×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

2015年07月


07月29日
○ウルトラマンX 第3話○
テレスドンが登場。
こいつが相手ってことで、今回は初の夜間戦闘だったけど、かなりセットもしっかり作られてて、
街で暴れるテレスドンもウルトラマンXもスゲーカッコ良かったなあ。
見せ方が上手いんだとは思うけど、夜の街のセットの奥行きとかもかなり広範囲に作られてるように見えた。

今回登場した佐伯日菜子・・・じゃなくて(笑)謎の女は、地底人なのか幽霊なのか、ハッキリ明言しなかったけど、
この辺いかにもウルトラシリーズっぽい感じ。おかげでテレスドンを倒しても、イマイチすっきりしなかったもんなあ。


今回は女性隊員の女心とかも描かれてたけど、イチイチ余計なことをズケズケ言うXに笑った。
まあこいつは地球人じゃないから、人間の女心なんか分かるハズもないんだけど、
Xは歴代のウルトラマン達に比べたらえらく軽い性格だよなあ(笑)。
サイバーアーマーを付ける時のリアクションとかも、メッチャ普通に慌てるし(笑)。

女性副隊長の方は、そう言えば今まで朴念仁で、クスりとも笑ったことないか。
とりあえず「ネクサス」の副隊長程はやり過ぎないように(笑)。


バトルで今回登場したのはエレキングアーマー左肩のパーツは、モロにエレキングの顔だな(笑)。
あと今回のテレスドンは謎のドリルアタックを使ってきたなあ。
先週のバードンの首180度回転と言い、旧作怪獣達も何らかの新技を使うんだな。


今のところ、サイバー怪獣の販促もあるんだろうけど、XもXIOのサポートを受けて
かろうじて勝ってる感じだし、圧倒的に強いって印象はないかな。
本作は防衛隊もガッツリ戦闘でサポートしていくっぽいね。




07月28日
週末に「S.Hフィギュアーツ 南ことり」が届いた。


てことで、ようやくフィギュアーツで「ラブライブ!」の2年生組が全員揃ったので、
彼女達のファーストライブ「START DASH!!」の再現ごっこをやってみた(笑)。

3人全員揃ったことで、やっと本格的に遊べるといったところか。


3人並べてみて思ったけど、やはり先週穂乃果の表情パーツを全部リペイントしておいて正解だった。
ことりの塗装精度も海未と同じくらいだったし、推しキャラの穂乃果が見劣りしたらイヤだもんね。
口のラインを足して、チークを入れるだけで全然違う。

ああ〜、もう!! この3人カワイイなあ〜(笑)。

P3109



早速本題へ

ライブがはじまる前に、海未が恥ずかしがってるところ。
これ写真を撮る時に、俺自身や部屋の中が写らないようにしたり、
3人の顔が上手い事入るようにするのに、ちょっと苦戦した(笑)。


「ほらほら、海未ちゃん。一番似合ってるんじゃない?」

「え?え・・・?」

P3110



「どう?こうして並んで立っちゃえば恥ずかしくないでしょ?」

P3111



「はい。確かにこうしていれば・・・」

「じゃあ、最後にもう一度練習しよう」

「そうね♪」

P3112



「イチ!」

「ニッ!」

「サン!」

ここからの展開は、初めて観た時泣きそうになった。
P3113



「そりゃそうだ・・・。世の中そんなに甘くない・・・」

この泣き顔パーツをリペイントした時は、実際の映像を見ながらやったんだけど、
このパーツはリペイントして表情をクッキリさせると、思ってた以上に似てるんだよなあ。
つまり元の造形は悪くなってことやね。やはり造形だけでなく、塗装も非常に大事だと思い知らされた。
P3114





ここからは「START DASH !!」



この「START DASH !!」(3人verの方)は、μ'sの曲の中で一番好き。
これがμ'sの原点だし、もしこのファーストライブで3人の心がヘシ折れてたら、
μ's自体速攻解散してたし、ここで諦めずに一歩踏み出したからこそ、今があるんだもんなあ。
この曲と「僕たちはひとつの光」の歌詞って、対になってるよね。
アニメでのはじまりと終わりの歌。

↓流石に全部のポーズをやってたら膨大な量になるので、一部のシーンだけ(笑)。
P3115
P3116
P3117
P3118
P3119
P3120
P3121
P3122


