×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2014年06月


06月29日
○烈車戦隊トッキュウジャー 第18駅○
ザラムが完全にトッキュウジャーに仲間入りするまでの話。ザラムが本当に悪の組織を抜けたのかって話は、
まあプリキュアでもパッション&ビートの時に、同じような話があったよなあ。

シャドー怪人の名前を呼ばれるとダメージを受けるリングの能力と、ザラムの元シャドーとしての自覚&改名を絡める展開は上手かった。

ゼットがザラムのキラキラを解明する為に、ライトを人質に取ってたけど、捕まってる時の、リングシャドーの拷問がしょぼい(笑)。
そのしつこい拷問のせいで、ライトにリングの能力が通用しなくなった上に、ライトが本名を思い出した模様。
本人はウソって言ってたけど、これ多分本当に思い出したんじゃなかろうか。どっちにしろ何かの伏線だろうなあ。


そして他の4人がザラムの名前を考えてきたことで、ザラムが虹野明として生まれ変わり、闇を消し飛ばしてリングの能力から開放。
初の6人での名乗り&決めポーズだけど、6号だけやたら控えめなポーズで笑えた。
6本指出しただけじゃん(笑)。これで最後まで固定なんだろうか?(笑)。

それと明がシャドー時代に使ってたドリルクライナーをドリルレッシャーとして使ってたけど、
一応レインボーラインとシャドーラインの烈車は互換性があるのか。これもひょっとしたら、何か伏線になるかな?


○仮面ライダー鎧武 第35話○
先週沢芽市に打ち込まれた戦略ミサイルを、王が全部どっかに消滅させてたけど、あれアメリカに転送されてたのか。
つーか撃ち込んだのやっぱアメリカか(笑)。まあやるなら、米か中か半島あたりだろうしなあ。
そんで王が貴虎兄さんのことを捕らえてたみたいな言い方してたけど、兄さん一応捕まってたのか。普通に居候してるようにしか見えなかったが(笑)。

てことで、ミッチが本格的にノアの方舟作戦に乗り出したけど、チーム鎧武の連中は助けるのはいいけど、
やっぱ紘汰の姉ちゃんは外しやがったか(笑)。大体ミッチ友達いなさそうだし、チーム鎧武以外助けるヤツいなさそう(笑)。

この作品のテーマにもなってくるけど、かつてのユグドラシルもミッチもオーバーロードも沢芽市を見捨てた人類も、
あくまで主人公の紘汰に誰かを救う為に誰かを犠牲にすることの是非を迫ってくる形だなあ。
その中でサガラは、そんなのは弱者の理論だから、勝ち残って全てを手に入れろって理屈でくるんだけど。


あとついに湊さんが、直球で紘汰にミッチの裏切りを教えたのに、戒斗の予想通り、紘汰はサッパリ信じない。
二人の「ダメだ、こりゃ・・・」みたいな顔に笑った。まあ紘汰視点から見れば、ミッチに恨まれる理由は全然分からんだろうけどさあ。

そんで廃墟と化した街を彷徨う貴虎兄さんだけど、紘汰に声を掛けようとしたら、自分を殺そうとした湊さんが紘汰達と一緒にいるし、
彼女が仲間になってる経緯を知らんものだから、近寄れない(笑)。遠慮せずに普通に声掛ければいいのに。


後半はついにミッチがモロに本性を現して、紘汰に宣戦布告。まあミッチの言うことも一部分からんでもないけど、
だからってやり方が姑息過ぎるから、全然説得力無いっつーか、正当性が感じられんなあ。

来週はノーマル斬月(貴虎)vs斬月・真(ミッチ)の兄弟対決だけど、
いくら最新型を使っても、ミッチが兄さんに勝てる未来が見えない(笑)。


○ハピネスチャージプリキュア! 第22話○
とりあえずひめといおなが和解。う〜ん、何とも納得いかない和解だった(苦笑)。
いおなはこれまで散々ひめに敵意?き出しだったのに、いざひめが謝罪してきたら
「あなたは悪くない」ってどう言うこと???物(カード)で釣ってきたから?
しかも姉のキュアテンダーがファントムに倒されたのは、いおなを庇って攻撃を受けたせいか。
それなのに、ひめに対してキレてたのは、半分八つ当たり?もうそんな余計な設定増やさなきゃいいのに。
これまでのいおなの主張が結構根本から覆るような事実なんだから。

結局登場人物みんなひめは悪くないで終わったか。ひめも一応いおなに謝ったけど、ちゃんと箱を開けた理由は説明すべきだし、
(被害者のいおなはもちろん、自分の身勝手な都合で戦いに巻き込んだめぐみにも)謝るなら先週みたいに自己保身に走って逃げ回って、
仲間の意思を確認して、自分の身の安全を確保する前じゃないと。
どうにもひめといおながお互いに謝るまでの流れが雑過ぎて、ようやく和解したのに、何とも説得力の無い展開。


それとカードで願いを叶えるのに、結局フォーチュンの力を取り戻すめに使っちゃったけど、何で幻影帝国壊滅とか捕虜にされてる
雑魚プリキュア達を開放するのに使わなかったんだ???いおなの言ってる理屈がサッパリ分からんかった(笑)。

そしてパワーアップしたフォーチュンに、早速ファントムがボコボコにされてたけど、こいつこのまま退場でもよかったのになあ。
バスタオル姿でいつまでも無様に棺桶に監禁されてる雑魚キュア達の姿が見るに忍びない。

いずれ雑魚キュア達は解放されるだろうけど、貴重な10代の間に長期間使捕まってると、進学・就職は大変だろうなあ〜。
ブルーも今回みたいに行こうと思えば、いつでもプリキュア墓場を探し出せるのに、
今まで放置してたような無責任野郎だし、こいつも地球の神のクセに酷いヤツ。



今週の歴代挨拶は、「スマイル」よりキュアビューティ。ビューティさんマジビューティだった(笑)。

写真のお相手は、聖闘士聖衣神話のサジタリアス星矢。
ホントはアーツのマーチにしたかったけど、今日到着すると思ったら、荷物が届かない・・・(泣)。
↓のビューティは、なかなか色っぽくていいけど、こんな顔だっけ?(笑)。
P2376




