×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2015年04月


04月30日その2
はるはる改造フィギュア作成の、前回からの続き。


まず最初に、↓これが昨日までの最新の状態です。
結構それっぽくなりはじめてるかな・・・?
P2833



そんで↑に至るまでの過程をダイジェストで。

まず↓の左側が前回までのところ。
前髪と後髪のパーツが、別キャラ&別ブランドなのもあって、内側を強引に削って無理矢理ハメ込んでる為、
顔パーツと前髪パーツの間に、結構スキマがあるので、そこにパテを入れて埋める。
更に一旦天辺から垂れてる前髪パーツを外す&一応鉛筆で位置が分かるように、ラインを引いておく。
P2834


形を整えたところ。
これで顔と前髪の間のスキマは無くなった。
P2835


突然だけど、ここで顔パーツを変更。
つーかオクで丁度良さそうなのを安価で発見して、急遽予定していたモノと変更。前髪の時と同じやね。
ただそのせいで、またしてもパーツ間にスキマが出来た。
P2836


しかも顔パーツの首の付け根部分が、ねんどろいどの最新型なもんだから、
パーツがハマるように、また後髪パーツの内側を削りまくるハメに。
P2837


それと前髪が、はるはるの設定画に比べて、まだまだ長いので、
これから少しずつカットすることに。まずは鉛筆で大まかな位置を書いておく。
P2838


オデコが前より見えるようにはなったけど、まだまだ長いし、顔と前髪に大きなスキマがある。
あとこの写真だと分かり辛いけど、設定通りにするには、真横から見ても、
耳が全部見えるようにしないといけないので、後髪の耳周辺を少しずつカットしはじめた。
P2839


ここから一気に前髪をカット&スキマをパテで埋める。途中過程の写真は撮り忘れた(笑)。
それと後髪のハネてる髪の部分を、パテで大まかに作る。
P2840


形を整えたら、かなりスッキリしてきた。
でも真横から見ると、耳が見えないので、この辺はまだまだ。
P2841


ここからは前髪をより設定通りにする為に、モールドを掘り込む。
鉛筆でラインを引いてる部分を掘り込んだり、その周辺の形を整える。
と同時に、現段階では前髪が分厚過ぎるので、少しずつ全体を薄くする。
髪の白くなってる部分が大幅に増えてるのは、それが理由。
P2842


ある程度モールドを掘り込んだところ。
写真だとあまり分からないけど、前髪だけなら、それなりに設定画に近くなってきた。
P2843


あとは根性で、髪パーツを削りまくっていくかな〜。
今回はここまでです。




04月30日その1
先週から稼動がはじまった「データカードダス プリキュアプリンセスパーティ」をやってみた。


新筐体に変えてのリニューアルってことで、前の筐体が終了してから
そこそこ時間が経過したけど、ようやく新シリーズスタート。



正直これをゲーセンでやるのはそこそこ勇気がいるけど、
最近はカードゲームに関しては「お前ら明らかに対象年齢じゃないだろ?」
みたいなのが老若男女問わずたくさんいるから、意外と平気(笑)。



今回はリニューアル一発目ってことで、まだ全作品からのキャラは出てないみたいね。
そして(カードに関しての)これまでとの違いは、

・新しい作品のキャラ程、カードの種類が多い
・オモテ面は変身前、ウラ面は変身後
(オモテ面は全身ショットとバストショットの2種類)
・衣装はドレスで統一
・複数のキャラが入ってるカードと、オモテ面が変身後のカードは無い


って感じか?まあ次弾以降はどうなるのか知らんけど。


で、出てきたカードは↓コチラ。
俺基本的にゲーム自体はやらないから、ひたすらカードを買うだけ。


●「GO!プリンセスプリキュア」のキャラ●

P2824
P2825
P2826

最新作ってことで、カードの種類もメチャクチャ多いんだけど、何故かなかなかみなみんのカードが出ずに焦った。
反面きららは、ダブりも含めたら、大量に出たけど(笑)。別にきららはたくさん出ても良いけどさ。
はるはるは髪型が特徴的だから、右上みたいに変えると、別人みたいになる(笑)。




●「ハピネスチャージプリキュア!」のキャラ●

P2827
P2828

準新作だから、こいつらも結構多い。こっちはダブりも含めたら、やたらとひめばっかり出たなあ。
反面めぐみといおなは1枚だけ。ゆうこは裏面の一言コメントが、食べ物の話ばっか(笑)。




●「ドキドキ!プリキュア」のキャラ●

P2829
P2830

準々新作のここからは、少しずつカードの種類が少なくなってる。
「ドキドキ」の一応本命キャラの六花は2枚出て、他の3人は1枚ずつ出たけど、
亜久里だけ1枚も出なかったか・・・。マナと六花のバストアップの色気がハンパねー。




●「フレッシュプリキュア!」のキャラ●

P2831

こいつらはカードはあるけど、ゲームにはまだ登場してないらしく、全身ショットが1枚ずつだけ。
大本命キャラのせっちゃんが出たのは良いけど、ブッキーだけ出なかったから、4人全員コンプし損ねた・・・。




●「ふたりはプリキュアマックスハート」&「ふたりはプリキュアスプラッシュスター」のキャラ●

P2832

「ふたりは〜」シリーズはまとめて。「SS」は2人揃ったけど、「初代」はほのかだけ。
まいまいのバストアップがカワイ過ぎるんだが(笑)。




てことで、今回はここまでにしといたけど、そんなにダブりもなく、まあまあの成果が出たかな。

全体的に見て、バストアップのカードが好みだわ。こっちのカードの種類増やして欲しいなあ。
今回引いたので言えば、きらら(ウインク)、マナ、六花、舞のヤツが特に気に入った。
今後は「スイート」キャラとかも出るだろうし、楽しみだわ。




04月27日
週末にS.H.フィギュアーツのキュアメロディが届いた。

ようやく・・・ようやくフィギュアーツから「スイートプリキュア♪」のキャラが発売された。
どれだけこの日を待ったことか・・・。リアルタイムの番組終了から約3年近くも待たされた。

でも待たされただけあって、今までのキャラ達のノウハウが蓄積された分、なかなか素晴らしいクオリティにまで仕上がってる。
「ハートキャッチ」の後に順番通り出てたら、こうはいかなかっただろうからね。


俺基本的にはアクションフィギュアのポーズ付け苦手だから、あまり記事書かないんだけど、
メロちゃんは書かない訳にはいかない。昨日は夕方届いてから、深夜までひたすら遊んでたし(笑)。




とりあえず居候のハミィとのツーショットから。

P2803


適当にピースサイン。

P2804



「爪弾くは荒ぶる調べ!キュアメロディ!」のポーズ。

P2805

上記の角度違い。
P2806



リズムとまだ2人の時のチームでの決めポーズ。

P2807



「ハアーー!!」とか言いながら、敵に攻撃を仕掛ける時。

P2808



ミラクルベルティエ セパレーション。

P2809


主題歌でのベルティエを構えた構図。

P2810


「三拍子! 1・2・3 フィナーレ♪」

左手の構えを本編と微妙に変えてるけど、海外用版権絵のポーズです。
P2811



響と言えば・・・・、例のゴリラのポーズ。
しかもベルティエを持って(笑)。

ガニ股でこんなポーズを取らせても、メロディのキャラ的にメチャクチャ可愛いんだよなあ。
P2812






ここからは、ED曲のダンスの動き。



前期の「ワンダフル↑パワフル↓ミュージック!!」の動き。

多分見ていただければ、大体どの辺か分かると思うけど(笑)。
P2813


ちゃんと「スイプリ」キャラ特有の細身ボディを再現してるから、こう言う角度で撮っても、違和感無いね。
P2814
P2815
P2816



後期の「#キボウレインボウ#」。

↓指差しポーズは、「ラブライブ!」の高坂穂乃果から拝借。
P2817

この手はおそらくメロリズで手を繋ぐ為のもの。
もうちっと手が上に上がれば、完全再現出来るんだけど。
P2818



ここからは某スクールアイドルμ'sのリーダーが、ファーストライブで着た衣装を拝借(笑)。

メロディと同系統の色だから、違和感無いかな?と思ったけど、どうだろう?(笑)。
こうやって別作品のボディを使うと、いかに「スイプリ」の足が細いかよく分かる。

で、何でこんなことをしたかと言うと、「#キボウレインボウ#」で取りたいポーズが、
メロディのボディだと手が真上に上がらずに取れないから。
可動域自体は変わらないんだけど、プリキュアキャラは衣装が複雑だから、
どうしても動きで若干制限が付くのよね。反面こっちはノースリーブだから自由自在。
この辺トゥインクルなんかは、肩出てるから、有利だろうなあ(笑)。
P2819
P2820

