほとんど映らなくていつ出てたっけ?って感じ。ムーンライトなんかは声無くても、
エースとのババアコンビ(笑)で、カッコ良いシーンあったんだから、特定のキャラに贔屓しないで、そういうのやれってね、ほんの数秒で良いから。


まあ文句ばっか書くのアレなので良かったところも書くけど、何だかんだでかなりの人数の声優を集めたのは凄い。
個別で出来る「ハピネス」冒頭の歴代挨拶と違って、スケジュール調整大変だったろうし。「マックスハート」〜「5」組は全員いたもんなあ。
この辺のファンはたまらんかったろうな。そしてキュアエコーもちゃんと登場したことかな。あのままいなかったことにされなくて良かった(笑)。

戦闘は後半にかなり尺割いてたけど、結構激しいアクションも多くて、まあ参加声優の少ない「フレッシュ」「スイート」組は空気だったけど(苦笑)、
他のメンバー達はメッチャカッコ良かった。何か初期2作の連中の力強さは別格だなあって感じはした。他作品同士のコラボ技だと、
ムーンライト&エースの手刀攻撃とか、ルージュ&マーチの蹴り技攻撃とかは燃えたかな。(他にもあったと思うけど、1週間経って忘れてる気がw)

ラスボスは何か巨大なタコだったけど、あれミキたん大丈夫だったのか?
もし声無しじゃなかったら、その辺で失神してたんじゃないか?(笑)。


それと肝心の俺のエレンだけど(笑)、セリフは無かったとは言え、無いメンバーの中じゃまだマシだった方かな?
エレンの考える最高の夢的なものが、ハミィとこたつでのほほんとしてる映像だったのが和んだ。やっぱあいつ天然と言うか、本性は猫なんだろうなあ〜(笑)。
もっと真面目に語れば、「スイート」本編での苦しい出来事を考えれば、友達と楽しく過ごす時間みたいなささやかな幸せでも、
寂しがりやのエレンにとっては最高レベルの幸福なんだろうなあ。


てな訳で、「NEW STAGE」シリーズは、本作で最後だったけど、どうせシリーズが続く限りは、またタイトル変えて共演ものやるんだろうなあ(笑)。
別にライダーや戦隊みたいに、最新の新旧2作+α位で良いと思うけどなあ。

劇場では土産にこんだけ買った。レイトショーだったから、人目も問題無し(笑)。
P2257

ウッドストラップは劇場でしか買えないんだけど、とりあえず俺の好きな
「フレッシュ」「スイート」「ドキドキ」だけに絞ったけど、「初代」も買えばよかったと後から後悔(笑)。

左上のクリアファイルセットは、色ごとに全メンバー分あるんだけど、何故かビートは青じゃなくて紫枠(笑)。
横には天然歌姫仲間のまこぴーが(笑)。

このクリアファイルのデザイン描いてる人の絵凄く良いよなあ。映画本編の絵って、各作品のキャラデザを薄く平均化したような感じで、
全員何かしら違和感があるんだけど、クリアファイルの絵は、ちゃんと各作品のキャラデザの特徴を出しつつ平均化してるから、
全然違和感無くて素晴らしい!「フレッシュ」と「ハートキャッチ」みたいに極端に絵柄に違いがあるヤツでも、
ちゃんと双方の特徴出しつつ、上手いこと溶け込んでるし。ひょっとして一番くじのクッションとラストワンショーの絵もこの人かな?
今後はこの人の絵で映画やって欲しいなあ。




03月17日
今回は箇条書き風で。

○烈車戦隊トッキュウジャー 第6駅○
・誰がリーダーになるかで、トカッチが一人で悩んでたけど、自分に振られた途端、キョドり過ぎなんだよ(笑)。
まあ日直しかやったことないから無理ないけど(笑)。
つーかトカッチみたいなタイプって、現実にも「ああ、いるいる」って感じ。

・今回は初の敵幹部や烈車との戦いだったけど、正直デザインだけなら、敵の方が全然カッコ良い(笑)。

・ライトが割と行き当たりばったりで動いてるのに、シュバルツが勝手に好意的に介錯して、何となくそれに乗っ掛かるノリに笑った。

・EDでガブティラが変形した烈車や、デンライナーが紹介されてたけど、来週の映画が楽しみだ。


○仮面ライダー鎧武 第23話○
・DJサガラが、その辺にあるオレンジから、カチドキロックシードを謎パワーで生成してたけど、こいつ一体何者なんだ?

