×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2014年08月


08月31日
○烈車戦隊トッキュウジャー 第26駅○
今日はほとんどギャグ回に近かったかな(笑)。タイムグリーンの詐欺に遭った(笑)西田健の銭湯を、
明・カグラを中心にトッキュウジャー達が閉店から救おうとする話。
タイムグリーンの人は、もうシオン役だったと言われなきゃ分からない位に見た目変わったよなあ(笑)。

まああんな詐欺に引っ掛かる店主も大概だけど、勝負湯とかスーパー銭湯は、
あれはあれで上手くやれば店が流行りそうな気がしなくもない(笑)。


そして明は猫萌えの他に、銭湯好きなことも発覚。風呂に入る前に、店先でニヤニヤしてたら、変質者にしか見えんぞ(笑)。
しかも明は野郎4人で銭湯に入る時、完全に銭湯奉行だったな。
風呂上りに腰に手を当ててコーヒー牛乳を飲むのは、もはや法律で決められてるレベルの常識(笑)。

あとは女の子2人の入浴シーン、ありがとうございました!!
野郎4人は2人の声が聞こえてきた時にソワソワするな(笑)。


○仮面ライダー鎧武 第43話○
何か凄まじく一気に色んなことが巻き起こったなあ・・・。平成ライダー初期レベルの、子供番組にしてはドギツイ描写が満載。

まず鎧武・極vs龍玄・黄泉だけど、紘汰の捨て身の戦法で、強引にヨモツヘグリロックシードを取り外して、戦闘終了。
ミッチはようやく自分のやってきたことの罪の重さに(ある程度は?)気付いたっぽい。紘汰はマジでこれで死んだか?まさかな。

そんで贖罪として、せめて舞だけでも救出しようと思ったら、今度は舞死亡&戦極に騙されてたことに気付いて自我崩壊寸前の大ショック。
戦極は朝っぱらの子供番組で優雅にワイン飲むなよ(笑)。ミッチは貴虎兄さんのことを「一番信用してはいけないヤツを信用する」とか言って
バカにしてたけど、レデュエや戦極を利用しようとして手玉に取られたお前が言うなよ(笑)。

戦極がミッチに言った「貴虎に教わらなかったのか?何故悪い子に育てちゃいけないか、その理由を。
"嘘つき""卑怯者"そういう悪い子供こそ、本当に悪い大人の格好の餌食になるからさ。」は
結構刺激が強いとは言え、なかなか良いことを言ってた(笑)。子供番組だからこそ、悪いことをした人間には
相応の報いがあることをキッチリ伝えないといけないからなあ。
30分後の番組なんて、正義面したクズ共が平然と跋扈したまま放置されてるし。
戦極は他人に譲渡した(戦極ドライバー以外の)ゲネシスドライバー全部に爆破スイッチ仕掛けてたし、ホント狡賢さはハンパない。

そんな戦極さんも、ヘルヘイムの実を食ってオーバーロードと化した戒斗の手によって、とうとうお亡くなりに?
これでもかって位スゲーボコボコにされてたけど、壁にめり込まされてもそこそこ元気だった戦極さんスゲー(笑)。
最後はビルから落下して消えていったけど、流石に死んだよな?戦極は俺的にはこの番組で一番好きなキャラだったから、
ここで退場は非常に残念。こいつはホントに良い悪役だった。凄まじく悪辣で下衆なヤツなのに、どこか愛嬌のある絶妙なバランスのキャラ。
演じた青木君も、良い演技だったし、「牙狼」とのギャップもなかなか(笑)。


戒斗はヘルヘイムの実を食っても自我を保ってたけど、これは一応戒斗自身の根性と、ヘルヘイムの毒素にある程度体が慣れてたのが幸いした感じかな?
戦極を殺す時に、自身が作ったベルトの力に拘る戦極をバカにするようなことを言ってたけど、強さに拘る割に、番組開始からずっとドライバーや
ヘルヘイムの実みたいな他者からもたらされたアイテムばっかでお手軽に強くなったヤツが偉そうなこと言っても説得力無いぞ(笑)。
自分の努力と才能で、強くなる為のシステムを開発した戦極の方がよっぽど凄い。


そして番組の大きな謎だった金髪舞の正体だけど、未来から来た舞だったのね。未来を変えようとして、番組初期やカチドキ登場時のライダー達に
訴えてたみたいだけど、まああんな言い方じゃ、そりゃ伝わらないよな(笑)。あと一緒についてくるサガラの動きが(笑)。
そもそも何で今週だけサガラはいきなりDJのカッコに戻ってたんだろう?(笑)。