撮影する角度を間違ったせいで、これだとちょっと短足に見えるなあ・・・。
P2821


造形的には概ね満足かなあ。
思ってた以上に「スイプリ」特有の細身ボデイもしっかり再現されてるし、
顔もこれまでのプリキュアアーツの中では、抜群に似てて可愛い。
こういう時はやっぱり待たされても、ノウハウが蓄積されてから発売されて良かったと思える(笑)。

可動に関しては、肩と足がデザインの関係であまり上がらないのが、残念かな。
あと顔パーツに関しては、ウインク顔が欲しかった。






最後に、俺の作ったねんどろいど改造・響とのツーショット。

ずっとこれがやりたかった・・・。
P2822

出来ればいつかメロディを改造して響にしてみたいけど、まあ時間と機会があればって感じかな。
P2823



こうしてようやく我が手元に、現状では最高レベルのメロディの造形物が届いた。
「スイプリ」ファンとしては、本放送終了から約3年近く、ずーっと焦りと苛立ちを覚えつつ、
ひたすら我慢して待ってたけど、今年はメガハウスのビート発売も含めて、ようやくこれまで溜め続けた鬱憤が晴れた感じかな。
来月はリズムも出るし、二人で絡ませて遊ぶのが超楽しみだ。

リズムの次は、ロゼッタ・ソードが控えてるけど、ビート・ミューズの発表もそろそろお願い。




04月26日
○手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの9○
八雲のマ・・・母さんが登場(笑)。
あいつ元々西洋被れっぽいキャラだけど、いまだに母親のこと"マミイ"って呼んでるのか(笑)。

後で録画を観返して気付いたけど、冒頭で「マ・・・」「マ!?」「母さん」って言い直してる描写あるな(笑)。
マミイ役は伊藤裕子だったけど、最近は戦隊の単発ゲスト役でも普通に有名人が出るようになったなあ。

今回は忍術vs魔法がメイン要素になってたけど、相変わらず両者の違いが全然分からん(笑)。
劇中での忍術も、ほとんど魔法と変わらんじゃん(笑)。

そういや今週は珍しくいつもの天晴押しの展開じゃなかったなあ。
八雲の魔法と霞の機転が、チームを勝利に導いたし。
鼠の変身を解除した後の、霞のドレス姿はなかなか色っぽかった(笑)。


そして今週から本格的に追加メンバーのスターニンジャーが登場。
こっちは完全に西洋風忍者か。マスクもテンガロンハット状だし。
電子音声が「キョウリュウジャー」並みにやかましかったなあ(笑)。
忍術の一つに「ハリケンジャー」ってのがあったけど、これまた紛らわしい(笑)。
そういやニンニンジャーの方がカクレンジャー手裏剣使ってたけど、アレはこの前の特別イベント限定アイテムじゃないのね。


○仮面ライダードライブ 第27話○
チェイスがライダーになったり、ロイミュード側が色々策略と張り巡らしたりで、各々の人間関係が段々動き始めた。
最近ようやくこの番組にも"緊張感"が出てきたなあ。
初期の方は、ドライブ側の装備が充実し過ぎてて苦戦しないのもあって、出来レースみたいに雰囲気緩かったもん。
これ前作の「鎧武」やdビデオの「4号」にはあって、今までの本作には無かったもの。
やっぱりある程度は"負けるかもしれない"って言う、適度な緊張感は必要だもん。


ブレンが普通に警察内部に入り込んできて、進ノ介を散々煽った挙句に被害者のフリをして、進ノ介を謹慎処分に追い込んだけど、
あの時の仁良課長達の到着の早いこと(笑)。多分こいつは、ブレンや国防長官がロイミュードって知らんのかな?
知っててやってたら、救えないレベルのクズだけどさ。
あのブレンの白々しい芝居の時、仁良達の制止を無視して、無理矢理ブレンを
追い込んで半殺しにでもすれば、あいつイヤでも怪人態に戻ると思うけどなあ(笑)。
ヒーローが敵にハメられて謹慎処分とは、何だか「ウルトラマンA」みたいな展開になってきたなあ(笑)。

仁良課長のキャラだけど、まあ子供番組用に分かりやすくデフォルメした演技をやってるのかもしれんけど、わざとらし過ぎてキャラが安っぽいのが何だかなあ。
あれイヤなヤツって言うより、ただの幼稚な頭のおかしいヤツじゃん(笑)。そりゃ特状課の連中も、キャラ付けが漫画チック過ぎるけどさあ。


そしてチェイスのライダー化による人間関係の変化で、剛と特状課の間に亀裂が。
これ視聴者の子供達とかは、霧子やチェイス側に肩入れしながら観てるのかしれないけど、
何か剛の方が可哀想に見えて、こっちに肩入れして観てしまうわ。
精神的にも戦力的にも、どんどん追い込まれてるし。まあ板挟みになってるチェイスも立場無いけどさあ。
あとは剛がロイミュード殲滅に異常に執着してる理由は、ロイミュードを暴走させた父親の罪に対する贖罪だったのね。
霧子には隠してるっぽいけど、だからこそロイミュードのチェイスに肩入れする霧子に対してもイライラしてるんだろうなあ。

そういやりんなの開発した新兵器。あれって映画のvs3号のレースですでに登場してなかったっけ?
トライドロン周辺は似たような装備が多いから、よく分からん(笑)。



今回は進兄さん・剛共に、怒りや追い込まれる演技のシーンが多かったけど、進ノ介役の竹内君も剛役の稲葉君も演技上手くなったよなあ。
感情を必死で抑制してる感じの雰囲気ガンガン伝わってくるし。
テレビ本編だけでなく、映画や「4号」を観てても、スゲー成長してるのが分かる。
「ニンニン」チームも負けずに頑張れ。


○GO!プリンセスプリキュア 第13話○
まず本編とは関係無いけど・・・、らんこがOPのはるはる大行列に加わった(笑)。
あいつはるかとは直接喋ってないから、ひょっとしたら入らないかな?と思ってたけど、良かった良かった(笑)。
てことは、いつか再登場ありそうだな。


今回はディスピアの娘のトワイライトが登場。
こっちは血筋的に本物のプリンセスか。

黒いドレスアップキーを持ってたりと、いかにも後で仲間になりそうなキャラだなあ(笑)。
満・薫・レジーナ路線か、イース・セイレーン路線になるかは分からんけど。
今は登場したばっかで、突っ張ってるけど、あいつがいつかはるはる大行列に加わるとしたら、凄い楽しみだ(笑)。