正直アクションフィギュアでポーズ取らせたり、良いアングルで写真撮るのに慣れてないから、いじってる最中えらく苦労した(笑)。
ブログのレビューとかで、キレイな写真撮ってる方達、ホント凄い。でも遊んでてすげー楽しかった。


このファーストライブの衣装は、肩部分の可動に干渉するような装飾が無いことと、
生足とニーソの付け根部分も可動するので、非常にポーズが取りやすいのが素晴らしい。



こうしてファーストライブ衣装はコンプされたし、来月からの「ラブライブ!」フィギュアーツは、
「僕らは今のなかで」の衣装でにこにーからのスタートで、figmaは穂乃果の夏制服からのスタート。
すでに両方予約しちゃってるから、また金が掛かる・・・(笑)。
しかもfigmaの方は特典表情パーツが欲しくて、絵里・ことりも含めて公式ショップで予約したから、値下げが無いからなあ・・・。
あとはfigma穂乃果が届いた時に、アーツとの比較も楽しみだ。




07月27日
○手裏剣戦隊ニンニンジャー 第22話○
八雲&キンジのメイン回。気のせいか、八雲のメイン回ってやたら多い気が。
空気(て言うか無個性)の凪にもっと出番を与えてあげて・・・(笑)。

今回八雲とキンちゃんが、頭が固くて獅子王を使いこなせないみたいな話だったけど、
何となく「仮面ライダーキバ」の音也と名護さんの遊び心回を思い出した(笑)。
八雲はまあ分かるけど、キンちゃんってそんなに頭固かったっけ?生真面目ではあるけど。

敵サイドでは、相変わらず有明の方が好き放題やっとる(笑)。
九衛門はせっかくご家老の名前いじりから解放されたのに、今度はこっちから
「キツネ」呼ばわりされてるし、また無駄な気苦労を背負うハメに(笑)。
有明の方は、今のところ面白い変なババアでしかないな(笑)。


※今度お盆前にニンニンジャーの6人が、博多で映画の舞台挨拶をするので一応チケットを取った。
平日だから、無事行けるといいけど・・・。
その翌日はグリーンランドにドライブのメンバーが来るけど、今年は行けそうにないのが悔しい・・・。


○仮面ライダードライブ 第39話○
今回登場した新しいロイミュード、意味不明なレベルでナルシストな上に、ビジュアルがスギちゃんにしか見えんかった(笑)。
あと最近新キャラがオッサンばっかなせいで、誰が誰だか時々分からなくなる(笑)。
そして進ノ介がこいつに「モテそうにない凡人」呼ばわりされて、やたらブチギレて変身してたけど、
そんなんで怒るなよって言うか、何か過去にイヤなことでもあったのか?(笑)。

今回進ノ介と霧子がカップルのフリをして捜査をしてた時に思ったけど、
竹内君は今回みたいに前髪下ろしてる方がイケメンだな(笑)。


あとストーリーの重要部分としては、ついにベルトさんと蛮野博士が再開。ベルトさんやたらとブチギレてたなあ。
そしてとうとう霧子にも秘密が色々とバレた。
ラストでは蛮野が本性を現して(?)進ノ介を攻撃してたけど、そこからいきなり映画の番宣的展開へ。
俺基本的には映画の情報はなるべく見ないようにするタイプだから、
今の展開がテレビの本編なのか、映画の番宣の延長なのかサッパリ分からん(笑)。
「鎧武」の時もやたら番宣多かったけど、混乱するような展開はカンベン。


ギャグの部分では、捜査の一環としてチェイスが運転免許を取ろうしてたけど、
免許証にそのままチェイス(ちぇいす)とか書かれてたのに爆笑した。せめて何か適当に仮名くらい付けてやれよ課長・・・(笑)。
それと何だかんだで、剛&チェイスの仲が良いのか悪いのか分からんコンビのやり取りが面白い。
本人らは大真面目なんだろうけど、完全に漫才になってるし(笑)。


○GO!プリンセスプリキュア 第25話○
夏休みってことで、はるはるの実家にみんなでお泊り!・・・なんだけど、みなみん&トワっちのメイン回(笑)。

みんなに「夏休みだからって浮かれちゃダメよ」とか言いながら、大量の荷物を持って、
全力で遊ぶ気満々のみなみんがクソ可愛かった。お前が一番浮かれてるだろ(笑)。
途中のセリフの大半が「夏休みの体験ね」ばっかだったのが笑えた。