06月23日
○烈車戦隊トッキュウジャー 第17駅○
ついにトッキュウ6号が登場!!変身するのは、元シャドーラインのメンバー・ザラム。
一応元敵ってことで、烈車の中には入れないみたいだけど、だったらそんなヤツに保線作業なんて、超重要な仕事させるなよ(笑)。

で、この6人目のヤツは、これまでの自分の罪の重さに責任を感じてて、死に場所を求めてるような重症の中二病野郎だったけど、
その罪の内容が、メチャクチャしょぼくて笑った。要は極度の雨男ってだけなのね(笑)。運動会とか潰してくれたら、むしろ俺は喜ぶけどなあ(笑)。
それでみんな罪のしょぼさに呆れてるのに、当人はメチャクチャ責任感じてて、勝手に中二的シリアス演技してるあの妙なギャップが面白かったなあ。


そして死ぬ気満々(笑)でトッキュウ6号に変身したけど、最初武器があるのも気付かず、締め技使ったりと、戦闘スタイルもなかなか笑える。
あのオレンジのカラーリングは、戦隊で言えばバトルコサック以来か〜。戦闘後は、ノリノリで燃え尽きて死のうとしてたけど、あの程度で勝手に死ぬなよ(笑)。

あと車掌&チケット君コンビがザラムの前にトッキュウ6号に変身しようとしてたけど、
変身したのが車掌側ではなくチケット君側だったのが何でだよ(笑)。つーかあの6号人形欲しい(笑)。


○仮面ライダー鎧武 第34話○
とりあえずミッチが味方のフリして、チーム鎧武の溜まり場に帰って来たけど、しばらくミッチのいなかった間に、
他のチームやアーマードライダー達の溜まり場と化してて、もうミッチの居場所が無くなってる(笑)。
しかも戒斗や湊さんに散々バカにされまくってて笑えたけど、哀れなヤツだ。まあ影で他人をコケにして裏切ったヤツの末路はこんなもんか。
それで仕方なく緑オーバーロードの所に戻ってたけど、これは絶対オーバーロード側にも裏切られそうだよなあ(笑)。

更に緑オーバーロードがついに全世界に宣戦布告を開始。こいつこの短期間で、パソコンとか世界中の言語まで覚えたのか(笑)。
ユグドラシルのテロ計画や世界滅亡のカウントダウンが明らかになった直後に、畳み掛けて異世界の人間が宣戦布告してきて、
人類滅亡まで10年が一気に1年にまで短縮されたら、そりゃ世界は大混乱だろうなあ。

緑の宣戦布告に、ザックがブチ切れてユグドラシルタワーに殴り込みをかけようとし、それを凰蓮と城乃内がフォローしに行ってたけど、
もはやこいつらじゃ全然勝てる気がしない(笑)。つーかとうとうザックがこのギャグ師弟の世界観に巻き込まれた(笑)。
てことで、ザックが持ってたスイカで、グリドンがスイカアームズを装着した訳だけど、紘汰は初戦でもちゃんと使いこなしてたのに、
城乃内は師匠がフォローしないと、すぐには適応出来ない模様。それでも一応雑魚軍団を全滅させたのはナイス(笑)。

あとは鎧武・バロンコンビの前で、紘汰の姉ちゃんがインベスにさらわれた。セーラーマーキュリーに変身して・・・はともかく、ちょっとさらわれ方が強引だったような?(笑)。
実質2強の二人がいながら、あの失態。鎧武もさっさとカチドキか極になれば良いのに、オレンジでやられてるし(笑)。この辺「ウィザード」でよくあった展開だったなあ。


ラストは、とうとう世界のどこかの国が、沢芽市に向けてミサイル攻撃を仕掛けてきやがった(笑)。マスコミの反応からして、日本政府も知らなかったっぽい。
それを着弾直前に、全部オーバーロードの王が停止させたことで、市内壊滅は免れたけど、
これまた子供番組にしてはかなりハードな展開になってきたなあ。&ミッチがとうとう完全にブッ壊れた(笑)。


○ハピネスチャージプリキュア! 第21話○
先週ひめが自分の失敗をいおなに暴露されて逃亡&引き篭もったところからの続き。

ひめを引っ張り出そうと、めぐみとゆうゆうが色々やってたけど、まあそれは良いとして、この期に及んで、ひめにギャグ顔ばっかりさせるのは
どうにかならんのだろうか?(視聴者やいおなを)舐めてるだろ。流石にちょっと殴りたく位ムカついた。
しかもあいつここまで追い込まれても、自分が友達に嫌われる心配しかしてないし、顔芸演出と相まって、未だに反省すらしないクズにしか見えないのが、何だかなあ・・・。
そんでひめ周辺をギャグ演出で誤魔化すから、一人ガチ演出で怒ってるいおながバカみたいに見えると言う悪循環。

これって要はせつなやエレンが罪の意識で悩んでる回で、2人に顔芸させてるのに近いからなあ。普通はシリアス演出でやるとこ。

あとはめぐみもゆうゆうも、いい加減ひめを甘やかし過ぎ。この2人いつもひめの太鼓持ちやお世話係みたいな役回りばっかじゃん。
特にめぐみは一応主人公なのに、完全にひめに食われてるし。箱を開けたのがわざとじゃないとしても、全く罪が無いってことはないからなあ。
前作の王様が家族を助けるために、ジコチューの封印と解いた時に、ソードが「愛に罪は無い」とか言ってたのも違和感あったけどさ。

ここまでプリキュアの1人をクズに描いてどうするつもりなんだろう?来週いおなと和解するにしても、何か釈然としない感じが。
そもそも第1話でひめが友達は便利な存在みたいな言い方してたのだって、未だに放置してるしなあ。


今週は「マックスハート」よりシャイニールミナス。残りは黄と青が溜まってるから、2週連続で黄が来たか。
ルミナスに関しては、正直「マックスハート」観てないから、コメント出来ない(笑)。
写真のお相手は、ウルトラアクトのウルトラマンギンガ。
P2375