○ハピネスチャージプリキュア! 第30話○
大量の女子中学生達をバスタオル一枚にして現在監禁中の変質者ファントムが久々に攻めてきた。
そんなファントムが、大量の女子中学生達を騙して捨て駒の兵隊にして自分の女性問題解決に利用しようとする
詐欺師ブルーを攻撃しようとしたところを、めぐみが庇って戦闘がはじまってたけど、
頭の弱い女の子が詐欺師に騙されてるようにしか見えないのが何とも(笑)。
所詮ブルーとファントムの戦いなんて、クズと変態の潰し合いだしなあ(笑)。
男として責任を取る気も無いクセに、ミラージュと女遊びをした挙句に、プリキュアを悪堕ちさせたブルーの罪は重いな。

そしてかつては圧倒的に強かったファントムだけど、ラブリーも相当強くなってるもんだから、結構良い勝負。
2人のアクションシーンは、なかなか見応えあったし、ラブリーカッコ良かった。
で、ここでファントムがアンラブリーとか言う悪のラブリーみたいなのに変身。・・・これって女装だよね?(笑)。
女子中学生誘拐監禁の次は、女装しての言葉攻めとは、ホント変質者だなこいつ。
番組的にはイケメン枠のつもりなんだろうが、ただの気持ち悪い三下悪党だわ。

最後は他の3人の友情&新アイテム登場でファントムを倒したけど、もう気持ち悪いから、さっさとファントム退場しろや。
あと4人の口紅だけど、去年のエースの時も思ったけど、やっぱりケバイわ(笑)。


今週の歴代挨拶は「5」のミルキーローズ。コレで「5」は最後やね。相変わらずの太眉だったけど、何か可愛くなってた(笑)。
写真のお相手は、真骨彫の仮面ライダー響鬼。ちょうど紫同士やね(笑)。
P2405




08月26日
○ウルトラマンギンガS 第7話○
ガンQとファイヤーゴルザが登場。
よく分からなかったけど、今回ガッツ星人が1人で同時に2体に変身してたのかな???

今回ついにUPGの基地の中に、敵が侵入してきてしまったんだけど、思ってたより基地デカかったのな(笑)、モブ隊員もそこそこいたし。
んでガンQがシェパードからビクトリアン(だっけ?)を吸収しようとしてたのを、パラボラからの謎ビームで阻止してたけど、
相変わらずUPGは強いのか弱いのか分からん(笑)。


基地内での戦闘の中では、ついにアリサがワンゼロを倒した。アリサって何気にいつも戦闘強いんだよなあ(笑)。
ワンゼロは銃弾直撃食らって機能停止したけど、これで出番最後かな?
それとワンゼロが持ってたルービックキューブみたいなヤツを友也がジャンナインの操作ツールを使って機能停止させようとしてたけど、
アリサが解体中ずっと謎ルービックキューブを持たされてて、ずっとエロい悲鳴を上げてたのに笑った。
あれ音声だけ聞いてたら、どう聞いてもいかがわしいをやってるようにしか聞こえんわ(笑)。


バトルではガンQはビクトリーのビクトリウムシュート、ファイヤーゴルザの方は何とギンガストリウムが
ゾフィー兄さんのM87光線を使って倒した(笑)。あの技ってまともに決まってるイメージあまり無いもんなあ(笑)。
とりあえずギンガの頭に、火が燃え移ったりしなくて良かった(笑)。

あと戦闘が終わった後は、ウルトラマン2人とシェパードで、変身したままのんびりくつろいでんじゃねえよ(笑)。
何気にウルトラマンでああ言う抜けたシーンって少ないからなあ。


ラストはチブル星人が怪獣5体を使って、ファイブキングとか言う合成怪獣にライブ。
使われた素材は、みんな平成3部作の怪獣ばっかだな。まさに平成版タイラントか。


そういや今日は、アルフィーの主題歌CDの発売日だったか。明日あたり買いに行こう。
「ギンガ」で流れる曲って第1期も含めて、名曲多いんだよなあ。




08月25日
○烈車戦隊トッキュウジャー 第25駅○
人間のイマジネーションから微妙に実体化させ損ねたおとぎ話の主人公達が登場してたけど、
みんなやる気無いかガラ悪くなっててメチャクチャ笑った。

桃太郎は何でああも呼び捨てにされることを気に掛けてるんだよ、
あと赤ずきんはペットボトルの水飲んでるんじゃねーよ(笑)。


んでこいつらを逃がす過程で、ミオとカグラが赤ずきんとシンデレラの囮になってコスプレをしてたけど、
ミオの赤ずきんはスゲー似合ってて可愛かったなあ。カグラの方は・・・、ちょっと骨格がゴツイから、
ああ言うドレスとか金髪ズラが似合わないんだよなあ。逆でやれば良かったのに。

そしておとぎ話に紛れて、トカッチのイマジネーションの中からリョーナイトとか言う謎キャラが登場、しかも強い(笑)。
このキャラの出自を見る限り、要するにミオのマイッキーと同じやね(笑)。結局リョーナイトはトカッチのアニキがモチーフだったんだけど、
アニキ役が「ウルトラマンギンガ」第1期に出てた健太役の子じゃん。