トワイライトのプリンセス理論としては、血筋的に王族じゃないヤツは真のプリンセスとは認めないみたいな感じだけど、
まあ・・・アコは良いとして、ヒメルダみたいな下品なのもいるしなあ・・・、突っ込みたいことは色々ある(笑)。
決めセリフは「気高く・尊く・麗しく」みたいだけど、もしプリキュアになったら、
チームでの名乗りが「強く・優しく・美しく・気高く・尊く・麗しく」になるのか?(笑)。
ゆいゆいとらんこを変身させないと(笑)。


あとはトワイライトに触発されて、はるはるがバイオリンを練習することになったけど、
やっぱりはるはるは未熟なだけで、基本的に練習すれば何でも出来るよなあ・・・。
せっかく職人さんから無料で大事なバイオリンを譲り受けたし、これからもちゃんと練習しないとね(笑)。




今回ちょうどアプリ画像が、黄色枠のトゥインクルだったので、
昨日プリティストアで買ったシトラスラビットのアクリルチャームでも。
とりあえずブッキーとありすを買ってみた。

ブッキーはヘソ出しがセクシー&ありすはウサ耳のアレンジが面白いなあ。
P2802




04月25日
今日は「ラブライブ!」劇場版の特典付前売券第2弾の発売日だったので、早朝から並んで買ってきた。


第2弾の特典としては、各メンバー9人各々のA3サイズクリアポスター。
前回のクリアファイルの時とは違って、全員映ってるバージョンが無いのね。
ポスターだからそれに集中しないように、全員バージョン外しやがったな(笑)。

今回買ったのは、穂乃果・ことり・花陽・希の4枚。

どんな基準で買ったかと言うと、とりあえず各学年から前回買った子(穂乃果・花陽・凛・絵里)と
違うヤツを1人ずつ買おうと思ったものの、絵柄だけ見たら花陽がメッチャ良く見えたから、
これが第1希望になってしまい、結局同じキャラが混ざることに(笑)。
あと穂乃果は最初から買ってた訳ではなく、大行列が終了して、しばらく経って売店に行ってみたら
穂乃果だけラスワンが残ってたもので、せっかくだからと購入(笑)。




今回の前売券×4枚のデザイン。

前回と違って、特典の中に同封されてなかった。
基本特典目的で買ってるから、こっちは人に譲渡してもいいんだけど、
多分猛者はこれもコレクションして保存しとくんだろうなあ(笑)。
P2795




そして肝心のA3クリアポスターは↓こんな感じ。



●高坂穂乃果●

P2796



●南ことり●

P2797



●小泉花陽●

P2798



●東條希●

P2799

前回のクリアファイルの時もそうだったけど、基本第1希望の子以外は、ギリギリまで誰を買うかを確定させてないから、
いざレジで実物を見ると、全部欲しくなってしまい、ホントに困る(笑)。
まあ金掛かるし、他の人に行き渡らなくなるから、そんなことはしないけどさあ。



ついでに、オマケで貰った映画のチラシ。

のんたんの髪型がいつもと違うのと、真姫がにっこにっこにーやっとるがな(笑)。
P2800




今回は前回同様、T・JOY博多で買ったんだけど、前回は朝5時に行って整理券100番台だったのに対し、
今回朝4時半前に行って、整理券170番台。予想通りみんな前回の反省として、早めに来たんだな(笑)。
30分程度早く来た位じゃ、甘かったわ。
とは言うものの、結局は俺の番になった時にも、前回同様どのキャラも完売してなかったから、欲しい子が買えて良かった。
俺の番の時も結構まだ在庫あったし、かなりの量仕入れてたんだろうなあ。
しかし始発でしか来れなかった人達はどうだったんだろうなあ・・・(笑)。

あと前回は博多駅前の恐ろしい行列がネット上でちょっと話題になってたけど(笑)、
今回は前回の反省からか、速攻整理券を渡してくれて、すぐ解散させてくれたから、必要以上の長時間は並ばずに済んだ。

それと今回はA3サイズってのもあって、商品を入れる袋を貰えなかったから、
みんなクリアポスターを商品丸出しでそのまま持って帰ってたから、大変そうだった(笑)。
一応映画館のHPには予め告知されてたから、俺は袋持ってたから良かったけどさ。
まあ映画館としては、商品を強引に丸めて渡して、傷でも付いたら困るだろうしね。


さて、劇場での前売券第3弾はあるかな?
まあこれ以上やられて、チケットばっかり溜まっても困るんだけど(笑)。





今日は前売券で並んだ後、そのままヨドバシでフィギュアーツ・仮面ライダードライブを
買う為に並んだから、結構疲れたわ(笑)。

フィギュアーツ穂乃果と進兄さんのツーショット(笑)。

ドライブは先週のクウガ同様・素晴らしいデキだ。
流石に穂乃果で「ひとっ走り付き合えよ」のポーズは厳しかった(笑)。
P2801




04月20日
先週からボチボチはじめた、はるはるの改造作品だけど、とりあえず順を追って、途中経過を載せてみる。



素材となる前髪パーツと後髪パーツを噛み合わせてみたところ。一見ピッタリ合ってるように見えるけど、
パーツが噛み合うように、内側はガリガリ削りまくってるから、かなり汚い。しかもポロポロ外れまくる。
もちろん表面にも段差があるし、このままじゃはるはるのデザインとも全然違う。
P2790


てことで、前髪と後髪の段差を無くす為に、パテを盛る。
内側にも隙間を埋める為に、パテを押し込んでる。でないと、パーツがポロポロ外れる。
そして前髪パーツをパテで大まかに作って乗せておく。
そんでパテでパーツ同士が完全にくっ付かないように、片方のパーツにはメンソレータムを塗る。
P2791


ヤスリとナイフで、パテの表面をキレイにする。とりあえず今出来てるのは、ここまで。
完成までは、まだまだはるかカナタ(笑)。
デザイン画と見比べると、細かい所が全っ然違うからなあ。
P2792





そしてもう一つは・・・・・、近所の店でまだ売ってる所があったので、
GO!プリンセスプリキュアキャラポスコレクションを今一度買ってみた。
↓で、結果はこれ。

半分がみなみんとは(笑)。これでみなみんは変身前が揃った。
きららの変身前も出たし、あとははるはるの変身前も欲しいなあ。
P2793
P2794




04月19日
○手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの8○
風花のメイン回。今まで描写が無かったから、特に気にしてなかったけど、
凪は風花の1歳下で、二人共今の学校に転校してきたばっかなのね。
凪は将来の夢が公務員か・・・、何とも夢の無い夢だなあ・・・(笑)。

で、風花は自分んちが忍者一家なのが友達にバレたくなくて、色々あたふたしてたけど、
家の前で美しいタイミングでかくれんぼをしてる天晴に大笑いしてしまった。
そりゃ第三者から見れば、修行の一環なんか分からんから、いい年した兄貴が鬼ごっこしてるなんて知られたら最悪だわ(笑)。

そんで何も知らない風花の友達2人がウチに遊びに来て、これまた事情を知らない霞や八雲や親父が、
妙な所から次々登場して爆笑した。特に八雲は最悪過ぎた(笑)。

まあ結局最後は風花がニンニンジャーなのもバレちゃったけど、とりあえず友達から敬遠されたりしなくて良かった(笑)。
普通だったから、敬遠されたり、ネタにされる可能性大だからな(笑)。
それにしても「GO!プリ」→「ドライブ」→「ニンニン」と連続で正体バレネタが続くな(笑)。


俺は今まで女の子2人に関しては、霞の方が好きだったけど、風花のセーラー服姿もなかなか可愛かったなあ。
友達役の2人は・・・、可愛かったけど、演技がなかなかのものだった(笑)。


○仮面ライダードライブ 第26話○
先週ドライブの正体が世間にバレたところの続きから。進ノ介がドライブなのをマスゴミにリークしたのは課長だったのね。
他の誰かにバラされるより先に先手を打ったって感じか。
まあ流石片岡鶴太郎と言うべきか、今までと同じような天然っぽい演技をしてても、
時折凄い真面目そうな表情をしてても、一気に意味合いが違うように見えてきたなあ。
この時の為に、大物俳優起用したんだろうからなあ。

あと先週から登場したウザキャラの仁良は、やっぱりレギュラーキャラみたいね。
このキャラちょっと嫌らしい演技がオーバー過ぎるんだよなあ。
もっともこの作品の登場人物は、キャラ付けが大袈裟なヤツばっかだけどさ(笑)。
「クウガ」「アギト」の頃の警察描写のようなナチュラル演技はもうやれないのかな?