06月22日
○死神くん 第9話(最終回) ○
ついに最終回、早かったなあ。

食品会社に産地偽装の罪を押し付けられて全てを失った元社員の復讐劇。
この会社もバカだなあ。後々のことも考えたら、せめてクビにする前に、
転職の面倒見るとか今後の生活を保障するとか、色々やりようはあるだろうに。

で、今日の話は犯人に感情移入するか、霊界のルール(&キレイ事)に則ってみるかで、結構見え方が変わってくる話だなあ。
まあ偽装事件の関係者やその家族を皆殺しにするのはやり過ぎだけど、事件を公にして、あいつらの人生ぶっ潰すまでなら、別に悪くはないとは思う。

今回犯人が爆弾テロをやめようとしないことから、死神が止む無く死亡者リストを書き換えて、犯人を無理矢理事故死させることで、
運命を変えられそうになった連中の命だけは助けたけど、死神はあれで「彼の魂だけは救えた」とか言ってたけど、本当にそうかなあ?
結果的に悪魔が事件を公にしてくれたから、彼の無罪が証明されたけど、もしやってくれなかったら、ただの爆弾魔として真相は闇に葬られた可能性だってあるしなあ。
それに一人を殺してみんなを助けただけじゃ、結局産地偽装の罪を被せた会社側と同じことやっただけな気も?
あれ犯人が死ぬ時、体が勝手に屋上の端に吸い寄せられてて、「北斗の拳」のアミバみたいだった(笑)。
ただ社長の母親が説得するとか、キレイ事で改心させるとかせずに、力技で止める展開にしたのは悪くなかったかも。


てことで、ルール違反をやらかした死神と監死官は、消滅する運命になっちゃったけど、最後まで監死官はツンデレ貫いたなあ(笑)。
あと悪魔はやっぱホモか(笑)。それは冗談としても、こいつ何だかんだで、情はあるヤツだったなあ。

ラストで死神と監死官は、人間に転生してたようだけど、
こう言う展開になったってことは、もう続編は出来ないってことだなあ。


本作は原作者が「ついでにとんちんかん」の作者の作品ってことと、そのチョイスが面白くて観始めたけど、結構楽しめたかな。
死神と悪魔の設定とルールの範囲の中での攻防戦も良かったし。

大野君はせっかくだから、今度は抜作先生の役を・・・(笑)。




06月15日
今日は戦隊もライダーもゴルフで潰れたからプリキュアだけ。そうでなくても「鎧武」は、
放送開始が遅れたり、他作品とのコラボ絡みで尺潰されるんだから、余計なことしないで欲しいわ。

○ハピネスチャージプリキュア! 第20話○
先週プリンセスを完全無視して(笑)、ラブリー・ハニーを仲間にしようとするフォーチュン。
そんでやっぱり幻影帝国の封印を解いたのはひめだったか。そりゃいおなもブチ切れるわ。姉が封印されてる状態だし。

まあひめが封印を解いたのが故意が過失か分からんから、そこはともかくとして、ひめの場合は、その後の言動が問題だなあ〜。
めぐみとゆうこも、ほとんどひめの太鼓持ちしかしないけど、ひめは自分の自己保身の為だけに、肝心な秘密をめぐみ達に隠してた訳だし、
自分の都合も悪いことがあるとすぐ逃げるし、いつも色んなことに不平不満ばっか言ってるし、ゴミはポイ捨てするし(笑)、何か普通にクズ過ぎないかい?
そもそも第1話でめぐみをスカウトしたのだって、スゲー適当にギャグのノリで決めたしさ。めぐみを戦場に引き摺り込んだ自覚あるのだろうか?
後で持ち上げるつもりなんだろうけど、ここまで酷く描く必要無いと思うけどなあ。

演出に関しても、フォーチュンが本気で怒ってるのに、当事者のプリンセスやお世話係のリボンが、ギャグ顔でギャーギャー
喚いてたのが何だかな・・・。そこはギャグで茶化していい場面じゃねえよ。この辺マジでハピネスのスタッフはヘタクソだわ。

そもそもひめの背負った重過ぎる十字架とか、世界中で幻影帝国が暴れてて、プリキュア達も次々に倒されてるって言う基本無駄に重い設定と、
当事者のひめやブルーのいい加減な言動が、世界観に全然噛み合ってない気が。オシャレとか恋愛とかやってる状況じゃねーよ。

今んとこプリンセスは、俺の中で歴代の中ではピースと並んで数少ない好きになれないプリキュアなんだけど、
果たして受け入れることが出来る日が来るだろうか?



今日の歴代挨拶は、「ハートキャッチ」より、キュアサンシャイン。パイン以来やっと2人目の黄色枠が来た。
何かムーンライトやブロッサムに比べて、全然動きも無くて、セリフも全く工夫が無くて、結構ガッカリ。
好きなプリキュアなだけに期待してたのになあ〜・・・。演出をカワイイ系で行くか、カッコ良い系で行くのが迷ったのだろうか???
登場時に、空手アクションとかやって欲しかったんだけど。ハートキャッチは残りマリンだけだけど、
キャラごとに露骨に贔屓の激しいプリキュアスタッフのことだから、無駄に気合入れて作りそう(笑)。

あと俺だけかもしれんが登場の時に、「キュアサンシャイン"だよ"」って言ったのにちょい違和感。
「キュアサンシャイン"です"」の方がしっくりくる気が(笑)。

お相手は、フィギュアーツの仮面ライダーカリス。
メディコムのと比べて、目が塗装じゃなくて、ちゃんとクリアパーツなのがナイス!
P2374




06月14日
○死神くん 第8話 ○
会社を倒産させてしまったベンチャー企業の社長が、痛い嫁と息子を道ずれに、心中しようとするところから。

その結局は全員生き残り(旦那は3日後に病死する予定だけど)、嫁と息子は相変わらず痛さ爆発だったけど、
あの旦那は色々汚い手を使って会社をデカくしてあの嫁と結婚したみたいけど、
あんな周囲の力を自分の力と勘違いした高飛車女と何でそこまでして結婚したいと思ったんだろう?(笑)。