あと今回何気にトカッチとミオの恋愛要素がチラチラ入ってきたなあ(前々からそんな予兆はあったけど)。
最後の2人きりで話すシーンで、トカッチが悪気無く余計なこと言って台無しになるオチかと思って観てたら、そんなことは無かった(笑)。


○仮面ライダー鎧武 第42話○
何もかも失ったミッチが、せめて舞だけは守ろうと決意し、戦極から渡されたヨモツヘグリロックシードで今度こそコウタを倒す覚悟を決めた。

もうミッチは自分の目的も立ち位置さえ訳分からなくなってるんだろうなあ。だから舞が以前どんな顔をしてたのかすら思い出せない。
そこに追い討ちかけて、貴虎兄さんの幻にボロクソ言われてたけど(笑)、あれも要はミッチの深層心理の中の自分に対する本音だろうし。
その上戦極の口車に簡単に騙される。

そしてヨモツヘグリロックシードを使って、龍玄・黄泉に変身。やーっとミッチがブドウライダーに返り咲いた(笑)。
この終盤ギリギリになって、3号ライダーに最終フォームが出るとはなあ。
でもキウイとブドウのスーツを流用してリペイントしただけっぽいけど(笑)。

ヨモツヘグリ(黄泉戸喫)って何のことか調べたけど、日本神話に出てくる黄泉の国のかまどで煮炊きされた物を食う行為のことで、
これをやっちゃうと二度と現世に戻れないのね。すげえ怖いのをモチーフにしてきたんだなあ。
しかも出典の神話の中にぶどうも出てくるみたいだから、多分番組制作当初から予定されてたアームズなんだろうなあ。

龍玄・黄泉は、G4とかカイザとかダークキバみたいに、変身するだけで命の危険がある超危ないライダーみたいだけど、
何か今回だけ見てたら、正直そんなに強くない気が?(笑)。ほっといたら、勝手に自滅しそう。


あとは戒斗の方だけど、最近は頼りになる仲間として良い感じだったのに、オーバーロードが全滅した途端、
まーた中二病が再発しやがった(笑)。まあこれでこそ戒斗かな。

それにとうとうヘルヘイムの植物が体内に侵食してるのを湊さんに見つかっちゃったし、
メインライダー3人(兄さんは生死不明だから除く)それぞれクライマックスに向けて、ヤバイことになってきた。


○ハピネスチャージプリキュア! 第29話○
ようやくブルーとミラージュの間に、かつて何が起こったのか明らかに。まあ分かっちゃいたけど、やっぱりブルーは最低のゴミクズだな(笑)。
結局今の戦いって、こいつの痴情の縺れが発端かよ。

ブルーは地球の神って立場上、博愛主義者じゃなきゃいかんのは分かるけど、だったら最初からミラージュ(になる300年前の巫女)とイチャイチャするなよ。
今のめぐみに対してだって、一人だけ「ブルーって呼んでいい」とか言ったり、お姫様抱っこでベッドに運んだりと、
恋愛経験の無い子供に思わせぶりな態度取ったりして、無自覚か知らんけど、女グセの悪さがとんでもねーし(苦笑)。
プリキュア達に恋愛禁止とか言ってるのも、お前個人が女との別れ話で失敗したからなだけじゃん。恋愛禁止すべきなのは、お前一人だけだよ。

まあめぐみもハッキリ言って頭弱い子だから、ブルーのこと庇ったりとかしてたけど、でもブルーは300年も元カノからのらりくらり逃げ回った挙句に、
世界中の何の事情も知らない少女達を、プリキュアとして捨て駒扱いで戦場に送り込んで、メンヘラ化した元カノ達を倒そうとしてたんだぞ。
しかも自分は戦闘には参加せず、自らの手は一切汚さない形で。挙句現在捕虜にされてるプリキュア達は放置。これでクズじゃなきゃ何だよって感じ(苦笑)。

箱を開けた後のひめの無責任で自己中な態度と言い、ブルーの卑怯で極悪非道な態度と言い、製作者サイドはプリキュア側(=正義側)のキャラ達が、
幻影帝国の悪役キャラも真っ青のクズキャラになってるって自覚あるのかなあ???これなら同じクズでも、まだ「鎧武」のミッチの方が全然マシだわ。


歴代挨拶は「スマイル」からキュアピース。こいつも制作側の贔屓キャラだから、先週のマリンみたいに優遇して作られるのとか思ったら、案外普通だった(笑)。
何かリアルタイム時より成長して落ち着いたような雰囲気だったなあ。正直ピースは今まで歴代の中で数少ない嫌いなプリキュアだったんだけど、
今のプリンセスのクズっぷりを見てたら、もう別にどうでもよくなった(笑)。やよいは内弁慶で調子こいたり、軽くウソ付いたりはするけど、
やる時は死に物狂いで戦ってたし、別に根性腐ってる訳じゃないからなあ。ひめやブルーみたいな姑息な卑怯者とは違う。