みなみんは、パッと見近寄り難い生徒会長みたいな感じだけど、穏やかだしヒスったりしないし、割と可愛らしい性格だからなあ。
あと今回の浮かれっぷりやトワっちへの反応からして、はるはると出会うまで、心を開いて素を見せれる友達があまりいなかったんだろうなあ。


今回出てきたはるはるの実家だけど、普通の中流っぽい和菓子屋さん。よくノーブル学園に入学させられたなあ(笑)。
まあ客も多かったし、ああ見えて凄く儲かってるのかもしれんが。
流しそうめんの時に、みなみんとトワっちだけなかなかそうめんを取れずに苦戦してたけど、アレあの2人だけ取れなかったのって、
1時間前の「ニンニンジャー」のヤッキーとキンちゃんが獅子王を使いこなせなかった理由と同じだろ(笑)。


敵サイドでは、シャットが居場所が無くなってて、色々と気の毒になった(笑)。元トワイライト(笑)の人に
そんなに未練があるのなら、ディスダーク引退してプリキュア側に付けばいいじゃん、どーせ組織にも友達いないし(笑)。


あと結局みなみんが持って来てた最後のケースの中身は一体何だったんだろうか?
夜更かしして使うみたいだし、きっとテレビで朝っぱら放送出来ないような過激なものが入ってたんだろう(笑)。




07月26日
劇場版「ラブライブ!」公開7週目となる昨日(7月25日〜)より、
入場特典が変更になったので、7回目の観賞に行って来た。



先週のフィルム地獄も(一旦)終わり、
今回の特典は各学年毎の描き下ろしイラストポストカード。
更には、配布即瞬殺だったミニ色紙の再配布がいよいよ開始。
しかも前とは違って、9種類ランダム配布。今回もなかなか争奪戦の厳しそうな展開(笑)。


一応俺に関しては、ミニ色紙9種類は全部コンプしてるし、ポストカードについても、まあ2年生組だけあればいいかな?と思ってた。
つーか映画はじまるギリギリまでコンプするか否か散々悩んだ(笑)。



まあとりあえず一回目の観賞に行ってみたら・・・、
結果は2年生組のポストカード&穂乃果のミニ色紙&シリアルが一発で出た(笑)。

流石俺!!穂乃果だらけのフルコースじゃないか(笑)。
P3104
P3105

もう上記の段階でほぼ悔い無しなんだけど、悲しいコレクターの性か、
結局全部欲しくなってしまい、予定変更して後の回でもう2回観ることに(苦笑)。


結論から言えば、↓下記の通りポストカードはフルコンプ。これ各学年毎に担当しているイラストレーターが違うのね。
純粋にイラストだけで言えば、1年生組が一番好き。凛がクソ可愛いわ。
P3106



最初2〜3回目の観賞の時は、にこ色紙&3年生組ポストカードの組み合わせが2つ出たの。これはこれでスゲー偶然(笑)。
それでポストカードは、劇場で1年生組とトレード。
ダブったにこ色紙は、別の方とことり色紙と交換。しかもその方がにこシリアルを持っていたので、ようやくシリアルについてもコンプ完了した。

ポストカードもシリアルもコンプ出来たし、穂乃果の色紙も予備ゲット出来たし、
今回は素晴らしい収穫だった。散々迷ったけど、3回分行って良かった。


来週(8週目)の特典は、旅のしおりか。これはランダム物じゃないので余裕だな。
(ミニ色紙争奪戦は、まだまだ続くけどw)

そして・・・・・、恐ろしいことにフィルムまで再配布をやる模様(笑)。多分時期はお盆位かな?ちょうど客が見込めるタイミングだし。
う〜ん、俺は前回の結果が微妙だったし、また多々買っちゃうんだろうなあ・・・。
このフィルムって、結構配布された地域(劇場)によって当たりハズレの格差があるから、ハズレ劇場にいくら通ってもムダなのが恐ろしいところ。
調べた限りでは、俺が行った劇場(ひょっとして福岡の大半?)なんて相当微妙だったし。
ラスト2曲の映像が配布された劇場なんて宝の山だもんなあ。(「Angelic〜」は福岡にもあったみたいだけど)
各劇場にフィルム配布する時、各場面毎に固めたりしないで、全部シャッフルして完全ランダムで配布して欲しいわ。
他の特典とは違って、全員同条件って訳じゃないんだし。