んで今回もいつも通り悪魔は妨害してくるんだけど、あいつ段々趣旨が変わってきたのか、死神NO.413のヤンデレストーカー化してきてないか?(笑)。
ホ○のストーカーは怖いぞ(笑)。それに悪魔のセリフに「興味深い・・・」ってのがあったけど、これ仮面ライダーWのフィリップ決めセリフまんまじゃん(笑)。

あとは監死官が子供に「オバちゃん」呼ばわりされたり、死神にまで同じことを言われたら、速攻でボディにご褒美かましたところで大笑いした。


次回はもう最終回か・・・。相変わらずこの枠はすぐ終わるなあ。




06月09日
先週土曜から東宝系の劇場ではじまった
「ゴジラ(1954)」デジタルリマスター版を観て来た。


これはゴジラ誕生60周年記念&来月から公開される米版「GODZILLA」のプロモで行なわれているイベントなんだけど、
第1作目の初代ゴジラは、是非一度劇場の大スクリーンで観たいと思ってたから、すっげー楽しみにしてた。
ホントに世界の映画史に残る伝説の名作だからなあ。そもそもモノクロ映画を劇場で観る機会なんて、そうそう無いもん。
しかも制作されたのが1954年で、60年も前の映画だし。

で、劇場で観た初代ゴジラだけど、デジタルリマスターで修正されてるだけあって、確かにキレイになってるね。
人の顔とか、破壊される建物の模型なんかの崩れ具合もハッキリ見えるし。初代は白黒で画面が薄暗いから、
場面によっては何やってるのか分からないシーンとかもあったんだけど
(それが逆にゴジラの不気味さを演出してたりするから、一概に悪いとは言えない)、今回は結構細かいところまで見れた。

ただ映画の公式サイトの比較動画程は、ハッキリとした違いは俺にはよく分からなかったかも(笑)。
まあPCの小さい画面と劇場の大スクリーンじゃ、濃度が違うから仕方ないけど。

映画はどんな層が観に来るのかな?と思ってたら、まあ当然オッサンとかが多かったんだけど(笑)、カップルや親子連れの小さい子供もそこそこいたなあ。
子供達も結構静かに観てたけど、果たして60年も前のモノクロ映画なんか面白かったんだろうか?(笑)。
正直俺も小学校低学年位の時に初めて観た時はサッパリだったけど、高校生位の時に久々に観たら、
テーマの重さと、ゴジラの恐ろしさに本気で驚いた覚えが(笑)。あと映画終わりに観客の顔見たら、目が真っ赤になってる人もいたなあ。

何にせよ、今回は以前からずっと夢だった体験が出来てホント良かった。これで当時の観客が受けた衝撃の何分の一かでも体験出来たかな?
そりゃあの時代に大スクリーンで、あんな凄い映像観たら、ビックリしただろうなあ(笑)。
予告編で流れた新作ゴジラの咆哮シーンもなかなかカッコ良くて期待が膨らむ!





↓これは劇場で買ったパンフレットだけど、趣旨としては当時の劇場で置かれていたパンフとか掲示物等の復刻版みたいね。
一番左上はポスターデザインのクリアファイル。中身はまだちょっとしか見てないけど、パンフ見るとちゃんとゴジラの中に人間が入ってることなんかバラしてるのね(笑)。
それと当時劇場のロビーに置かれてた宣材(一番左下)を見ると、ストーリーが洗いざらいネタバレされまくってて笑った。
これ映画観る前に読んじゃった人、面白さ半減じゃん(笑)。

その他グッズは、俺が劇場に着いた時には、クリアファイルとかマグカップとか、欲しかったヤツは
粗方完売してて残念。とりあえずこのパンフと、写真一番右のキーホルダーだけ買った。
P2370



↓あと最近の劇場の売店でよく見掛ける、映画とのコラボドリンクカップも買ってみた。
今回のは、来月の「GODZILLA」のフィギュアが付いてるドリンクカップ。これ来月の映画公開より先行だったりするのかな???

しかも店員さんが、飲み物を直接このカップに入れずに普通の容器に入れてくれ、
このカップはキレイな新品のまま渡してくれたのは素晴らしい気遣い。
P2371

この2014年版アメリカゴジラのフィギュア。何か温泉入ってるみたいだけど(笑)、
造形も塗装もしっかりしてるし、飲み物のオマケにしちゃ、えらくクオリティ高いよなあ(笑)。
口の中とかもしっかり作ってるし。しかも実質これが日本初の2014年ゴジラのフィギュアじゃないの?
P2372


前に買ったNECA製のGODZILLAと比べても、全然イケてるじゃん(笑)。
本編観てないから何とも言えないけど、目の塗装なんかはどっちが正確なんだろうね。
P2373




06月08日
○烈車戦隊トッキュウジャー 第16駅○
先週のシャドー怪人をシュバルツが利用して、再度登場。つまりマイッキーの着ぐるみ代での経費削減ってことか?(笑)。

今週は特に言うことも無いと言うか、ずーっとみんな食ってばっかだったような印象(笑)。この作品は脚本がいつもと違う人だと、
すぐ違和感が出るんだよなあ、特にライトのキャラが。それとやっぱ"イマジネーション"の定義の扱いが難しそう。


ラストはついに6人目のメンバー登場の布石が。関根さんのあのアクションは、今度は誰のモノマネだよ(笑)。


○仮面ライダー鎧武 第33話○
ユグドラシルタワーが緑オーバーロード(&ミッチ)に占領され、大混乱のユグドラシル上層部の混乱に紛れて、
とうとう戦極がプロジェクトアークの内容を世界中に公表しやがった(笑)。
しかもプロジェクトアークには沢芽市長どころか、日本政府まで関与してて、
内閣総辞職に追い込まれたとか、いきなり凄い規模の話になったなあ。まあ人類の6/7を間引くとかバレたら、どえらいことだわ。
そんで、自衛隊とか警察が沢芽市を包囲してインベスが市外に出ないようにしてるから、市内はほぼ見捨てられた状態。