写真のお相手は、アーツのセーラーサターン。こいつも当時オタ人気あった(笑)。
P2404




08月21日
○ウルトラマンギンガS 第6話○
かつて地底世界から追放されたビクトリアンの最後の生き残りの女の子が登場。
登場していきなりネックレスがドアップになったのはいいけど、
この子の胸がえらくデカいものだから、そっちに目が行ってしまった(笑)。

そして今の女王様は、かつて内紛で追放されたビクトリアン達の存在を知らなかったみたいだけど、
過去にそのこと自体が都合が悪いから、歴史から抹消されてたんだな、なんつー国だよ(笑)。


今回は巨乳ビクトリアンの変身するゴモラと、アンドロイドねーちゃんが変身するファイヤーゴルザが登場。
ゴモラが久々に悪役か?と思いきや、巨乳さんがショウや女王様に心を開いたことで、結果的に悪役には回らなかったなあ。
しかもレイがいないのに、超振動波まで使ってたし、いつの間にか普通にゴモラの必殺技扱いになっとる(笑)。

ファイヤーゴルザの方は、俺動いてるの初めて観たけど、ゴモラを圧倒してボコボコにしてた上に、尻尾まで切断しやがった。
ゴモラの尻尾切断なんて初代ウルトラマン以来だろうか?最近こう言うグロ描写はあまりやらないからなあ。


今週は尻尾切断以外にも、結構特撮の撮影の構図が見応えあったなあ。巨大感がちゃんと感じられるように工夫してたし。
ビクトリーがファイヤーゴルザを倒す時に、EXレッドキングナックルでパンチを食らわせてたけど、ヒット時の衝撃の演出が、
今までに見た事無いようなエフェクトで、かなり凄かった。
火薬による大爆発でジオラマを派手に破壊しなくても、ああ言う方法もあるんだなあ。




08月18日
○烈車戦隊トッキュウジャー 第24駅○
今週はワゴンちゃんの謎の脳殺ポーズからスタート(笑)。

グリッタを取り込んでシュバルツを始末したゼットが、シャドーラインに戻ってきたことで、さっそく幹部連中が各々活動開始。
思えばゼットのことを本気で心配してるのはネロだけか。ノア婦人はゼットに媚びると見せ掛けて、いきなりゼットを刺殺しようとしたものの、ナイフが全然効きやしない。
ゼットはノア婦人達に散々反逆されたにも関わらず殺したりしないあたり、器がデカイのか、ノアごとき全く問題にもしてないのか。


トッキュウジャー達は、闇に飲まれた街を救出しつつ、自分達の街を探すことになったんだけど、一度闇に飲まれてしまった街の中では、各々変身が30秒しか持たないのね。
しかも最初の無駄に長い名乗りの時間までしっかり含まれてて、名乗りが終わった途端に、全員一斉変身解除しててメチャクチャ笑った。
まだ番組半分残ってるし、素面名乗りする時期じゃないぞ(笑)。

てことで、少しでも変身時間を長くする為に、乗換変身を1人で5回やる作戦を立ててたけど、最近は乗換変身をイイ感じに戦略に組み込んでくるなあ。
ライトは30秒で5人分のところを、合計100秒と計算間違いしてたけど、どうやったら3の倍数で100になるんだよ(笑)。


○仮面ライダー鎧武 第41話○
オーバロード達とのラストバトル。まさか物語半ばにして、オーバロードが全滅するとは思わなかったわ。
ここからはいよいよ黄金の果実を巡るvs仮面ライダー戦に絞られるかな。

ロシュオは王の最後の務めとして、人類が救う価値のある存在か否か見極めようとしてたけど、舞の言葉に一定の理解を示し、
彼女に黄金の果実を預けることに。それにミッチがメッチャ慌ててたけど、そりゃレデュエの言う通り、舞のことを気に入れば、
ミッチみたいなキ○ガ○の側に置いておくハズないよなあ(笑)。こいつホント自己中で視野が狭過ぎて、間抜けなピエロでしかないわ。
しかもまた貴虎兄さんの幻覚に嫌がらせされるし、ブラーボとグリドンにまで一杯食わされるし(笑)。


鎧武・バロンvsロシュオは、いくら黄金の果実を舞に渡したとは言え、やっぱりロシュオはまともに戦ったら、二人掛りでも全然歯が立たない位強い。
でも紘汰が人間を捨ててでも世界を守る覚悟を決めたことを認めてくれた・・・と思いきや、ここでレデュエが下克上かましてきやがった。
虫の息のロシュオをボコボコに蹴りまくって、槍で何回も滅多刺しにするシーンは、声優の熱演も相まって、本気で怖かったと言うかゾッとした。

そしてレデュエの凶行を見た紘汰がブチギレて、極でついにレデュエを撃破!平成ライダーで敵に対して「許さねえ!」とか言って見得を切りながら、
攻撃を仕掛けるシーンってあまり無いから、スゲーカッコ良く見えたわ。ただその代償に、とうとう本格的に人外化がはじまっちゃった・・・。

こりゃもう誰が死んでも生き残ってもおかしくないなあ。ラスボスは、戦極か戒斗あたりだろうか?