・ついに知性を持ったインベスが登場したけど、要するにヘルヘイムに滅ぼされた世界で、
生き残った人間が進化した姿ってことかな?ひょっとして戦極達はこれになろうとしてるとか。

・DJサガラの戒斗評は、半分皮肉にしか聞こえんかった(笑)。あいつ弱いクセに、無駄に前向きで根性あるからなあ。
しかも戦闘でまたボコボコにされる平常運転っぷり(笑)。

・ミッチの貴虎兄さん評は、まあホントその取りだよな(笑)。兄さん会社でもハブられてるし、ホント戦闘だけが取り柄の残念イケメン。

・鎧武の新フォーム・カチドキアームズ初登場。意外とカッコ良いぞ。口髭みたいなデザインは良いとして、何で背中に旗が付いてるんだよ(笑)。
しかも武器になるし、なかなか面白い。武器の名前が火縄大橙DJ銃だっけ?すげーネーミング(笑)。
斬月・真は、カチドキの噛ませにされると思ったら、互角以上に戦ってたなあ。

・鎧武がカチドキアームズになったことで、ユグドラシル施設で暴れまくるわ、全然言うこと聞いてくれないわ、
見たこともないロックシードまで持ってるわで、貴虎兄さんとミッチと戦極が、とうとう紘汰に対してマジギレ寸前(笑)。

・紘汰はとりあえず裕也の件を乗り越えたっぽいけど、倒すべきはインベスやユグドラシルではなく、誰かを助ける為には誰かを犠牲にしなきゃいけない
この世界の理そのものみたいな話になってたけど、いきなり概念的になったと言うか、スケールがデカくなってきたなあ。
まあこのまま人類の6/7を犠牲する訳にはいかんけどさ。


○ハピネスチャージプリキュア! 第08話○
・ハピネスチャージ以外の各世界で活躍してる別のチームのプリキュアの一部が登場。商品化前提じゃないがゆえに、
自由に出来るデザインだからか、意外と面白いデザインのヤツ多かったな(笑)。
女の子向けは、ライダーや戦隊と違って、モチーフの幅が狭いからなあ。

・「ハートキャッチ」の増子美香みたいなヤツが登場(笑)。まあスタッフのお遊びだろうけど、美香の親戚か誰かかな?

・第1話以来フォーチュンが戦闘に参戦。今はひめへの敵意でツンツン全開だけど、
仲間になった途端、某まこぴーみたいにポンコツにならなきゃいいが(笑)。

・フォームチェンジは相変わらず雑魚一掃しか使い道が無いけど、戦闘のテンポ悪くなるし、正直いらん気が。

・今週の先輩プリキュアは「フレッシュ」のキュアパイン登場。ブッキー相変わらずかわええ!!
挨拶はなぜか決め台詞の「私、信じてる」を使わなかったなあ(笑)。これで「フレッシュ」と「5」は
2人目まわってきたけど、「スイート」と「ドキドキ」はまだか?まあ来週はたおやかさんなんだけど。

てことで、今週の記念撮影は、フィギュアーツのパインでダブルブッキー!
P2256b




03月17日
○烈車戦隊トッキュウジャー 第5駅○
今回の敵の作品は、いやゆる兵糧攻めみたいなことをやってたけど、これ何気に一番やられたくない戦法だな。飢え程キツいものはない。

んでライトがキャンプしてた若者達のカップラーメンを間違って食ってしまうくだりがあったけど、あれはライトより
あのデブのヤツを追い出した方がいいのでは?あいつの方が食うだろ(笑)。
それとライトが山から採ってきた魚や筍がメチャクチャ美味そうに見えるもんだから、朝っぱらから困った(笑)。

戦闘では、ライトが敵に仕返しする為に、わざわざ変身解除して
焼き魚を見せびらかしつつ食ってたけど、あれはなかなかエグイ(笑)。


ライトは正直1・2話の段階だと、感じ悪いヤツだなあ〜と思ってたけど、それ以降に関しては特に問題無く見れるようになったかな。
初期はまだキャラの方向性が固まってなかったのだろうか?