てことで、市内はライダー達で守ることになったんだけど、スッカリ仲間になった凰蓮や城乃内に加えて、いつの間にか湊さんまで仲間に加わってたのに笑った。
しかも何で舞と紘汰まで「湊さん」って呼んでるんだよ(笑)。紘汰なんてピーチロックシートをパクったクセに(笑)。
そんな湊さんはスッカリ戒斗のことが気に入ったようだけど、今んとこ戦力だけなら戒斗が紘汰に勝てるとは思えんけどなあ(笑)。

そして紘汰の方は、味覚障害が出始めた模様。これってひょっとして極ロックシードの弊害かな?
「オーズ」の映司も、プトティラになった時に、同じ症状が出て人外化しそうになったし、これはもしかしたら、同じ方向に行くかもなあ。

緑オーバーロード&ミッチの方だけど、これからはとりあえず手を組んでこっちの世界で支配するつもりみたいだけど、
相変わらずミッチは視野が狭いと言うか何と言うか、とりあえず自分の都合の良いものだけ守ろうとするから、まんまと敵の作戦に乗っちゃう。
相手を利用したつもりが、いつか自滅するのがオチだわ。"仲間"の定義も、「ああ、やっぱりね」って感じだったし(笑)。


バトルでは、再び鎧武vsミッチ斬月・真(&雑魚オーバーロード)の戦いになってたけど、極アームズの前じゃ、いくら二人掛りでも手も足も出ない(笑)。
極アームズの全ライダーの武器を使える能力、ホント脅威だわ。
ノーマル斬月の盾の便利さと来たらもう。グリドンのドンカチ(ピコピコハンマー)は、蹴っ飛ばして飛び道具扱いにしてたなあ(笑)。

あとは突然のブラーボの乱入で、とうとう斬月・真が貴虎兄さんじゃないことが見破られた!流石のミッチも、オカマの嗅覚までは誤魔化せなかったか(笑)。
そんで鎧武にトドメ刺されそうになった時に、雑魚オーバーロードを盾にして逃げやがったなあ・・・、まるで王蛇の浅倉じゃん。
こいつここまで外道になったら、もう退路を完全に絶たれた状態だわ。


○ハピネスチャージプリキュア! 第19話○
地元のアル中オヤジ達の変わりに、めぐみ達が地元のサッカーの試合の助っ人をやることに。
そんでそこに、いおなも加わることになったんだけど、相変わらずひめにだけは冷たい。
そして色々あって、仲間とのチームワークの大切さを知ったいおなが、
アッサリと自分がフォーチュンなのをバラして、めぐみとゆうゆうに仲間になるよう勧誘してきやがった(笑)。
この前のゆうこ=ハニーの時と言い、この作品は唐突に正体バラすよなあ(笑)。
しかもいおなは、ひめのことを憎んでるから、声を掛けて名前を呼ぶ時も、ひめ(プリンセス)のことはガン無視しまくるのが笑える。

この前の占いの時もだけど、いおなはどんだけひめに酷い目に遭わされたのか知らないけど、やることがちょっと陰湿過ぎて何だかなあ〜って感じ。
いかにも女のいじめみたいなところがなあ。かと言ってひめも、自分の都合の悪いことは、めぐみ達に隠蔽しようとするし。
自分はゆうゆうがハニーであることを隠してた時怒ったクセに(苦笑)。物語の展開上、二人の因縁はギリギリまで
公開したくないんだろうけど、いい加減バラさないと、ただ単にひめといおなが性格悪く見えると思うぞ。


そして今回ゲストとして、ゴン中山が声優に挑戦(笑)。ちょっと声のトーンが一本調子だった気もしたけど、結構上手かったなあ。
「フレッシュ」に出演したオードリーの2人よりは遥かに上手い(笑)。



今週の歴代挨拶は、「ドキドキ」よりキュアエース。やっと「ドキドキ」から2人目か。流石に1つ前の作品だし、キャラデザにも声優の演技にも、全く違和感無し。
エースは他のプリキュア達とは変身後の特徴が全然違うので、個人的にはエースの状態より、亜久里の状態で出て欲しかった(笑)。

写真のお相手は、最近オクで落札したキュアビートのキーホルダー。
こんなのが存在してるとか知らなかったし安かったから、良い買い物した。
このエースの表情は、エースと亜久里の中間みたいになってるなあ(笑)。
P2367





それと昨日ゲーセンで、ハピネスチャージプリキュア!のとるぷりフィギュアをゲットして来た。
今回割と可愛くて似てるから、良いデキだわ。ヘタすりゃ本編の絵より可愛い気も(笑)。
前のスマイルとドキドキのあつめてフィギュアは、目が別人過ぎて似てなかったし。
あと写真だと伝わらないけど、ラブリーの髪のショッキングピンクが凄くキレイ。

それに今年は何故か等身スケールのフィギュアが出そうにないから(つーか去年のエースすら出てない)
ヘタすりゃこれが食玩以外じゃ唯一のまともなフィギュアになるかもしれん。
P2368

これまでの景品フィギュアとのサイズ比較。個人的には今回の造形(つーか顔)が一番好みだけど、サイズは一番小さいんだな。
ただプリキュアシリーズの景品は、こうやってすぐブランドを変えちゃうから、どれがに統一して出して欲しいわ。でないと、歴代で並べられないし。
P2369




06月07日
○死神くん 第7話 ○
一発屋ミュージシャンの話。自分の才能は一曲目の時点でほぼ枯れてたのにも関わらず、
自分の作風に影響を受けてデビューした後輩の方が実は才能があって、それを妬んで悪魔を使ってしょーもない嫌がらせ。

最初の願いで、自分の曲の売上を更新しようとしたら、それでも後輩が売上で勝ってた時は笑ったけど、
もうあの曖昧な願いの言い方からして、絶対ああなると思った(笑)。

そして最初後輩の方が性格悪いキャラなのかと思ったら、向こうは純粋過ぎる位良い子で、先輩の方が挫折で歪んでやがったなあ。
後輩側からすれば、先輩の嫌味も自分へのツンデレ行為に見えるのね(笑)。