あと最後に出てきたロシュオの奥さん役の人は誰かと思ったら、岩崎ひろみだったのね。何か久々に見たわ。しかも凰蓮役の人の嫁なのか(笑)。


○ハピネスチャージプリキュア! 第28話○
久々にゆうゆうのメイン回。最近無駄にひめばっか目立ってたからなあ。やっと好きなキャラの当番回が来たわ。
今回初めてハピネス組と海外のプリキュアの絡みが描かれたんだけど、ゆうゆうは実はブルーの依頼で、以前から海外遠征までしてたのか。
100日以上もハニーの正体を隠してたことと言い、何か無駄に秘密の多いキャラだな、つーか実は海外遠征してたなんて、スゲー後付っぽい(笑)。
そりゃハピネス組4人の中で誰が適任かと言えば、スペックも高くて包容力もあるゆうゆうが適任なのは間違いないけどさ。

今回登場したアロ〜ハプリキュア関係の話に関しては、割とプリキュアとしては王道な話だったかな。
(一応)ヒーロー物のプリキュアで、つまらん多角恋愛関係みたいなのとかやらなくていいから、
こうやってもっと世界のプリキュア設定を活かした話にした方が面白かったんじゃないかって気がしたわ。
世界中が敵に侵略されてたり、敵の封印を解いた元凶がチームにいたりするのに、
呑気に恋愛なんてやってる余裕ないだろ(本来なら)。


今週の歴代挨拶は、「ハートキャッチ」よりキュアマリン。予想通りメチャクチャ気合い入った作りだった、悪乗りし過ぎ(笑)。
まあハートキャッチ組はみんな"らしさ"が出てて凝ってたと思うけど、サンシャインは何か控えめで微妙だった気が?
これでハートキャッチ組&青枠も終了かあ。思えばプリンセスはいかにもマリンの二匹目のドジョウ狙って外した感ありありのキャラだけど、
えりかはいい加減でふざけてるように見えても、ちゃんと空気読めるし気配りも出来るし、主役のつぼみを
立てるし、ひめなんかとは根本的に違うわな。

写真のお相手は、フィギュアーツのカメラ男&パトランプ男。何でこんなの発売したんだろ?(笑)。
P2403




08月16日
○ウルトラマンギンガS 第4話○
サドラーとグドンが登場。前回のインペライザー軍団&キングジョーと言う
かなりヤバいメンツに比べたら、随分と戦力的にしょぼくなったような気が?(笑)。

サドラーはギンガストリウムにアッサリ倒されたけど(しかも帰マンの牽制技程度で)、
グドンはやけに強かったなあ。こんな強いグドン初めてじゃないの?


今回の話のテーマは、"本当の強さとは?"だったけど、まあ個人的にはショウの方に肩入れしたくなる(笑)。
やっぱ自力だけで強い方がカッコ良い気がするからなあ。
まあ本作は仲間との絆こそが強さだから、そう言う訳にはいかないんだろうけど。

そして自分の弱さを認めたショウが、仲間の大切さに気付いたことで、
ようやくギンガとビクトリーが、完全に仲間になった。

んで前回手に入れたキングジョーランチャーを初めて使ったけど、
たった1発でグドン倒してたし、流石キングジョーってところか。

あと久々にヒカルが怪獣(倒したばっかのサドラー)にライブしてたけど、あのサドラーが妙にカワイイ仕草を
するのがちょい面白かった。サドラーの伸びる腕もなかなか便利だな。


○ウルトラマンギンガS 第5話○
巨大ヤプールとバキシムが登場。ヤプール相変わらずしつこい(笑)。しかもヤプールは、他の怪獣達みたいに
アンドロイドの姉ちゃんがモンスライブしたものではなく、ヤプール本人が登場した形。
しかも妊婦まで殺そうとするあたり、流石ヤプールはやることが陰険だわ。

友也はヤプールや超獣の知識を持ってたけど、歴代ウルトラマンや怪獣が存在してなかった世界なのに、
何でそんなに詳しいんだよ?(笑)。しかもショウがビクトリーなのも薄ら気付いてたし。


今回はUPGのゴウキ隊員がメインだったけど、体をヤプールに乗っ取られても
最後まで抵抗して、妊婦や病院を守ったりと、なかなかの活躍。

まあ予算の関係で仕方ないんだろうけど、せめてUPGは戦闘機があればなあ。
メンバー5人中現場戦闘要因がたった3人(実質2人)しかいない上に、車1台で出動するから、どうしてもしょぼく見える。
その割にインペライザーを倒したりと、強いのか弱いのかイマイチ分からんけど(笑)。
でも予算無いなりに、今週も市街戦をやったりと、なかなか頑張ってる。