そしてついに3号ライダーの仮面ライダーチェイサーが登場!!
デザインは・・・、マスクはまあ良いとして、ボディはちょっと微妙かも(笑)。
昨日玩具屋でソフビ見て、塗装のしょぼさにビックリしたし。
専用武器のシンゴウアックスは、ダサ過ぎて笑えた、つーかチェイスのキャラにアレは合ってないだろ(笑)。
進ノ介なら、ノリで行けるからいいけど。一応ブレイクガンナーも併用で使ってたから、あっちメインにして欲しいわ。
普通にブレイクガンナーの方が、武器も音声もカッコ良いし(笑)。

ハートはチェイスが人間側に付くことを一応認めてくれたけど、つくづくこいつは良いヤツだよなあ(笑)。
打算とかじゃなくて、ホントにチェイスのことを心配して動いてる感じだったし。
そりゃブレンがホモに走ったり(笑)、チェイスが散々迷うのも無理はない。

ストーリーに関しては、ドライブの正体がバレたと同時に、新キャラも増えて一気に人間関係が動いた感じ。
ロイミュードの幹部が警察内部にいたり、仁良がそいつと繋がってたり、ブレンもそれに1枚噛んでたり、進ノ介の父の死の真相とかetc。
まあこの辺いかにも「相棒」とかでありそうな展開だよなあ(笑)。それにチェイスがライダーになったことで、
剛と特状課にも亀裂が入りそうだし、今後の展開が色々と見逃せない。


○GO!プリンセスプリキュア 第12話○
きららのメイン回。
最初にゆいがプリキュアチームに仲間入りする件からはじまったけど、
やっぱりゆいは誠司ポジのサポートキャラになるか。あだ名は"ゆいゆい"なのね(笑)。

今回はきららと新人アイドルがテレビの企画で、新作ドーナツの試食をかけて色々アホなゲームで対決してたけど、メチャクチャ面白かった。
先週ドシリアスの死闘だった分、今回は全力で笑いを取りに来たか(笑)。
きららは割と仕事に関しては、プロのモデルとして大人な対応をするけど、ドーナツが絡むとやっぱり子供の部分が出るのね(笑)。
社長もきららにプラスになると思って誘ったんだろうけど、完全にきららの性格把握してるのな(笑)。


今回の新キャラの一条らんこは、先週の予告の時点でも思ってたけど、性格・容姿・夢・学年と、
思いっきり「ラブライブ!」の矢澤にこに似てたなあ(笑)。しかもメチャクチャ良いキャラしてたし、
今後も出番あるのか知らないけど、ゲストキャラで終わるには勿体無いキャラだわ。
来週からOPのはるはる大行列に加わるかな?(笑)。最近色んな作品で、ウザカワキャラを見るけど、こいつは面白かった。
それにしてもみなみ・きらら・らんこで、とてもらんこが一番年上には見えん(笑)。

ドーナツ対決の決勝戦の着ぐるみマラソン。らんこが倒れてる間にきららが先にゴールして、
勝負が付いたまでは良いけど、そこから謎の感動演出がはじまってメチャクチャ笑ったけど、
みなみん以外誰一人らんこのゆるキャラの名前を正確に覚えてないのは何なんだよ(笑)。
そもそもあの時のみなみんの感涙したような表情自体おかしい(笑)。
今回は全体を通して、みなみんが色々と冷静に突っ込んでたけど、大真面目過ぎて、この人何気に相当天然だわ(笑)。
ゆいゆいが仲間入りして、ようやく普通の常識人ポジが加わったと言うか(笑)。

一方ドーナツ対決が行われているテレビに映ってないところで、はるはるが何とかテレビに映ろうとリボンを増やしまくる
無駄な努力をやってたのがクソ可愛かった(笑)。最初に小さなピンクのリボンを付けてた時、
今ちょうど俺が改造はるはるを作る為に、はるはるのキャラデザを隅々まで
チェックしてる最中なものだから、ゆいゆいに突っ込まれる前にすぐはるはるの異変に気付いた(笑)。
最後テレビに映ってなくて、ガッカリしてたけど、何故かアロマまでガッカリしてたな(笑)。


今週は単純にギャグ日常回としても非常にイイ出来だったけど、他者との交流を通じて
きららの新しい魅力が引き出せてたと思うし、脇ポジだった仲間3人の新たな側面も見れて素晴らしかった。


そして・・・・・、きららが食べてたドーナツは、来月プリティストアで販売か(笑)。
ちょうど昨日プリティストアで、来週のシトラスチームの新商品のお知らせと同時に、きららドーナツの情報も出てたんだよなあ(笑)。


来週土曜は、プリティストアのシトラスチームのグッズも出るし、フィギュアーツのドライブとキュアメロディも出るし、
ラブライブ劇場版の前売券第2弾もあるから、色々大変だ(笑)。




最後に3Dアプリのキュアマーメイドと今週届いたフィギュアーツ・キカイダー01のツーショット。
・・・みなみんだと、キカイダーを見たら、ビビって失神するかもしれん(笑)。
P2787




ついでに昨日発売の真骨彫・仮面ライダークウガ。
カッコ良過ぎて、思わず写真を撮ったけど、ホント前回のアーツから一気に進化したと言うか、ほとんど本物そっくりだなあ〜。
アークルの塗り分けや、アーマーの古代文字もちゃんと入っててスゲー。
P2788
P2789

今回博多・淀で並んで買ったけど、入荷が少ないのか速攻完売してたなあ。
どうも全国的に数少ないっぽいし、早目に行っておいて良かったわ。




04月16日
はるはるの改造フィギュアの作成を開始しました。


改造作品を作るのは、「ドキプリ」のありす以来だから、約1年半振りか。
去年はガレキばっかり作ってたから、結構ブランクがあるわ。
まあ開始したと言っても、とりあえず材料を集めて、ちょっといじった程度。


今回はプリコーデドールで、すでに変身前のフィギュアの見本があるから、顔全体の造形が掴みやすい。
頭に乗っかってる髪なんて、映像だけじゃイマイチどうなってるのかよく分からんし(笑)。
「ドキドキ」の時は造形資料が無いし、珍しい髪型が多いから大変だった(笑)。

右は材料を適当に並べただけの状態だけど、
何となく完成後にどんな感じになるかの雰囲気は掴めるかな?
P2785

そして昨日の段階ではこんな感じ。
こっから本格的に制作がはじまるんだけど、ボチボチ楽しんで進めよう。
P2786



明日は世界制服作戦のミキタンとブッキーの受注予約開始日だから、早速セットで注文しよう。

いつかはセット販売でも受注限定でもいいから、スイート組も出して欲しい。




04月12日
○手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの7○
スーパー戦隊40周年記念ってことで、「春のニンジャ祭り」として歴代忍者モチーフ戦隊の
ニンジャレッド・サスケとハリケンレッド・椎名鷹介がゲスト出演。これ本当はピッタリ40周年の先週やるハズだったんだろうなあ。