○仮面ライダー鎧武 第22話○
とうとうユグドラシルの真の計画が判明したけど、秘密裏にヘルヘイムの脅威から人類を守るなんて生易しいものではなく、
世界の総人口を1/7まで間引きして、残りの人間はインベス化防止の為に、皆殺しにするつもりなのね。
たった10年だと人類が生き残るのに必要な戦極ドライバーを量産しても、せいぜい10億個が限界らしいけど、
これは予想以上に厳しい事態。良かった・・・、俺この前ベルト買っといて。これなら10年後も生き残れる(笑)。

当然これには紘汰はブチ切れる訳だけど、完全に腹を括ってる貴虎兄さんからすれば、現在紘汰が抱えている青臭い葛藤なんかは、
とっくにに消化しきってて覚悟決めてるんだろうなあ。根は善人みたいだし、紘汰の憤りも十分理解してるんだろうし。
部下の連中は、自分達が生き残った人間達の支配層にでもなろうとしてるのかもしれんけど。


そして情報が漏れた時の最終手段として、沢芽市を焼き払う為に使う予定のなんりゃらって兵器を紘汰が破壊しようとして、
貴虎兄さんと一騎打ちしてたけど、ついに鎧武が斬月・真を圧しはじめた!。んでそのタイミングで、貴虎兄さんが紘汰に裕也の末路をバラしちゃったけど、
何か貴虎兄さんが自分が負けそうになったことに慌てて、紘汰を動揺させようとバラしたように見えないこともなかった(笑)。

何だかミッチやが紘汰に知られたくないと思っている重要事項を、ゲネシスライダー達が次々に好き勝手に喋るもんだから、ミッチも大変だなあ(笑)。
それぞれにとってのバラしても構わないと思ってる事項と秘密にしたい事項が一致しないものだから、各人から聞いた秘密を総合すると、
自ずと全体像がバレる(笑)。戦極は貴虎兄さんの手前クラック対策をしてるフリをして、仕事サボってんなよ(笑)。
お前も変身して湊さん達を手伝えって。そんな湊さんは、変身解除して油断してるところを、紘汰に隙を突かれて
ピーチエナジーロックシードをパクられる大失態。これでゲネシスライダーは2人変身不能かな???


ユグドラシルの目的が明らかになり、人間関係も複雑になってくる中、戒斗だけは一切ブレないと言うか、相変わらず中二理論全開中(笑)。
しかも紘汰に「冗談言ってる場合じゃないぞ!」とか言われてて笑った。確かにバナナ男は、弱いクセに無駄にポジティブでどうしようもないからなあ(笑)。


1クール目が終わって以降、作品の展開がどんどん重くなってきてるけど、この日曜の朝っぱらから
非常にダークな重苦しい展開が続いてるのは、初期の平成ライダーのノリが戻ってきたようで嬉しいわ。


○ハピネスチャージプリキュア! 第07話○
ひめがめぐみとの友達100日記念に、サプライズでケーキを作ろうとしてるのに、めぐみとリボンが無理矢理手伝おうとする話。
ひめが手伝わなくていいって言ってるのに、あれだけしつこく纏わり付いてくると、確かに見ててウザイ(笑)。
ひめの真意を知らないめぐみはともかく、知ってるリボンは何で一緒に邪魔してるんだよ(笑)、先週の仕返しか?
去年のマナを見てた時にもちょっと思ったことだけど、相手を過剰に助けることが必ずしも相手の為になるとは限らないからなあ。


今週の歴代メンバーは、「5」からキュアアクアが登場。「5」に関しては「GOGO」になってから(しかも夏から)しかまともに
観たことないんだけど、かれんはそんなに思い入れあるキャラでもないから、どう言うキャラだったか、実はそんなに覚えてなかったりする。
でもこの前のドリームと言い、いい感じにキレイになってるなあ〜。
その分、その後の「ハピネス」組の古臭いキャラデザとの落差が・・・(笑)。

てことで、今回もキュアアクアとの写真だけど、お相手はちょうど今日届いたプリキュアアニバーサリー本に特典で付いてた色紙。
俺この本注文してるの忘れてて、間違って2冊家に届いてしまった(笑)。
P2255




03月12日
先週土曜日からプリキュアオールスターズの一番くじがはじまったので、早速やってみた。

で、↓これがその成果。7回やったのかな。
P2250

上位のA・B賞以外一通り当たったみたいだけど、グラスが2種類しかないのに、3つ当たっててもどうすりゃいいのさ(笑)。

それはともかく、今回一番欲しかったC賞のキュアメロディのハートステージフィギュアをちゃんとゲット出来たのが嬉しかった。
各賞は先着で自分の好きなモノを選べるのは助かる。まあホントはハートやハッピーも欲しかったけどさ。
これ歴代主人公は全員出して欲しいなあ。
P2251

そんで俺の自作響とのサイズ比較用ツーショット写真だけど、メロディは思ってたより小さいんだよねえ。
以前ゲーセンのプライスで、「スマイル」と「ドキドキ」で出たあつめてフィギュアよりも、ちと小さい。
同一規格だと思ったのになあ。C賞でそこそこ上位賞なのに、そこは残念。
てことは、ダブルチャンスでラブリー当てた人は相当貴重だな。
P2252