バトルの方は、ギンガが巨大ヤプール、ビクトリーがバキシムを相手にしてたけど、
バキシムはキングジョーランチャーと互角の撃ち合いをしたりと、こいつこんなに強かったっけ?(笑)。
巨大ヤプールはギンガストリウムのメタリウム光線で倒されてたけど、まあAの必殺技だし、妥当なところか。

巨大ヤプールは、バキシムが倒された時点で捨て台詞を吐いて、悠長に帰ろうとしたところを、
ビクトリーに無理矢理捕まえられて、ギンガにトドメ刺されたのに笑った。どうせこいつはしつこく復活するからなあ(笑)。

ショウは前回のこともあってか、もう完全にデレたな(笑)。




08月10日
○烈車戦隊トッキュウジャー 第23駅○
先週シュバルツにジャックされたレインボーラインの奪還作戦。

明が手持ちの烈車を修理する時間稼ぎの為に、残り5人が派手に暴れて陽動作戦!・・・と見せ掛けて、
実はライトが乗換変身を使って5人いるフリをしてたけど、これはなかなか上手い使い方(笑)。

そしてその隙に、残り4人がレインボーラインに乗り込んだけど、すでにワゴン達が自力で脱出してたけど、
何故か戦闘員と一緒に縛られてる車掌達は完全にご褒美状態だったな(笑)。


シャドーライン側の話では、グリッタは女帝になってしまったとは言え、まだ完全には理性を失っていなかった模様。
それでかろうじて消えてなかったシュバルツへの想いから、シュバルツを助けようとするものの、超超トッキュウダイオーの前に返り討ち。

死にそうになってるのをシュバルツが看取る・・・と思ってたら、グリッタの中からゼットの手が突然飛び出してシュバルツを攻撃した上、
グリッタの体をブチ破って、ゼットの怪人態が出現した時は、マジでビビった。ゼットの怪人態なかなかカッコ良いじゃん。

結局シュバルツはゼットに攻撃されて川に落ちたけど、多分これは生きてるかな?。
グリッタの方は死んだ・・・かもしれんけど、まだ退場するには早いか。


トッキュウジャー側では、ついに5人の記憶が戻った。
5人が幼少の時に起こった"何か"は、ゼットとも何か関係ありそうね。


○仮面ライダー鎧武 第40話○
今回は正義と悪が同質の力で戦う"仮面ライダー"の本質に迫った感じの内容。
やーっぱり極アームズは単なる強化アイテムなんかじゃなくて、「世界がヘルヘイムに侵食された後に、自分が王となって世界を支配するか」
「世界を救う代わりに、自分が異形の者として排除されるか」の究極の2択にぶつかるとんでもない代物。
アルティメットフォーム・キングフォーム・プトティラコンボみたいなリスク付きの最強フォームやね。
ほとんど遊びに近いインベスゲームで偶然手に入れた力で、とてつもない責任を負わされたものだ。

んで今回紘汰は、誰かの為とか誰が味方かとかじゃなくて、例え自分がどうなろうが守りたい者を守るって決意を新たにした感じか。
まあこれはライダー1号の時からそうなんだよなあ。世界が平和になったら、改造人間が必ずしも受け入れられるとは限らない訳で。
一歩間違えば、自分がショッカーとして世界を侵略してるのかもしれないし。


あとレデュエが見せた裕也鎧武の幻だけど、あれちょうどインベス化した裕也と初瀬ちゃんが殺された時と逆のシチュエーションになってたなあ。
あれも一歩間違えば紘汰がああやってライダー達に殺されてたかもしれないと思うと怖いなあ・・・。
しかもひょっとしたら裕也や初瀬ちゃんだって人間の意識があったのかもしれないし。

夢の中でレデュエが紘汰を仲間に引き入れようとする時のオーバーロード達にどっかに連れて行かれそうになる構図、
何かの胡散臭い宗教かサークルに勧誘されてるみたいで笑えた。


そんで他のライダー達だけど、戦極は相変わらずマイペースで好き放題(笑)。
ちゃっかり最近のユグドラシルタワー内での出来事は全部録画してやがったのか。
こりゃこの人もまだまだ何かやらかしそう。

戒斗達はチーム鎧武の仲間や紘汰の姉ちゃんを救出してたけど、
戒斗が蹴りで無理矢理機械をブッ壊したのに爆笑した。もうちょい慎重にやれよ(笑)。


○ハピネスチャージプリキュア! 第27話○
ひめが誠司に惚れた?と思ったら、勘違いって何だそりゃ?(苦笑)。新メンバーのいおな(フォーチュン)のキャラ立てや販促も
ちょっとしかやらずにひめ話に何話も使ってそりゃ無いだろ。まあゆうゆう達につり橋効果と言いくるめられたように
見えなくもなかったけど、まあ本人が納得したのなら、恋じゃなかったんだろう。
しかも今度の映画でまたひめの恋だし、何だかなあ・・・。勘違いエピなんか1話でやれよ、ホント尺の無駄だった。