それとゲーセンに行った時に
「ラブライブ!プレミアム懐中時計」の2年生組をゲット!
最初はにこにーのぬいぐるみを取るハズが、こっちが目に付いてしまい、結果的に予定変更(笑)。
P3107

時計を閉じた状態のウラ(右)オモテ(左)。
P3108

まあ一応取ったものの、持ち歩いて傷が入ったらイヤなので、ウチで飾っておこう(笑)。




07月25日
NECAから発売されたゴジラ(1988 ビデオゲームver)の
アクションフィギュアを買った。


P3093


今回は映画作品がモチーフではなく、何と1988年にファミコンで発売された「ゴジラ」のゲームに登場するゴジラ(笑)。
こんなこと思い付くとは流石海外メーカー(笑)。バンダイなら絶対やらんわ。


↓このドット絵、ファミコンにしてはスゲー良く出来てるよなあ。
これは「対モスラ」か「地球最大の決戦」あたりの造形かな?
P3094



箱のデザイン。いつもみたいにブリスターじゃなくて箱に入ってた。
左:オモテ面、右:ウラ面。
P3095

箱を開いた部分。
左側はゲームの移動画面じゃないか(笑)。
P3096



色んな角度から。

基本的には以前発売された1985年版(日本で言う1984年版)のカラバリ。
本当なら上記のドット絵みたいにモスゴジあたりをモチーフにして欲しかったけど、
そうなると完全新規造形になるからやらなかったのかな?(笑)。
それに当時は、この84ゴジラが最新作だしね。俺もこのゲームはやったことあるから、色々と懐かしい。
P3097

ゲームのタイトル画面みたいに目がちゃんと赤くなってる。
P3098

ゲームの画面でも一番見掛ける真横からの写真だけど、このドット絵風の塗装が面白いよなあ。
P3100



以前発売された1985年版との比較。

最初これの単なるカラバリなのかと思ってたけど、こうして並べてみると背ビレの大きさが全然違う(笑)。
こうやって並べてみて初めて気付いた。確かにゲーム中のドット絵の背ビレは、結構デカイからなあ。これは良いこだわり。
P3101




分かる人には分かるゲーム中での嫌な思い出(笑)。


「VSガイガン」

P3102


<br>「VSキングギドラ」
P3103


このゲーム、画面端で敵に挟まれたから、相手が止めるまでひたすら体力削られるからなあ(苦笑)。
特にこいつらに画面端でグリグリやられたら尋常じゃない位体力奪われる。
近付かれないように、ひたすらジャンプキックや熱線で追い払ってたよなあ〜。
色々と懐かしいわ(笑)。


さて、次にNECAから出るのは、待ちに待った初代ゴジラか。
これはいずれバンダイのモンスターアーツからも出るとは思うけど、確定ではないし、まずはNECA版を楽しみにしておこう。
NECA製は何と言っても、しっかり遊べて値段が安いのが良いよね。




07月24日
S.H フィギュアーツの高坂穂乃果の各表情パーツをリペイントした。

て言うのも、今週末には南ことりが届くし、ついに2年生組が3人揃うので、それに備えてのリペイントって訳。
何せ2人目に発売された園田海未から急に表情パーツの塗装精度が上がってるし、
これでことりが同精度で塗装されたら、間違いなく初期作品の穂乃果だけ浮くからなあ(笑)。


↓とりあえず状況がサッパリ分からん表情(笑)。

P3084




↓これがリペイント前の状態。

海未と見比べていただければ分かるけど、穂乃果には唇の境目にラインが入ってないし、頬にチークも入ってない。
穂乃果より前に発売されているセーラー戦士やプリキュア達にさえ入ってたのに、何で「ラブライブ!」キャラ第1弾の穂乃果でいきなり手を抜くかなあ・・・。
「ラブライブ!」キャラは、今後figmaでも発売されるのに、大切なトップバッターだろ。
この辺バンダイがまだまだ美少女キャラのアクションフィギュアじゃ、figmaやねんどろいどには及ばない部分だわ。担当によってムラがあり過ぎ。
増してや、発売時期にそんなに差が無い次の海未でキレイに塗られてたらそりゃ見劣りするに決まってる。
つーか海未は、バンダイの美少女アクションフィギュアじゃ、トップクラスの出来だと思う。
造形だけじゃなくて、ちゃんと海未らしい雰囲気も出てる。
P3085