んでまあ色々あって、後輩の方は実はもうすぐ死に逝く定めってことが分かって、流石に先輩の方も反省して、悪事の精算と、
後輩の最期の願いを叶えてあげようとするんだけど、今回の結末は、一応死神NO.413の管理区域内では、
死神が初めて悪魔に敗北したバッドエンドか。もっとも自殺した当事者にとってどうだったか知らんけど。
悪魔も言ってたけど、死者の管理の帳尻合わせなんて、あくまで霊界側の都合で、それが必ずしも当事者達の幸せとは直結しないしね。


この作品の設定、分かってるようで分かってなかったけど、もうすぐ死ぬ運命の相手は、悪魔では手出しすることが出来ないのね。
あれ?先々週の爺さんが悪魔の能力で記憶操作されてたのは、設定矛盾じゃないのかな?"爺さんの命を奪う"だったら無理だったのかな?
あと先輩の方が3つ目の願いを叶えた直後に自殺したから、あれが悪魔が魂を奪い損ねた扱いになるのかと思ってたら、あれでもちゃんと悪魔の契約成立するのか。
契約成立したことで、あの女は魂を食われたんだろうけど、てことは転生出来ずに、存在自体が完全消滅したことになるのか。
別に本人にとってはどうでもいいことだったかもしれんけど、怖いっちゃ怖いなあ。


来週は監死官の物理的ご褒美が炸裂しそうで楽しみだ(笑)。




06月03日
ボークスから発売されているキャラグミンシリーズの、
「ラブライブ!」より東條希がやーっと完成した。

P2327

もー完成まで、本っ当に長かった。確か発売したのって1月位だったと思うけど、2〜4月にプライベートが全く無かったせいで、制作を凍結。
で、4月下旬から再開して、ようやく完成までこぎつけた訳。その間に、穂乃果とかも発売されちゃったんだよなあ。

今回塗装に関しては、海未の時のノウハウがあったおかげで、そこそこスムーズにいったかな。



↓色んな角度から撮影。

●全体像●
真横や後ろから見ると、結構危険な衣装やん(笑)。
P2328
P2329
P2340
P2341
P2342
P2343


●もうちょっとアップ●
P2344
P2345
P2346


●バストアップ●
P2347
P2348
P2349


●下からのショット●
P2350
P2351
P2352
P2353
P2354


●下からのバストアップ●
大迫力のオッパイやん(笑)。
P2355
P2356
P2357


●メッチャ下からの際どいショット!(笑)。●
P2358
P2359




余分な部分を切除して、整形した直後の各パーツ。

前に作ったのとは若干デザインが違うとは言え、基本的には同じ要領で作れたんだけど、
髪の毛の細かいパーツが多かったのが面倒だったのと、のんたんと言えば誰が見ても分かる通り、
メンバー中最胸を誇っているお方なので(笑)、そこは徹底して気合い入れて塗装した!
P2360


今回も影になる部分等の塗装に関しては、タミヤのウェザリングマスターを使用。

・肌の影の部分   →Hセットのペールオレンジ
・頬のチーク     →Hセットのピーチ
・衣装の影の部分  →Dセットの青焼け


塗装用のスポンジは前回のヤツを使いまわそうとしたら、ちょっと塗装面が汚くなったので、どんどん新しいスポンジを使用。
スポンジはそもそも1本しか付属してないから、代用品としてダイソーで売ってるアイシャドウを塗る道具が使っているので、
遠慮無くガンガン使う。どうせ100円で数本入ってるし、ケチなことはしない。


ウェザリングマスターのシリーズは、人物塗装用のものをもっと増やして欲しいなあ。
髪の毛のグラデ塗装用とかさあ。今回衣装用に使った青焼けも、本来の使用用途とは違うから、
濃くなり過ぎないように、さじ加減が非常に難しいの。スポンジと綿棒と筆と水を駆使してやってるし。

あと一応前髪だけはエアブラシで軽くグラデ入れてるつもりなんだけど、写真じゃ全然分からんなあ・・・(笑)。





↓まあ組み立てちゃうとほとんど見えないんだけど、そんなことは関係無しに、
下着やお腹の部分も徹底的に塗装(笑)。
P2361

今回お尻の部分は、ちょっとやり過ぎちゃったかな・・・って、気がしなくもない。
P2362


そして・・・のんたんの外見的な部分で最大の特徴となるデカい胸の部分は、気合入れて塗装!!

そもそも3次元である模型とは言え、胸の膨らみの凹凸の影を強調することで、より立体感が増すからね。

でもポージングのせいで、下からの角度でないと、あまりよく見えないのが残念(笑)。
前の海未はともかく、なぜ肝心の希までこんなポーズに?(笑)。まあ立体化前提のポーズじゃないから、しゃーないけど。
P2363

谷間んとこの影も、これがあるか無いかで、結構変わる。
P2364
P2365


それと仕上げのトップコートは前回同様、髪・肌・衣装はつや消しにして、透明のヒラヒラのヤツは光沢、ブーツは半光沢にした。
台座は今回も当然ミラー状(笑)。ミラーで覗き込む為ってのもあるけど(笑)、
若干とは言え、光を下から上に反射してくれるって言う機能もあるの。



目と眉毛はデカールを貼るんだけど、今回正面から見て左側の目を貼ろうとした時に、
いじり過ぎたせいか、睫毛部分がブチ破れた時はメチャクチャ焦った。
予備が付いててホントに良かったわ(笑)。そもそも希は、垂れ目気味なのもあって、位置合わせがちょっと難しかったの。
某店に従業員が作ったと思われる完成品が展示されてるんだけど、左右の目の高さが違ってて、福笑い状態になってたし(笑)。

1.何もしてない状態
2.口の中を塗装
3.舌を塗装
4・唇を塗装
5.マスキングテープであたりを付けて、目を貼り付け。
6.同上で、眉毛を貼り付け。
7.一旦顔につや消しトップコートを吹いて、頬にチーク塗装
8.イヤリング取り付け&デカールの瞳部分と口内&唇に水性クリアを塗って完成。7と8で口の光り具合が全然違うでしょ?  