この番組はひめばっかに尺割いて、他の連中の掘り下げはほんといい加減だもんなあ。しかも販促さえ無視してひめに注力するし。
つーか他のキャラのメインエピでも、ひめ視点で描くから、話のテーマやキャラの主張の焦点がボヤけてる時がある。
そんなことばっかやってるから、売り上げも微妙なんじゃないの?製作者側はひめちゃん大好きで推しまくりたいのは分かるけど、こっちは別にそんなん見たくねーんだよ。
そういや誠司の気持ちを知っためぐみの感情が何も描かれずにサラっと終わったけど、あれでいいの?ひめの茶番よりよっぽど見たいんだが。

来襲はようやく待ちに待ったゆうゆうのメインエピっぽいけど、頼むからひめが出しゃばるなよ、・・・・・多分無理だけど。

あと恋愛話の中で、ブルーの戯言聞いてたら、こいつホント腹立つなあ。言ってることが完全に胡散臭い宗教家とか二股野郎の言い分だし、
本気で世界中の人達を大切に想うのなら、いまだ監禁されている世界中のプリキュア達を助けに行けよ。お前のせいで、少女達の青春が
無惨に奪われてるのに、他人事みたいにのほほんとしやがって。お前に紘汰の1/10でも覚悟や熱意があるのか?
何でこんな無責任クズ野郎が、優しいイケメン設定なのかよく分からん。


今日の歴代挨拶は、「ドキドキ」よりキュアロゼッタ。前髪切り過ぎてなかった?(笑)。
ちゃんと他のドキドキメンバー同様、登場のポーズ→手でクローバーのポーズをやってくれたけど、登場シーン以外ずっと目を瞑ってたのがちょい残念。
最後のクローバーポーズの時は、目開けて欲しかったなあ。うん、俺もありすと一緒に愛を育みたい(笑)。ドキドキ組は残りまこぴーだけか・・・。

写真のお相手は、当然俺の自作ありす。今となっては、最終回に登場した学校の制服と色が違うのが悔やまれるが・・・(笑)。
P2402




08月03日
毎年の恒例イベントなんだけど、

昨日はグリーンランドの「仮面ライダー鎧武 出演俳優トークショー」に行って来ました。
P2401

登場したのは
紘汰役の佐野岳さん
戒斗役の小林豊さん
ミッチ役の高杉真宙さん
貴虎役の久保田悠来さん
戦極役の青木玄徳さん

(以下敬称略)


最初テレビの番組終わりのCMでイベントの告知を観た時は、佐野と小林の2人だけが来るって言ってたのに、
金曜日の「アサデス」の30秒PRの時に、いきなり5人に増えててビックリした(笑)。
メインライダー全員な上に、プロフェッサーまで来てくれるとは何と豪華な。

間近で見る5人は、流石にみんなカッコ良かったけど、高杉はホントに女の子みたいだったなあ、それと地元福岡なのね。
小林は戒斗はとは違って、ほんわか系のお兄さんだったから、あまりのギャップに驚いた(笑)。


トークの内容は覚えている限りだと、


○好きな仮面ライダーは?○
・佐野→鎧武(1人目に答えた)
・小林→バロン、映画で共演したオーズ
・高杉→龍玄、ナイト
・久保田→斬月・真 (その後高杉の「僕のライダーですよね?」の突っ込み)
・青木→(速攻で)V3。本当はデュークです。

○休日の過ごし方○
・佐野→アクセサリー作り。佐野が手作りネックレスをしてて、小林も佐野に貰った指輪を付けていた。
そこに青木が「薬指に付けてない?」と言い、高杉・久保田が「おめでとう」と突っ込み。それと他3人が俺達も欲しいと言ってた。
・小林→料理(レシピはブログにある)
・高杉→漫画を読んだり、洋画を観たり。
・久保田→全身浴。昨日はホテルでそのまま寝そうになった。
・青木→当ても無くバイクでドライブ、仮面ライダーだけに。この前は山梨まで言った。

○映画で苦労したこと、思い出等(※この質問は何回かあった)○
・佐野→エキストラの皆さんと一緒に作品を作ったこと。ベルトを持ったまま宙返りしたこと。怖かったけど出来た。
・小林→みんな知らないかも知らないけど、実はアクション苦手。
そこにみんなが「みんな知ってるよ」と突っ込み。そしたら青木がわざとらしく「ええ?そうだったの?」。
・高杉→黒紘汰にボコボコにされるシーンのアクション。久々に正義のライダーをやれたこと。
・久保田→妻を想う気持ち(笑)。
・青木→愛之助さんとの共演、迫力が凄かった。サッカーのシーン(みんなにそんなシーン無いと突っ込まれる)。
戦極稜馬は本当にサッカーが上手いとかも言ってた。

○変身ポーズの再現の後の決めセリフ(青木→久保田→高杉→小林→佐野の順番でやった)○
・佐野→1回目:(間違えてマイクをオフにして)みつざねえええ!!
2回目:(バク転&回し蹴りをしつつ)ここからは俺のステージだ!
・小林→1回目:最後に頼れるのは、自分自身の強さだ
2回目:くまもんアームズゆたもん!(だったと思う)
・高杉→1回目:かずらばこうたあああ!!!佐野から「おい!俺後ろにいるよ!」の突っ込み
2回目:紘汰さんは僕が守る!
・久保田→1回目:くまもん(キリッ
2回目:人類の未来は私が切り開くたーーーい!!
・青木→1回目:私の趣味だ、良いだろ?
2回目:私の趣味だ、良かばい?