あとは何とラストワン賞のクリアポスターまで貰えたのはラッキー♪店員のオッチャンが、
あと1回引いたらラストワン賞貰えるって教えてくれたんだよね。数カートン注文してるから、
40回に1回ラストワン賞が貰えるみたいで、ちょうどその区切りだったの。
いやあ、店員が親切な人で助かった。
P2254

ポスターのメンバーは、「ハピネスチャージ」以外は全員載ってて、クリア素材だから、なかなかキレイで良い感じ。
んでオールスターズの本編とは違って、各キャラの顔付きとか体型も、ちゃんと原作に近い感じになってるのがナイス!

今まで一番くじやってラストワン賞貰ったの初めてだったけど、ラストワン賞ってちゃんと貰えるんだなあ(笑)。
店によっては客引きに利用するだけで、渡さないんじゃないかって思ってた(笑)。


今回のくじはプリキュアってこともあって、正直やるのに相当躊躇したけど、まあ勇気出して店でやってみて良かった(笑)。
人の動きが大きい店でやると、ざわざわしてて、案外目立たないし。それにせっかくの初のプリキュアオールスターズ名義でのくじだからなあ。
欲を言えば、景品のラインナップに色々注文付けたいけど、とりあえずノルマはこなしたので満足だ。




03月10日
今週は時間があまり無いので、箇条書きで簡単に。

○烈車戦隊トッキュウジャー 第4駅○
・3号のミオ可愛い&タイツがエロい(笑)。 ミオみたいなタイプの子は、
相手に親切にし過ぎて、勘違いされて、異性に惚れられそうだと思う(笑)。

・2号のトカッチは、結構神経質で面倒臭いタイプだ(笑)。
演じてる役者はイケメンなのに、髪型とメガネで損してる気が(笑)。

・怪人の上記2人への突っ込みがイチイチ的確で笑えた。

・電車内のパスを使えば、外で自在に買い物出来るようだけど、
その対価としての労働が、電車内の清掃程度で済むのなら、是非欲しいわ。

・怪人へのトドメのゴムパッチンひでえ!!(笑)。


○仮面ライダー鎧武 第21話○
・貴虎兄さんの紘汰に対する評価は、アレ結構本音も入ってるんだろうなあ。
多分共に戦う同志も欲しいんだろうし、職場の連中は胡散臭いし(笑)。

・阪東さんのアドバイスは、毎度のことながら的確。病気の告知の例えとか、流石スーパー弁護士の元秘書(笑)。

・ミッチは自分と仲間の平穏な生活を守りたいのは分かるけど、どんどん胡散臭い方向に進みそうになってる。

・ナックルは今のところインベス相手に無敗だけど、同じ木の実なのに、黒影やグリドンとのこの扱いの差は何だ?(笑)。

・龍玄&ナックルと、鎧武・ジンバーレモンのライダーキックは燃えた。

・ついに鎧武vsシグルドが完全決着。他のゲネシス組は、鎧武・ジンバーレモンでも敵わないのに、
シグルドだけ普通に負けた&チェリーロックシードまで取られるとは、やはりゲネシス組最弱だったか(笑)。
しかもその後のプリキュアでも、チェリーのアイテムをゲットしてて笑った。


○ハピネスチャージプリキュア! 第06話○
・来週公開の映画の宣伝が開始。前作はパッション&ビートの共演以外色々と微妙だったけど、今回は楽しそうだ、多分。

・ひめがリボンの作った料理にワガママ言ってケチ付けたまではいいけど、フォークを魚に突き刺して、リボンが悲しそうな顔した時は、
流石にひめに対してムカついたかな。あいつワガママ姫なのはともかく、言動がかなり下品なのがちょっとな。レジーナでもあんなことしなかったぞ。

・今回の歴代メンバーは、「スプラッシュスター」のキュアイーグレット。久々に舞見たけど、可愛いなあ(笑)。
実は「スプラッシュスター」本編は飛び飛びでしか観たことないだけど。

てことで、今週もアプリでイーグレットと記念撮影。お相手は、昨日一番くじでゲットしたメロディのフィギュア!!
P2249




03月03日
○烈車戦隊トッキュウジャー 第3駅○
今回はトッキュウ5号のカグラのメイン回。1話からやってる頭の中でイマジネーションすると、
不得意分野でもいきなり強くなるアレの原理が分かったような分からんような(笑)。
しかも一旦スイッチ入ると、自滅するレベルで暴走するのね。