↓リペイント後の状態。

これで割とマシになった思う。そもそも海未に比べて造形が特別劣ってる訳ではないし。
唇の境目にラインを入れて、頬にチークを入れてみた。
ちょっとチークを入れ過ぎたかな・・・?って気がしなくもないけど(笑)。
一応塗装のやり方については、海未に準拠する形にしてます。
泣き顔パーツは元々頬の紅潮ラインが入ってたんだけど、海未に合わせて、よりクッキリさせた。
※頬のチークは、タミヤのウェザリングマスターHセットのピーチを使用。
P3086




各表情パーツ毎に、穂乃果&海未で色々ポーズを取らせてみる。

リペイント後にこうやって2人並べてポーズを取らせてみると、全然違和感無いし、イイ感じじゃん!
やっぱりこう言うのは、塗装一つで化けるよなあ。
P3087
P3088
P3089
P3090




深い意味は無いけど、最後にオマケ(笑)。

シチュエーションやセリフは、ご想像にお任せします(笑)。
P3091
P3092


来月は同時期(多分)に、フィギュアーツのにこにーと、figmaの穂乃果が出るけど、
他社の穂乃果同士を比べるのが非常に楽しみだ。
同キャラ製品対決と言えば、バンダイもアーツ「龍騎」 vs figma「ドラゴンナイト」の時は
やたら本気出してたから、あれ位全力で来て欲しい(笑)。




07月23日
○ウルトラマンX 第02話○
いきなり強敵バードンが登場。
「メビウス」の時も早かったけど、今度は第2話か。

バードンは「タロウ」において、タロウとゾフィーを一度は殺したヤツだし
子供の頃の再放送で、バードンの暴れっぷりを見て本気で恐ろしかったから、
今でもゼットンとかと並んで"怖い"ってイメージが頭の中に染み付いてる(笑)。

今度のバードンはメスで、胎内に2体の子供まで抱えている非常に厄介な相手。
向こうも子供を守る為に、必死で襲ってくるからなあ。で、第2話にして、いきなりこの番組のテーマか分からないけど、
"怪獣を駆除することに正義があるのか?""怪獣と共存出来るのか?"みたいな重い話を持ってきたんだなあ。
この点に関しては、Xに倒された怪獣は死ぬんじゃなくて、人形に戻るだけだから、「コスモス」とかみたいな鬱陶しい話にはならなくて済みそう。
それに怪獣を駆除することの妥当性について、女性副隊長の言う"(人間の)犠牲者を出さないようにすること"って言う線引きは、至極妥当だと思う。

そしてバードンが産卵する為に、地上に巣を作ってたけど、あの巣に集められた人間達は・・・、ハッキリ明言はしなかったけど、絶対食用だよなあ。
確か「タロウ」の初代バードンは人間食ってたし。第1話の時も思ったけど、この番組は怪獣の特性とかをキッチリ描くし、
装備とかはモロ平成の作風だけど、物語の作りはしっかりウルトラマンしてるんだよなあ。
この人智を超えた巨大怪獣と戦ってる雰囲気は凄く好き。


次は主役の大地とXについてだけど、Xへの変身アイテムは、Xが支給したものではなくて、XIOのデバイスを使うのね。
成程、これなら変身の時に電子音声が鳴っても、人間の作ったサイバー怪獣と合体しても違和感無い訳だ。
しかも電子音声の声って・・・、キュアトゥインクル役の山村響さんなのね(笑)。
何気に主役ヒーローで、女性ボイスの変身アイテムって初だ(多分w)

今回登場のゴモラアーマーは、思ってたより全然カッコ良いじゃん。
最初あんなゴツい装備ウルトラマンに似合うかな?って思ってたけど。しかもあのバードンのクチバシ攻撃でもビクともしないとは。
必殺技はやっぱり超振動波なのね。個人的には尻尾なイメージだけど、まあ最近はこっちの方が主流か。

結局このサイバーアーマーって、どっちかと言えば「グリッドマン」の流れだよなあ。
CSで「グリッドマン」の再放送観ながら、「防衛隊の装備と、ウルトラマンを合体させれば良いのに」って思ってたけど、ついにそれが実現した。