戦隊のレギュラー放送で、先輩がゲスト出演するのは相当珍しい。小川輝晃も塩谷瞬もゲスト出演するのは「ゴーカイジャー」以来か。
まあ小川さんはテレビの時はサスケじゃなくて「ギンガマン」のヒュウガ役だったけど。同じモチーフの戦隊同士の共演は、
この前の恐竜モチーフ戦隊みたいに劇場版でやると思ってたら、このタイミングで来るとはね。
そして開始早々ニンニンのコンセプトである「忍びなれども忍ばない」を駄目だしされてて笑った。


サスケも鷹介も、ニンニンジャーの先生として登場したけど、そう言えば分身とか変わり身の術とか、確かに先輩達の方がクオリティ高かったよなあ。
んで2人とも現役の時からかなり時間経ってるから、良い感じに貫禄出てた。久々の2人の変身&アフレコもメッチャカッコ良かったなあ。
ハリケンは「ゴーカイ」以来だったけど、カクレは本当にリアルタイム以来だったし。
必殺技の演出も、両方共ちゃんと当時と同じヤツになってて、音楽も「カクレ」の曲が何回も流れたのが燃えた。
あとカクレもハリケンも、デザインの関係上、スタイルが良い人がスーツに入らないと
カッコ悪くなるんだけど、どちらもガタイ良い人が入ってたから、すげえ強そうだった。


ストーリーは妖怪と天晴が過去に行って、天晴が死んで・・・って感じのまるで今やってるライダー映画をまた観てるような感覚になったけど(笑)、
こっちは実は死んでなかったってオチ。デジタル時計モチーフのネコマタって、完全にアレを意識してるだろ(笑)。
断末魔も完全にそうだったし(笑)。ショッカーの歴史改変マシンは、ネコマタを使えば作れたんじゃないの?
敵と言えば、九衛門が逃げる時に「セイ・バイバイ」って言ったのがちょっとカワイイと思ってしまった(笑)。


今回のストーリーは、折角先輩2人が出てるんだから、もうちょい先輩達目立たせて欲しかったかなあ・・・。
まあこれはカクレとハリケンが俺が子供の頃のヒーローだから、どうしてもそっちに感情移入してしまうからなんだろうけど、
今回の話も結局いつも通りの「天晴凄い凄い」話の延長だったからなあ。
先々週のドライブとの共演の時は、現役ヒーロー同士対等の扱いだったけど、今回はいつもの協調性0の天晴のままだったのがちょっと。

巨大ロボ戦で、カクレとハリケンの手裏剣を使ってたけど、アレ完全に2大戦隊の大いなる力だな(笑)。

ラストは何とアカレンジャーまで登場!!・・・流石に声は誠直也じゃなかったけど(笑)。
先輩レッドを3人も連れてくる爺ちゃんの顔の広さは異常だな(笑)。
ニンニンに先輩風吹かせてたサスケと鷹介も、大御所のアカレンジャーには頭が上がらなかったのは笑った。


○仮面ライダードライブ 第25話○
今回から新章に突入!!
てことで、早速進ノ介がドライブであることが世間にバレた(笑)。
とは言え、課長とベルトさんは実は裏で協力関係にあったってオチ。
まあある程度予想通りの展開ではあったけど、そりゃ鶴太郎クラスの
大物俳優起用しておいて、単なる賑やかしキャラのハズないよな(笑)。
しかも普段の進ノ介がトライドロンを平然と乗り回してるのもおかしいと思ってたし。
結果的に特状課でライダー2人の正体を全く知らなかったのは、究ちゃんと現さんだけだったか(笑)。

あと今回初めて気付いたけど、特状課以外の警察内部では未だにロイミュードの存在が公式に認知されてなかったのね。
あんだけ街中で戦いやどんよりが起こってるのに、どんだけアホなんだよ(笑)。
今後は大っぴらにドライブと警察が協力関係で動けることになるから、クウガやG3みたいな感じになるかな?
ひょっとしたら今回出てきたイヤミなヤツが、「アギト」の北條さんみたいな役回りになるかもしれんけど。

そして警察内部どころか、世間にまでドライブの正体が完全にバレた。しかもマスコミにリークしたのは課長とは(笑)。
果たして仮面ライダーは英雄扱いされるか、理不尽な批判の的になるか否か。


バトルでは、超久々にタイプスピードのライダーキックが見れた。アレ結構好きだから、どんどんやって欲しいわ。
2号ライダーのマッハが毎回キッチリライダーキックやるのに、主役が滅多にやらないのは、何だかなあって感じだし。
ロイミュードの方も、人間と融合して更にパワーアップする技術を身に付けたようだけど、何か「電王」のイマジンみたいだな。


○GO!プリンセスプリキュア 第11話○
いよいよ追い詰められたクローズとの最終決戦。冒頭プリキュア達の前にディスピアが姿を現したけど、
こいつが敵の親玉だと分かった途端、速攻でトゥインクルが必殺技かまして始末しようとしたのが笑えた。
流石ドライなきららと言うべきか(笑)。アレでディスピア倒したら、番組終わっちゃう(笑)。

結局クローズは、プリキュア達に倒されて、完全に消滅したっぽいけど、化け物じゃない敵幹部を浄化とか和解ではなく、
完全に倒したのってシリーズでも初期の作品以来じゃないの?しかもこんな短期間で。

まあクローズは時々ギャグもやってたとは言え、基本感情移入の余地の無い完全悪だったし、
プリキュア達と馴れ合うシーンも一切無かったし、今年は悪役には容赦しない路線なのかな?
最近敵幹部に対しては、毎回和解・浄化路線ばっかりだったから、マンネリ打破の為にも、たまには完全に倒しちゃうのも悪くないと思うわ。


そしてバトル自体も、追い詰められて後が無いどころか完全にプリキュア(主にフローラ)を道連れにする気満々のクローズと、
味方全員掛かりのプリキュア達の総力戦で、スゲー熱かった。敵幹部が後が無くて、死に物狂いで殺しに来るのも初期以来少なかったもんなあ。


今回クローズにトドメを刺したのは、カナタから支給されたプリンセスロッドだったけど、勝利のカギになったのは、
はるかがプリキュアとして最初に助けた&友達になったゆいって展開も良かった。
カナタの手元にあるプリンセスロッドをプリキュア達の所に送るには、
プリキュア3人の夢の力だけでは足りなくて、ゆいの夢の力も合わせてようやく成功したもんな。
しかもクローズに攻撃されそうになって大ピンチのフローラを身を挺して助け出したりもしたし、
ここまで非戦闘員がプリキュアと肩を並べて戦ったのってあったっけ?凄い度胸だわ。
こうなったら、ゆいをスカウトすれば相当な戦力になりそうなもんだけど、
こういういかにも追加メンバーになりそうな子は、逆にならないんだろうなあ(笑)。


プリンセスロッドを使った時のモードエレガントは、ドレスのデザインも若干変更。今回から3人合わせての必殺技が初登場か。
クローズは断末魔を上げて消し飛んだけど、クローズが消滅して黒い羽が舞い散る中、フローラが悲しそうな顔をする演出が、なかなか切ないものだった。
ゼツボーグみたいな完全な化け物ならともかく、感情のある人間に、(完全な逆恨みだけど)最後の最後まで恨み言を言われ続けた挙句に、
その相手を倒すしかなかったんだから、そりゃスッキリとはいかないよなあ。
実際戦いの途中で仲間が助けに来た時、完全に涙目になってたし。何気に中学1年の女の子が受けるには、相当辛辣だったもん。