P2366


てことで、ようやく完成。
前回の海未を作った時は、友達んちで第1期本編を軽く流し観した程度で、各キャラの名前もほとんど覚えておらず、
誰にも愛着が無い状態だったんだけど、現在第2期放送中なのもあって、各キャラの名前も覚え愛着が湧いてきたことで、
他のキャラも作りたくなってくるから困る(笑)。

この記事を書いてる時、さっきBS11で第9話(最終予選)を観たけど、最後のライブ映像の
のんたんいつもと髪型違ったけど、最初誰か分からんかった(笑)。でもあれも似合ってて、素敵やん!




06月02日
一昨日はフィギュアーツの仮面ライダー鎧武(オレンジアームズ)、
仮面ライダーバロン(バナナアームズ)、キュアハートを買った。

一回で3つも欲しいのが出ると嬉しい悲鳴が出るわ(笑)。

↓この鎧武とバロンの初回特典で付いてたOP映像再現用の金屏風と漆黒のステージが
なかなか使い勝手が良くて、面白いアイテムなんだよなあ。
P2308


現在最新作の「鎧武」だけど、今回は例年よか現行主人公の発売が遅くなった訳だけど、
その価値は十分あったと言うか、ほとんど文句無しのレベルで造形もバッチリで恐ろしくカッコ良いなあ〜。



●仮面ライダー鎧武 オレンジアームズ●
やっぱアームズチェンジと違って、角の鋭角さとかクリア塗装とか劇中通りだから、素晴らしくカッコ良い。
この変身直後に時々やるポーズだけど、これまでに出たアクションフィギュアだと、
何気にこれを再現するのが厳しかったのよね。でも今回ようやくビシッと決まった。このポーズ凄い好きなんだよねえ。
P2309


●仮面ライダーバロン バナナアームズ●
最近テレビ本編では、株が上がりまくりの戒斗さん(笑)。バロンはアームズチェンジの方でも、
十分カッコ良く見えたんだけど、こうやってアーツの実物を見てみると、やっぱ全然こっちの方がカッコ良いわ。
P2310


ライバルとも戦友とも仲間ともつかない微妙な関係の二人だけど、とりあえず並べてみる。
この金屏風とステージのおかげで、もう何をやっても絵になる。

最初アーツに関しては、主役の鎧武だけ買って、あとはアームズチェンジだけで十分と思ってたけど、
ここまで造形がカッコ良いと、みんな欲しくなってホント困る(笑)。造形・塗装・可動域に関してはアーツの方が上だけど、
鎧装着の再現とかライダー間の鎧交換とか劇中再現力はアームズチェンジの方が上だし、それぞれ一長一短あって、どっちも欲しくなるんだよなあ。
P2311
P2312





お次は、「ドキドキ!プリキュア」の主人公、キュアハート。
「スマイル」がまだ途中だけど、「ドキドキ」もスタート。

上記の鎧武・バロンも素晴らしかったけど、こっちのキュアハートもなかなかのもの。可動とかもすでに発売されてる「スマイル」の3人より、また進化してるような?
色々試したけど、ほとんどストレス無く色んなポーズ取れたし。顔も正直「スマイル」組は似てるとは思ってなかったけど、今回のハートはちゃんと似ててカワイイ!


「みなぎる愛、キュアハート!」
P2313

「ハピネスチャージ」の挨拶時の、ちょっと斜めからの角度。
P2314


「このキュアハートが、あなたのドキドキ、取り戻してみせる!」
あーもう、カワイイなあ、おい!(笑)。
P2315


ED曲(前期・後期)でのポーズ。
P2316
P2317


ここからは必殺技。
「あなたに届け、マイ スイートハート!」
P2318

ラブハートアロー。
ハートでハートをブチ抜くぜ!
P2319

ラブリーフォースアローの時。
P2320


相棒のシャルルとのツーショット。
P2321


ようやく実現。俺の自作マナとのツーショット!!
もちろん同じポーズ(笑)。
P2322


いやあ〜、今回は3人ともいじってて、メチャクチャ楽しかった。
「プリキュア」アーツに関しては、「スイート」を素っ飛ばして、「スマイル」→「ドキドキ」と来た時はムカついたけど、
こうやって日進月歩で進化してるし、一応メロリズの塗装済みサンプルも出てることだから、
いずれ発売されるとは思うから、それなら遅くなってかえって良かったかもね。
メロリズのサンプルも、すげー顔もスタイルも似てたもんなあ。

それに「スマイル」組はお布施と思ってとりあえず買った程度だけど、「ドキドキ」は大好きな作品だから
ハートでガシガシ遊べるのがスゲー嬉しかった。今年は「スマイル」「ドキドキ」が順調に出てて、「スイート」もサンプルが出来てるし、
しかもメガハウスのキュアビートの発売も控えてるし、去年のピース地獄でウンザリしてた頃を思えば、まさに天国な状態だわ。


ライダーに関しても、現行作は無理に早く出さなくて良いから、今回みたいに良い物をじっくり作ってから、発売して欲しい。
ディケイド〜ウィザードはホント残念だったからなあ(笑)。



一番最初にもスリーショットを載せたけど、ハートはちょうどゲネシス組のソニックアローみたいな武器を持ってるおかげか、
あんま違和感無く紛れてる(笑)。いずれ同じトランプのハートモチーフのカリスとの武器交換も出来るな(笑)。
P2323


@鎧武とバロンがケンカ中。
P2324

A「ストーーップ!」
P2325

B「君と手と手繋いだら、もう友達だよ」ってことで、マナに止められたら、 流石にケンカは止めざるを得ない(笑)。
戒斗さん理論の強さが云々って言っても、マナも相当強いぞ(笑)。
P2326




06月01日
○烈車戦隊トッキュウジャー 第15駅○
ミオのメイン回。これまで何となくミオが一番イマジネーションが
低いみたいな雰囲気があったけど、その部分に触れた内容。