その他でも、メンバー5人に纏わる謎と言い、この作品は表面上はそこそこお気楽な感じだけど、
設定はかなり複雑と言うか、正直まだ細かいところがよく分からん。
この辺同じ脚本家で同じ電車モチーフの「電王」とも似てる部分かな。

あと今回の怪人の登場シーンとか、棺桶とか変な歌とか、割と普通に怖かったぞ(笑)。ありゃ子供はビビるわ。


巨大ロボ戦だけど・・・、あの腹の部分にレッドレッシャーがピンと
立つのは色んな意味でヤバイ。しかも真っ白い蒸気噴き出すな(笑)。


○仮面ライダー鎧武 第20話○
ついにユグドラシルの目的とヘルヘイムの森の謎が明らかに。
あの森は別世界(別時間?)で、滅んだ世界の成れの果てだったのね。
要するに今起きてる現象は、外来種による自然災害なんだなあ。
そりゃ世界観的に完全悪のキャラは作れないし、自ずと人間達の思惑が錯綜するストーリーになる訳だ。

貴虎兄さんや戦極の言う通り、真実を情報公開をしたところで、まず間違いなく人類が力を合わせるなんてことはないし、
それどころかライダーの力の独占を狙って戦争だろうなあ。まあ世間に真実を公表出来ず、
世間に疎まれながら孤独に戦うなんて"仮面ライダー"らしい世界観でいいじゃん。

ユグドラシルはこれまで世界崩壊を防ぐ為には、ビートライダーズをスケープゴードにするのは止むを得ないと考えてたようだけど、
紘汰の正義感も、世界の崩壊が近いこの絶望的な状況を考えれば、子供の戯言でしかない側面はあるんだろうなあ。

つーかゲネシスドライバー組で、ヘルヘイムの侵略(災害)から、世界を本気で守る気があるのは、貴虎兄さんだけで、
他の3人はそれぞれ違う思惑がありそうね。戒斗がまた中二病拗らせて大口叩いてたら、普通にこいつらに歓迎されてて笑った。
戒斗は大口叩くのは良いけど、噛ませ犬ポジションのお前が言っても説得力が(笑)。


バトルでは鎧武と斬月・真の共闘も一部あったけど、やっぱり"戦闘だけ"に関しては、貴虎兄さんの頼りがいはハンパない(笑)。
街ではザック達がインベス退治をやってたけど、ザックあいつクルミなんか使ってるのに、ホント頑張ってるよなあ。
絶対戒斗より戦闘センスあるわ(笑)。


○ハピネスチャージプリキュア! 第05話○
めぐみが人助けをする理由とか、それにひめがどう感化されるか等の話。一応お母さんの受け売りから来てるようだけど、
自分でこれがって言うハッキリした理由は分からない感じな。

最初(第1話から)めぐみの言ってること聞いてて、完全に前作の主人公マナとキャラ被ってるじゃんと思いながら観てて、
まあ今でもそう思ってるけど、今回ナミさん・・・じゃなくて(笑)、敵幹部がめぐみに、人助けをすることに対して、
いい気になってるとか結局自分の為とか自己満足の為に仲間まで巻き込んであんたこそ自分勝手とか、結構ボロクソ言ってたなあ(笑)。
でも聞いてて、このセリフを前作のマナにも誰かが言って欲しかったとか思いながら観てた(笑)。つーかテーマが"博愛と自己中"なら、
絶対避けられない問題なハズなんだけどなあ。んでそれに対して、本人や仲間達がどう切り返すか。
マナは何でああいう言う性格になったのかも最後まで不明なままで、結局話が進むにつれて、
周囲がイエスマンだらけになってて、後日談では仲間達もどえらい規模まで巻き込まれたからなあ(笑)。
この辺「ドキドキ」の残念な部分だったから、今回早くもその辺めぐみ本人の気持ちとか、ひめのフォローが入ったので、ちょっと溜飲が下がった。


バトルは・・・、ラブリーは目から光線出すなよ(笑)、ピッコロかよ。


そして今回の歴代メンバーは、「スマイル」のキュアハッピー。番組がまだはじまったばかりなのに、最初から主役キャラが固まってるよなあ。
ハッピーは何か本編の時とちょっと絵のタッチが違った気がしたけど、妙に可愛く見えたなあ(笑)。

てことで、今回もアプリのハッピーとフィギュアーツのハッピーでツーショットだけど、
ハッピーは髪のボリュームが横に多いから、結構撮影素材としては使いにくいんだよなあ(笑)。
P2248








HOME