トドメ後の悲しそうな演出、フローラに色々セリフを言わせずに、無言なのが良かったと思う。



↓3Dアプリも早速新しいモードエレガントが登場。
P2784


今週は「ドライブ」「GO!プリ」共に、身近な仲間への正体バレネタだったけど、ホント最近のニチアサはネタが被るな(笑)。




04月11日
ぴよぴよ堂さんというサークルがイベント限定で販売した、
「ソードアートオンライン」より桐ヶ谷直葉(スクール水着)のガレージキットを作った。


けしからん過ぎる胸の圧倒的存在感(笑)。

P2750

水着のガレージキットを作ったのは今回が初めてなんだけど、
前回のキュアリズムに比べたら、パーツ数も塗り分けも少なくて随分と楽だった(笑)。
細かいことを言えば色々あったけど、今回はそこそも短時間でスムーズに終了。

ただ直葉のスク水フィギュアは、すでにBEACH QUEENSのヤツを持ってるし、
ANIPLEXのヤツも予約しているので(笑)、これ以上増やしてもしゃーないってことで、思い切ってスクール水着の色を白バージョンにしてみた。
そうしたらそうしたらで、これまたとんでもないけしからんモノが出来てしまったんだけど(笑)。
まあガレキは自分の好きなように塗装出来るのも、一つの楽しみ方な訳で。



↓色んな角度から撮影。




●今回はバストアップから●

まさに"バスト"アップだな(笑)。
P2751
P2752
P2753
P2754
P2755
P2756
P2757
P2758




●もうちょっと引いて、ヒザより上●

P2759
P2760
P2761
P2762
P2763
P2764
P2765
P2766




●ローアングルからのショット●

P2767
P2768
P2769




●全体像●

背景が白だと上手く撮れなかったので、黒背景に変更。
これはこれで色っぽく見えて良いと思う。
P2770
P2771

最後はサービスショット(笑)。
P2772

水着フィギュアは、塗り分けやパーツ数が少ないから、簡単ではあったけど、各パーツの接合部分は結構神経を使った。
市販品のガレキならともかく、個人でのイベント品は接合部分が必ずしもピタッとハマるとは限らないし。
今回もお尻と両足の接合部分は、パテで隙間を埋めた。





各パーツのビフォーアフター



・開封した状態

P2773

・整形後

P2774


↓これが本当の完成後の塗装作例なんだけど、今回は白スク水にしました。
P2775




サーフェイサーを吹いて、一旦仮組みしてみたもの。
ここまでの状態でもすでにけしからんなあ(笑)。

肌の塗装に関しては、サフレス塗装ってヤツを試してみようと思ってたので、
気泡は全部瞬間接着剤で埋めて、ボークス造形村の透明サフを吹いた。
この段階ですでに、髪と水着部分には、ホワイトの塗装をしています。
P2776


肌の部分を塗装。
水着部分と別パーツじゃなかったので、マスキングにて処理。
完成品だと手で隠れてて分からないけど、胸だけじゃなくお腹周りも水着がピチピチだよなあ(笑)。
P2777


髪の塗装。
一応エアブラシでグラデ塗装してるんだけど、写真じゃ全然分からん(笑)。
P2778


最低限の塗装をして、もう一回仮組み。
やっぱりこの段階までだと、陰影を付けてないから、塗装にメリハリが無い感じ。
P2779



フィギュアの命である顔の塗装。
今回も瞳デカールを自ら作った。

1.顔に肌色を塗った状態
2.眉毛とその下のラインを塗装
3.口の奥にラインを入れる
4.唇を塗装
5.自作デカールを貼り付けて、一旦トップコート(つや消し)を吹いた
6.目の下にチークを入れて、もう一回軽くトップコート(つや消し)を吹いた後、唇と瞳にクリアを塗った
P2780

瞳のデカールの作り方に関しては、前回のキュアリズムに書いたので割愛。




各パーツの影部分を塗装後、両腕を取り付ける前に、スク水部分の全体像が見える段階で撮影。
スク水の影の部分に関しては、これまで作ったガレキと同様、タミヤのウェザリングマスターで塗装。
影を付けてカラダのメリハリを強調させると、ムチムチっぷりがハンパないわ(笑)。
最初は薄っすら透ける感じにしてみようか?とかも考えたんだけど、ちょっと下品になるかな?ってので
止めたのもあるんだけど、単純に俺のスキルじゃまだ無理だと思われる(笑)。

とは言うものの、胸やお尻の膨らみ部分には肌色系、チ○ビ部分にはピンク系の
ウェザリングマスターを若干塗ってます(笑)。写真だと全然分からないけど。
P2781


一応自分への備忘録的なものとして、主な箇所の色のレシピでも。



・水着  → ホワイト(ミスターカラー)
・肌  → ノーツフレッシュ40%+ノーツホワイト40%+半光沢(ミスターカラー)10%+ノーツフレッシュオレンジ9%
残り1%に、ノーツフレッシュピンク、蛍光ピンクを薄っすら入れて、クリアオレンジを数滴(これで色味調整) 
上記をシンナー2倍で希釈(だったと思う)
・髪 → 忘れた(笑) 一応アニメの画像を見ながら適当に調合
・ヘアピン → シルバー(ミスターカラー)


陰の部分
・肌      → タミヤウェザリングマスターHセットのペールオレンジ
・水着     → タミヤウェザリングマスターDセットの青焼け
水着(胸・お尻の膨らみ等) → タミヤウェザリングマスターHセットのペールオレンジを薄っすら
水着(チ○ビ部分) → タミヤウェザリングマスターHセットのピーチを薄っすら
・頬のチーク → タミヤウェザリングマスターHセットのピーチ

肌は、ウェザリングマスターを塗った後に、エアブラシ用つや消し+ボークス造形村の
シャインパール ホワイト数杯+黄橙色数滴をシンナー2.5倍で希釈して、薄く再塗装

水着は、ウェザリングマスターを塗った後に、トップコート(光沢)を吹く。






最後に、現在手元にあるスグの造形物全部を並べてみる。
・・・・・けしからんヤツばっかだなあ(笑)。
P2782




04月10日
本日4月10日は、キュアフローラこと春野はるかの誕生日らしい(笑)。
この前の「GO!プリ」の主題歌後の提供クレジット画面にも書いてた。

まあ・・・・・、架空の人物に言うものおかしな話ではあるが・・・、
「はるはる、お誕生日おめでとう!!(笑)。」


今年中学に入った設定だから、14歳になったって解釈でいいのかな?
はるはるは歴代初の中一設定の主人公だもんね。


↓の右側のフローラのカードは、プリティストアでフローラに関する商品を含めた
1,000円以上の買い物をした際に貰えるもの。とりあえず左のボールチェーンを買った。
P2783

歴代プリキュア全員に誕生日が設定されているかは知らんけど、番組でわざわざ誕生日を告知したり、
店舗でそれに因んだ特典を付けたことって今まであったのだろうか?
まあ面白い試みではあるかもね。

今後はみなみんときららの誕生日の時も、同じようなことをやるんだろうなあ。




04月07日
昨日(?)発売されたGO!プリンセスプリキュア キューティーフィギュアを全員分買ってみた。


これ1BOX12個入りで、フローラ5・マーメイド3・トゥインクル4になってた。
まあ妥当な配分だろうか?
P2736



●キュアフローラ●

P2737
P2738
P2739
P2740


●キュアマーメイド●

P2741
P2742
P2743
P2744


●キュアトゥインクル●

P2745
P2746
P2747
P2748



俺はこのシリーズ毎年買ってる訳じゃないから、正確なことは言えないんだけど、今年のはえらく良く出来てるなあって印象。
塗装が随分とキレイになったよなあ〜。パーツによってちゃんとつやあり・つけ消しになってたりするし、
「GO!プリ」最大の特徴である髪のグラデーションもちゃんとしてる。
パッと見て驚いたのは、「フレッシュ」の時以来かもしれない。あれも値段の割に凄いデキだったもん。
一つ欲を言えば、もうちょっと等身が高ければ良かったかなあ〜。「GO!プリ」はかなり等身高いからね。