○(観客の質問で)どうやったらバロンになれるか?○
小林→ずっと笑顔でいること。
佐野が「それじゃ小林豊になっちゃうよ」の突っ込み。

○(観客の質問で)どうやったら鎧武になれるか?(2回あった)○
佐野→1回目:オレンジをたくさん食べて、友達とケンカをしても許せる心を持つこと。
2回目:(鎧武のコスプレをしてる子供だったので)もう鎧武になってるじゃん。 
今日から君が鎧武ね。久保田が「じゃあ今からその子と入れ変わろうか」の突っ込み。

○質問コーナーで観客の子供が自分の年齢を答えた時に○
・4〜5歳(?)と答えた子に→小林:僕と同い年ですね〜。
・3歳(?)と答えた子に→久保田:僕は33歳です。

○九州・熊本の印象○
・佐野→昨日みんなで(福岡で)食べた水炊きが美味しかった。熊本は以前は別の映画の撮影で来た。
・小林→熊本にはくまもんがいるけど、僕がグリーンランドのイメージキャラクターのゆたもんになる(だったかな?)。
久保田が「営業活動しっかりしてるね」の突っ込み。
・高杉→(福岡の方言で喋りながら)福岡出身なので、グリーンランドにも何回か遊びに来てる。今日も両親が見に来てくれている。 
・久保田→熊本は今回で2回目。前回はヒッチハイクのゴールで来た。だから今回で感動している、・・・ちゃんと飛行機で来れたことが。
・青木→(九州は美人が多いみたいな話になって)九州美人好きですよと言ったら、久保田が「このスケコマシ!」の突っ込み。     


他にも単発で覚えてる限りだと

・高杉→皆さん僕がブドウのライダーなこと忘れていませんか?
・小林→ひょっと皆さん、僕が誰だが分からないかもしれないけど戒斗を演じてます(←素とのギャップが激しいから)
・佐野は1回目のトークショーの締めで、カチドキの「エイエイオー!」を観客みんなで言うよう提案した。
・青木→テレビにもようやく戦極が帰って来ました。短パン履いて。
小林→あれ絶対しばらくどっかにバカンスに行ってたよね。
・久保田が「ノブレスオブリージュ」って言おうとして、噛んだ(笑)。
・質問コーナーで当てられた中学生の子が好きなライダーを聞かれて「斬月、W」って言った後に、
他の4人がわざとみんなで咳払いをしてたので、その子が返答に困ってた(笑)。
・あとみんな福岡方面の方言を混ぜながら喋ってた、福岡出身の高杉以外はかなり怪しかったけど(笑)。

他にも色々あったけど、パッと思い出す限りでは大体こんな感じだろうか。
結構みんな良いチームワークで話してて面白かったし、5人全員同じライダー役でも、
年齢層が10代から30代まで幅広くいるのも良かったと思う。

このトークショー、ある程度年齢がいってる層は楽しかったと思うけど、未就学児のファンはどう思ったかな?
現在敵役のミッチや戦極が、紘汰や戒斗と仲良く話してたり、生死不明の貴虎兄さんが普通にそこにいたり、
「???」lってならなかっただろうか?(笑)。


今年は凄まじい猛暑なので、このクソ暑い中並ぶのはしんどいなあとか思ってたけど、雨がある程度振ってるって感じの天気だったので、
さほど暑くなかったのが幸い。どうせ俺は乗り物乗らないし(笑)。それに今年は映画がいつもより公開が早いのもあって、例年みたいにお盆頃開催じゃなかったんだよなあ。


あと今年からいきなりステージ前方の座れる場所については、有料化しててビックリした。1回目分は普通に並んで買う形式で、2回目分はコンビニ等でチケット販売。
当然前日の金曜日にそのことに気付いたんじゃ、時既に遅しで、2回目のチケットは完売しててガッカリ・・・。
しゃーないから1回目分は早く並んで良い席確保したけど、2回目も(立ち見ながら)意外と良い場所が取れた。

有料・予約席化&朝からの雨&いつもみたいにお盆開催じゃなかったは、客入りにどれだけ影響あったか分からないけど、
例年みたいに暑い中長時間客を並ばせる必要が無いから、その点に関しては悪くないかもね。少なくもと俺は楽だった。








HOME