これ早く「鎧武」のアームズチェンジシリーズみたいに、アーマーを着せ替え出来るフィギュア出して欲しいなあ。




07月21日
ねんどろいどの園田海未を買ってみた。


ねんどろいどで「ラブライブ!」キャラを買ったのは今回が初めて。ちょっと試しに買ってみました。



笑顔パーツ。

P3078


投げキッスパーツ。

P3079


「山頂アタックです!!」

P3080



キューポッシュえくすとら スクール水着ボディを無理矢理着せて、

\みんなのハート打ち抜くゾ!バ ー ン ?/

P3082



最近ゲットした海未関連の造形物の全部乗せ(笑)。
P3081



最後は・・・・・、撮影されてるとも気付かずに、
鏡の前で可愛く見える笑顔の練習(笑)。
P3083



ねんどろいどは、流石に顔の造形は安定して良いデキだなあ。
難点を言えば、表情パーツが2種類しかないことか。怒り顔・照れ顔のどっちかは欲しかった。

そして本日、穂乃果に続いて、海未の練習着版の発売も発表された。
そっちには上記の表情パーツが付いてたから、最初から分けるつもりだったんだろうなあ。

練習着版の方は、穂乃果も含めて揃えたいかな。




07月20日
○手裏剣戦隊ニンニンジャー 第21話○
ついにキンちゃんが正式メンバーとして加入&練習着も支給された。
キンちゃんはこれまで我流で高等な忍術を覚えたが故に、逆に基礎的な忍術は使えないみたいだけど、
う〜ん・・・、分かるような分からないような(笑)。

牙鬼軍団サイドでは、新幹部が登場。キュアプリンセス・ノイズ様と来て、今度はハミィか(笑)。
プリキュアに出てた声優陣ばっかりだなあ(笑)。しかも自分で美魔女とか言っちゃう痛いヤツだし。
敵の親玉の奥方様ってことで、流石にご家老もアタフタしてたけど、
それを見てほくそ笑む九衛門が(笑)。今まで散々名前でいじられたもんなあ。

今回の妖怪・バクの人間の夢を奪う能力。完全に「プリンセスプリキュア」のディスダークと同じじゃん(笑)。
野球少年の方はともかく、天晴については真面目にバイト探してたし、
ハッキリ言って夢を奪われた状態の方が、よっぽどまともだった気が(笑)。
働きもせず勉強もせず忍術の特訓ばっかしてるって、サイヤ人じゃないんだから(笑)。

夢を奪われた者に対しての解決方法としては、ただ敵から奪い返すんじゃなくて、
興味を失ったことに触れさせることで、再び熱い思いを蘇らせるってやり方は好きだった。


○仮面ライダードライブ 第38話○
とにかくハート様がカッコ良過ぎて困る(笑)。
ここまで正々堂々としてて、仲間に本気で優しい敵キャラって
ライダーの歴史の中でいなかったと思うけど。前クールの仁良課長やブレンって・・・(笑)。

メディックも最初はハートの怒りを買ってシカトされたり、黄金のソースをライダー達に台無しにされて発狂してたけど、
助けに来てくれたハートに優しく諭されてもうメロメロに(笑)。ハートが仲間を大切にする理由は、凄い説得力ある。
しかもその後進ノ介の戦士としての技量に敬意を表して頭を下げたりと、何でイチイチカッコ良いんだよ(笑)。

とは言え、ロイミュード達がこれまで人間達を苦しめてきたことに代わりはないし、進ノ介もハートもあくまで敵として戦うことには変更なし。
そりゃこれまで多くの死人も出てるし、今更和解なんてありえんわな。
でもお互いが戦士として正々堂々と戦うってだけで、何と気持ちいいことか(笑)。


今回マッハが超久々に名乗りポーズをやってたけど、何か動きも言い方も、こじんまりとしてたなあ(笑)。
やっぱり剛は不敵な感じで言わないと、色々と物足りない。


○GO!プリンセスプリキュア 第24話○
待ちに待ったきらら&トワ回。トワのニックネームは、トワっちなのね。
これまでの法則性からして、トワトワになると思ってたけど、流石に変えてきたか(笑)。
最初は何できららとトワっちがルームメイトになるんだ?と思ったけど、
きららはサッパリした性格だし、何気に世話焼きだし、過剰に相手の事情に
入れ込んだりもしないから、世間知らずのお姫様相手には絶好のルームメイトだわ。