今回3人の造形物を見て初めて分かったことと言えば、フローラ・トゥインクルは
スカートの下がスイートみたいなモコモコ状になってるのに対して、
マーメイドだけスマイルみたいなスパッツ状になってるのね(笑)。




最後に過去のヤツとの比較。
すぐに取り出せるのが↓のまこぴーとあんみつこまちしかなかった(笑)。

まあ過去の分も最近のヤツならそんなに悪くはないんだけど、それでも今年のヤツは造形・塗装がかなり良くなってる感じ。
パッと見た時の、いかにも食玩みたいなチープさが、随分と軽減されてると思う。
P2749



最近は何故だかプリキュアのリアル等身のプライス系フィギュアが無くなってしまったし、
リアルタイムで気軽に手に入るのが、この食玩しかないから、またプライスも復活して欲しいわ。
「ドキドキ」もキュアエースだけ放置されてるし(苦笑)。
フィギュアーツやエクセレントモデルだと、番組終了から数年か掛かるもんね。




04月05日
昨日観た「仮面ライダー4号」の余韻が未だに消えない・・・。ニチアサ観てる時も、半分位ずっと巧のこと考えてたもんなあ〜。
特に「GO!プリ」は二言目には「夢・夢」言うから、尚更巧の顔が浮かぶ(笑)。
たっくんは"夢の守り人"だからなあ。この切ない余韻こそが、第1期平成ライダーの醍醐味でもあるんだけど。

○手裏剣戦隊ニンニンジャー 忍びの6○
前回天晴が雷蔵との一騎打ちをスッカリ忘れてて放置プレイ食らわせたところからの続き(笑)。
やっぱりメッチャ怒ってた(笑)。それで邪魔した九衛門に対してキレまくってたけど、
いやあ〜アレはどう考えても約束すっぽかした天晴が悪いだろ(笑)。
雷蔵は天晴に言われて素直に待ったり、テングの人質作戦を良しとしなかったりと、
ちょっとイイ奴みたいに見えるから困る(笑)。要は戦いしか興味の無い脳筋なんだろうけど。

今回の話は、天晴や親父さん達も含めて「1人で何もかも抱え込もうとするな」って話だったってことでいいのかな?
現状雷蔵に1人で対抗出来るヤツは1人もいないし、そもそも戦隊はチームで戦ってなんぼだから、当然ではあるけど。
爺ちゃんが親父さんに忍術を教えなかったのは才能が無いと判断したかららしいけど、本当にそれだけなのかな?今後何かあるかもしれんね。
爺ちゃんは今回九衛門と軽く一戦交えたけど、流石笹野さんの貫禄と言うべきか、変身しなくても負ける気がしねえ(笑)。


来週は、ニンジャレッドとハリケンレッドがゲスト出演するみたいだから超楽しみ!!
先週「ドライブ」とコラボしたばっかなのに、またもスペシャル回か。


○仮面ライダードライブ 第24話○
一連の敗北続きと、ドライブやロイミュードのパワーアップに付いていけなくなってる自分への焦りMAXの剛だけど、
いま一度自身の原点に立ち返ったことで、ようやく本来の自分を取り戻した。
最近はテンパってることが多かったけど、いつもの無駄に自信たっぷりの剛であることが必要だったのか。

要するに、最近の剛はマッハドライバーの性能を引き出せてなかったってことね。
旧型のドライブと違って最新型のマッハなら、これ以上新兵器を取り付けなくても十分戦えたと。
デッドヒートの性能だけなら、進ノ介以上に引き出したみたいだし。
進ノ介→ドライブ、剛→マッハで、各ベルトの装着者の適正にはちゃんと意味があるってことね。
俺的には新兵器でホイホイ勝つよりは、今ある戦力で工夫して勝つ方が燃える。
あと滅多にライダーキックをやらないドライブより、毎回ライダーキックをやるマッハの方が"仮面ライダー"って感じがするんだよなあ(笑)。

去年末にマッハが登場した時は「こいつのこと好きになれるかなあ?」とちょっと心配したけど、今じゃスッカリ好きになった。
最近のテレビ本編での掘り下げもあるけど、「3号」「4号」での活躍もあるかな。一見チャラいけど、意外と熱血キャラだしなあ。
今回自信を取り戻したことと、「4号」の結末を経て、ようやく最近の剛に漂ってた不穏な空気が一掃されたかな?


今回の事件の犯人の高校生は、前回はクソムカつくキャラだったけど、今週は課長との絡み等で、ギャグキャラと化してた(笑)。


○GO!プリンセスプリキュア 第10話○
新しいドレスアップキーを求めて、寮母の白金さんの後を付けることに(笑)。
そうか、白金さんはラストニンジャだったのね(笑)。
・・・はさておき、白金さんはノーブル学園のOBってことで、在校生には内緒で秘密の場所の管理までやってたことが明らかになったけど、
そんな何十年もの間在校生にバレずにあれだけの施設を隠してたって、あの学校のセキュリティどうなってるんだよ(笑)。

あとはるはるが白金さんの後を付ける際に、一度ルームメイトのゆいの誘いを断ってプリキュア仲間の2人を誘って行った訳だけど、
ゆいも3人の後を付けてた展開からして、最初はゆいがはるはるから疎外されたと勘違いしてすれ違う展開になるのかな?と思ってたけど、
まさかこんなに早く正体バレの展開になるとはなあ。ゆいは誠司ポジのサポート役になるのかな?
何なら追加メンバーでも良いけど(笑)。プリキュア3人が白金さんの後を付ける時にわざわざグラサンをしてたけど、
はるはる・きららが「スチャ!」と言った時に、みなみんがちょっと遅れて控え目に「スチャ!」って言ったのが可愛かった。

プリキュア3人が食堂(?)で打ち合わせをしてる時に、白金さんに「早く寝ろ」みたいに言われてたけど、
他の生徒達からしたら、この3人どんな関係に見えるんだろ。学園のプリンセス・トップモデル・太眉タヌキの謎トリオだし(笑)。
しかも先週のダンスもあるから、はるはるとみなみんがデキてるとか、三角関係になってるとか思ってるヤツもいそう(笑)。


バトルはいよいよ追い込まれたクローズのゼツボーグがなかなか強かったけど、よく考えたら3人が同時に必殺技放ったの今回が初めてやね。
3人同時名乗りでさえ、まだ2回目だし。




↓昨日プリティストアで、トゥインクルのSDボールチェーンを買ってみた。
昨日の段階では在庫が復活してたけど、一週間位前に行ったら、
トゥインクルだけ棚からゴッソリ減ってた(笑)。大友が買ったんだろうか?
P2735




04月04日
「仮面ライダー3号」の続編になる「仮面ライダー4号」を、今日配信だったエピソード3まで全部観終えた。



P2734
(↑はメディコムトイのPBMファイズ)


最初映画の特典のDVDで4号のエピソードが付くって聞いた時や、4号の写真を見た時は、出オチキャラのネタ作品程度かと
思ってたけどまさかの大傑作だったのに驚き。正直映画の「3号」より面白かった(笑)。
いや、映画もミッチーの3号メチャクチャカッコ良かったから、好きだけどさ。


特典DVDのエピソード1を最初に観た時は、剛が何回も死ぬループものだったし、登場人物も「ドライブ」チームと巧・侑斗しかいないし、
肝心の4号も最後にチラっと出ただけだから、「随分制作費抑えて作ったなw」程度にしか思ってなかったけど、
dビデオでの配信となったエピソード2以降で、一気に化けた印象。映画での剛の死と、特典DVDは、あくまでdビデオへの誘導でしかないと(笑)。
とは言え、dビデオは最初の一ヶ月は無料だから、「4号」全部タダだし、ライダーのテレビシリーズも全話観れるから、決して損な話でもないんだよね。