で、ミオの心の中から何が出て来るかと思ったら、マイッキーとか言う訳分からんゆるキャラみたいなのが出てきて大笑いした。
しかも声が「ドキプリ」のレジーナの人だったし、キャラ的にもワガママ天の邪気みたいなヤツだったから、
もう途中からレジーナに見えてきたし(笑)。トッキュウジャーの決めポーズの中に、どさくさに混ざるな(笑)。

最後ミオを庇って死んだ(?)けど、感動していいのか笑っていいのか微妙な心境に(笑)。
結局ミオは実は別にイマジネーションが弱い訳ではなかったんだろうけど、そうなると最下位はヒカリか。

いつも思うが、ミオはあの黒タイツのフトモモがエロくて、目のやり場に困る(笑)。
今日も倒れて後ろから映ってる構図の時とかヤバかったし。


シャドーライン側では、今回初めてグリッタが作戦指揮を執ってたけど、
何か色んな派閥から都合の良いように利用されてる感がありありだよなあ〜。


○仮面ライダー鎧武 第32話○
バロンとナックルが赤オーバーロードに立ち向かうところから。チームバロンコンビ2人の見事な連携で、
じわじわ赤オーバーロードを追い込んでたけど、いくら敵が消耗してるとは言え、ナックルのあの強さは何なんだよ(笑)。
劇中で最低ランクのロックシード使ってるのに、凄いなあ。でも最後に戦極が余計なことしたせいで逃げられた(苦笑)。

オーバーロード側では、赤に続いて緑が沢芽市に侵攻して来た。シドによって閉じられた人工クラックをこじ開けて来るとはな。
しかもミッチは何普通に一緒に行動してるんだよ(笑)。ユグドラシルタワーからヘルヘイムの植物が大量に流入してきて、ドエライことになってたけど、
まさかの戦極が自分一人だけさっさと逃亡(笑)。どっかの社長みたいなヤツだな。これによって湊さんは一人見捨てられた感じに。


てことで、後半は現状戦闘可能な全ライダーでの総力戦になってたけど、バロンを中心に纏まって、割と良い感じに連携プレイしてた。
最近の戒斗の頼りがいは異常だな。湊さんは戦極を見限って、戒斗に付くかな?それにブラーボとグリドンがここまで頼もしく感じるとは(笑)。
今回の総力戦に付いていけるとは、城ノ内あれからちゃんと特訓してたんだな(笑)。


そして主人公の紘汰は、サガラの思惑にまんまと乗る形で、極ロックシードを手に入れて、最強フォームの極アームズにパワーアップ。
サガラも単なる親切でやってるんじゃないことは認めてたけど、これがもし罠だとしても、現状紘汰には他に手段は無いわなあ。
極アームズは先週の予告でデザインをパッと見た時は、フォーゼか烏賊にしか見えなかったけど(笑)、
全身のデザインと動いてるところを見たら、威圧感あってなかなかカッコ良いじゃん。
他の主役ライダー達の最強フォームと違って、初期フォームから逆に軽装化するデザインなんだな。
んであの鎧って、織田信長の南蛮胴がモチーフなのね。(史実には記録されてないらしいが)全ロックシードの武器を操れるから、和洋折衷ってことか。
政宗(オレンジ)→家康(カチドキ)→信長(極)って感じで、鎧モチーフ取ってるのかな?

最近の最強フォームは、全部の能力が使えるってパターンが割と多いけど、極もコズミックみたいに速攻ヘタれなきゃいいけど(笑)。


○ハピネスチャージプリキュア! 第18話○
ゆうゆうんちの弁当屋で、結婚式をすることに。まあ本人達の意向でやってるからいいけど、
世間的に見たら、安っぽく見える気が(笑)。しかも演出プラン出してるのゆうゆうのクラスメートだし。
今回大森家全員登場したけど、ゆうゆう姉結構可愛かった(笑)。

結婚絡みの話になった時に、またブルーが恫喝気味に恋愛禁止を念押ししてたけど、お前役立たずなクセに偉そうだな(笑)。
しかしここに来て、4人全員この言葉に見事無反応だったけど、本当に恋愛扱う気あるのかな?

最後の結婚式では、凄まじいボリュームの唐揚げタワーが出来上がってたけど、あれ屋外であんなことすると、
下の方が油でべチャべチャだったり、虫が寄ってきたり、そもそも冷えてマズいと思うんだけど・・・(笑)。
まあ結婚式中のメンバー達の衣装みんな可愛かったな。


今日の歴代挨拶は、「フレッシュ」のキュアピーチ。これでもうフレッュ組は最後なんだなあ・・・。
相変わらずフレッシュ組は、こっちに必殺技ぶっ放す(笑)。一応今週は結婚式ネタだし、
声優が最近結婚した&決めセリフが「幸せゲットだよ!」なピーチのチョイスは、まあ妥当かもしれない(笑)。

ただ構図がパッションがほとんど同じで、演出に目新しさが無いから、あんまパッとしなく見えたのが残念。
俺の大好きなプリキュアの一人なのに・・・。挨拶の担当者は2人いるみたいだけど、「スイート」担当してる人は、演出上手いよなあ。
俺にとって「フレッシュ」は、シリーズで初めて最初から最後まで観た作品で思い入れがあるし、
今でもピーチのデザインのカッコ良さ&可愛さは、歴代トップクラスだと思ってる。

まだ番組は半分も行ってないのに、フレッシュ組全員終了、緑2人も終了、ドキドキ組はまだハートだけ、主役はあとブルームだけ、
黄はまだパイン1人と、全体のバランスとかちゃんと考えてるのかなあ?後半で黄色ばっかとかしなきゃ良いけど。
最後のトリはホワイトだと思うけど、もし露骨に贔屓されてるように見えるマリンとかピースとか持って来たら、ちょい失笑もの。

今回の写真のお相手は、昨日買ったアーツのキュアハート。ハートは良いデキだったし、このピーチの3Dモデルも超カワイイじゃん!
基本フレッシュ組の3Dモデルは、全員ハズレ無し!!
P2307








HOME