OB作品のライダーは巧と侑斗だけだったから、最初は「てつをと橘さんも出せよ」と思ったけど、映画の「3号」も含めて"人の死"と"記憶"と"時間"が
テーマだったことを考えると、ファイズとゼロノスの客演は適任だったわ。てつをと橘さんは殺しても死なないし(笑)。
あと「4号」観てて改めて思ったけど、第1期平成ライダーのメンバーが他作品と共演してると、何か不思議な感覚になるなあ(笑)。
第1期は役者同士の共演がほとんど無かったし、やっぱり第2期のライダー達とちょっと空気が違うんだよなあ(笑)。しかも出てるのが無愛想な2人(笑)。


今回の敵ライダーの仮面ライダー4号だけど、口部分の意匠は本家4号のライダーマンのイメージなんだろうなあ。
そんで3号の黒井とは違って、説得して改心させられるタイプではなさそう。多分本家ショッカーライダー達みたいに脳改造でもされてるんだろうけど。
4号の最大の特徴としては、乗り物がバイクでも車でもなく飛行機ってことで、スーツが戦闘機乗りみたいになってたけど、割とブカブカしてて、
デザインだけならカッコイイのか悪いのかよく分からん感じだったけど、圧倒的な強さと声を演じた松岡充の上手さのおかげで、なかなか良いキャラだったと思う。
エピソード2でドライブとゼロノスが4号とスカイサイクロンに倒されて、松岡の歌が流れる演出は絶望感と恐怖感が相まって素晴らしかったし、
進ノ介役の竹内の怒りの演技も良かった。最後はドライブに倒されたけど、フォーミュラでさえギリギリ勝利な感じだったなあ。

何気に今年の「3号」「4号」で重要だったのは、久々にショッカーが本気で恐ろしい巨悪として描かれたことかな。
最近は戦闘員の「イーッ!」のイメージか知らんけど、時代遅れ扱いされててギャグ寄りな演出が多かったからなあ。
その点今年は、3号・4号・新規ショッカー怪人達が頑張ってたし、首領の不気味さも良かった。首領の納谷ボイスのマネが出来る人がいたのも幸い。



物語の主軸としては、最初はいかにして「3号」で戦死した剛を助けて元の歴史に完全に戻すのか程度に思ってたけど、
エピソード3に入ってまさかまさかの「ファイズ」本編の後日談みたいな展開だったのは驚き。
去年に続いて、2年連続でたっくん超優遇とか一体どうなってるんだ?
「3号」の時はあんま出番無かったけど、まさか今回の事件の中心人物だったとは。
仮面ライダー3号・4号誕生の原因と、たっくんが普通に生きてたこと自体にちゃんと因果関係があったのね。
「4号」の劇中で、やたらと「ファイズ」っぽい演出が多いから不思議に思ってたけど、こういうことだったのか。

今年の作品の中では、巧は「ファイズ」最終回後に死んだとハッキリ明言された形になった訳だけど、まあ去年の映画との繋がりや、
実際の「ファイズ」テレビ本編と繋がってるかどうかまでは深く考えない方がいいんだろうなあ、
あくまでの「今年のオールスター作品内での出来事」ってことで(笑)。

とは言え、やっぱり「ファイズ」本編観てると、スゲー感慨深い作品だったわ。
海堂役で唐橋まで出演してくれたし、木場や草加の名前も出たし、「ファイズ」ファンにはたまらんかった。
去年の草加本人登場に続いて、「ファイズ」をここまでピックアップしてくれたのは嬉しい。
あと平成第1期の初期って、今みたいに規制ガチガチじゃなかったし、劇中でガンガン人が殺されてたから、
多くの仲間を失ったり、自身も死んでる「ファイズ」の登場人物達の言う死生観は、言葉に重みがあるわ。

たっくんが自身の消滅を掛けて、歴史改変マシンを破壊する時に、海堂が止めに来たけど、ファイズがスネークオルフェノクに
クリムゾンスマッシュを食らわせてチンピラポーズのままお互い変身解除して背中合わせになる演出が最高過ぎた。
半田健人本人がファイズのチンピラポーズ取るの初めてだし、あのポーズをあんな効果的に使うとはお見事。


そしてたっくんの犠牲で世界は元の歴史に戻ったんだけど、剛が撮った写真の中から、巧だけが消えてて、
誰も巧のことを覚えてないくだりは泣きそうになった。(海堂は覚えてたのかな?)
黒井の方も歴史が完全に戻ったことで、みんなの記憶から消えたかもしれんけど。まあ巧は本来死んでた人間だし、
黒井は本来仮面ライダーになるハズじゃない人間だったんだろうから、正確には"犠牲になった"訳じゃないんだけど、それでも悲しいよなあ。


まさかの展開だったけど、今年は「ファイズ」の物語に、一つの決着を付けた形になった。
俺は平成ライダーの主人公の中では、ファイズ=乾巧が今でも一番好きだけど、
ファイズ好きで本当に良かったわ。放送から10〜11年目で、こんなに優遇してもらえるとは。
そしてますますたっくんが好きになった。結局「仮面ライダー4号」ってタイトルは、
敵キャラの4号と平成ライダー4号のファイズのダブルミーニングだったんだろうなあ。
今後のオールスターもので半田が出演することがあるかは分からないけど、今回のは今回ので割り切るから、また出て欲しい(笑)。
何か一連の3部作(戦隊とのコラボ・映画・dビデオ)を観終えて最終的に一番印象に残ったのは3号でも4号でもドライブでもなく、
ファイズの物語だったのは果たして良かったのか悪かったのか(笑)。
あのミッチーや松岡でさえ、ファイズの為の引き立て役になってるし(笑)。


「4号」は作品としては、非常に面白かったけど、これってテレビや映画と違ってdビデオって媒体だからこそ出来たんだろうなあ。
玩具との絡みとか子供向けとしての配慮とか、そんなに気にしなくていいし、後半は「ファイズ」ネタ中心なんてムチャなことも出来た。
これってコラボ作品の方向性として、一つの可能性が出てきたよなあ。
それに登場人物を最低限に絞れたのも、全員にカッコ良い見せ場を作れて正解だったし。
「ドライブ」と「電王」はそこまで空気の重苦しい作品ではないから、剛と侑斗が後半の「ファイズ」のノリの、シリアス一辺倒だったのも珍しいな。
マッハの決めセリフも「良い絵だったでしょ?」がマジ口調の「良い絵だっただろ?」になってた。


あとは3号と4号の関連商品(フィギュアーツとか)を早く出してくれ!!
それと真骨彫ファイズも!!




04月01日
ちょっと遅れたけど、GO!プリンセスプリキュアキャラポスコレクションを買ってみた。

これが発売されてたのに全然気付かなくて、不覚にも出遅れてしまった。
店に行ったら、もう残り3個しかなかったので、とりあえずその3個だけ買ってみた。
↓で、結果がこれ。
P2733
P2732
P2731

どっちかと言えば、変身前が欲しくて買ったんだけど、みなみんの私服以外は変身後ばっかやね。
しかも複数で載ってるのと、モードエレガントばっか(笑)。
とは言え、やはりエンスカイのキャラポスは、絵柄がとてもキレイだから好きだわ。

フローラとトゥインクルがセットのヤツは、フローラがトゥインクルの腕掴んでるじゃん。
これはみなみんが嫉妬するやもしれん(笑)。
みなみんの私服のヤツは・・・、どう見ても中学2年生と言うよりは、新任の女性教師だ(笑)。


とりあえずコンプまではする気無いし、どっちみち近所は完売したから、ここまでにしとく
・・・・・・多分(笑)。








HOME