最初の転校シーン。やはり歴代の転校生プリキュア達同様、しょっぱなからやりやがった・・・(笑)。
そしてエレン同様、やっちまってるのに気付いてない(笑)。


今回トワっちがこっちの世界に慣れてないこと等諸々で、自分が笑顔を忘れてしまったことに悩んでたけど、
それを一方的にきららが助けるんじゃなくて、きらら自身も色々テンパって
自然な笑顔が作れなくなってることに気付き、お互いに助け合う流れになってたのは良かった。
片方が一方的に助けるだけじゃ、相互理解にはならないもんね。
池の前のくすぐりシーンや、最後の「あらあら、仕方ないですわね」のシーンは、大変ご馳走様でした(笑)。


それと食堂でのきららとトワっちが微妙にピリピリしてたシーン。はるはるは茶碗のご飯と味噌汁を、ナイフとフォークで食べるなよ(笑)。
そんでトワっちは既にファンまで出来てたようだけど、みなみん・きらら・トワっちの学園のアイドル組が固まってる中、
そこに混ざってるはるはるとゆいゆいのことを他の生徒達はどう思ってるんだろう?(笑)。
しかもみなみんとはるはるは、いつぞやにみんなの前でダンスまで踊ってたし、怪しい集団みたいに見えてなきゃいいけど(笑)。




そして、今日は海藤みなみ様のお誕生日おめでとう!!
あと今日は「海未の日」でもあるので、みなみん&海未のツーショット(笑)。

P3077

※今日初めて気付いたけど、みなみんと穂乃果・母の声優さん同じだったのね。
つまり穂乃果はプリキュアの娘だったのか(笑)。





07月19日その2
劇場版「ラブライブ!」公開6週目となる昨日(7月18日〜)より、
入場特典が変更になったので、6回目の観賞に行って来た。



今回の特典は、「μ's思い出の1コマ」って言うフィルム4コマのランダム配布。

間違いなくこれまでで最も恐ろしい争奪戦になると予想してたけど、案の定ネット予約開始と共に完売続出(笑)。
今もオークション上では、当たりフィルムがゾッとするような高値で取引中。
元々フィルムは欲しがる人が多い上に、2〜4週のミニ色紙でのトラウマからか、みんな特典が無くならない内に席を取ろうとするもんね。
先週のポスターからは、結構な量仕入れてるから、初日の1〜2回で品切れなんてことはもう起こってないんだけどさ。

もう映画がはじまって一ヶ月以上経つと言うのに、祭りの勢いが全然衰えないから、
何かそんなに時間が経過したような気にならないわ(笑)。




今回のフィルムについて、俺としては出来れば推しキャラの穂乃果が写ってるものが欲しいなあ〜と思いつつも、
そんな贅沢も言えないし、せめて背景だけのシーンみたいな大ハズレを当てないことを祈りつつ、劇場に向かった。
そして・・・・・、俺がゲットしたフィルムは↓コチラ。

まずは土曜日分。友達の分も含めて。
3年生組の曲が終わって、穂乃果の家に集まった時のシーンか。
1枚目なんて3年生組のプロモからの暗転→穂むらの入口じゃん(笑)。

そして俺の推しキャラの穂乃果だけど・・・、一応いる(笑)。
横からの微妙な映像だけど。それどころか、そこそこの人数写ってる(笑)。
まあ当たりとも言えないけど、ハズレでもない1コマやね。

どうやら俺が行った劇場は、フィルムのシャッフルとかは特にやってないらしく、
ちょっと間を空けて入っても、結局下記のように同じシーンだった。
だから、独り占めしようとして、一回の上映で大量に買い込んだヤツは、運が悪いと悲惨なことになる訳(笑)。
P3072
P3073




そして日曜分。まだ完売してなかったので、友達と共に買ってみた。
今回は昨日の反省も兼ねて、同じ回では買わないようにして。

↓これは雪穂と亜里沙が、練習場所の相談をしてるシーンか。
今回もまたしても穂乃果は写ってる!!・・・後ろ姿だけどね(笑)。せめて妹組2人がアップだったらなあ・・・。
でも多分同じ回を観た人でも、3人の誰かのアップを引いた人もいるんだろうなあ。
結局これはダチの分だったんだけど、もらいました(笑)。
P3074


同日の別の回の分。
今度は海未&ことり。やっとキャラが大きく写ってるヤツが来た(笑)。
これは多分スクールアイドル全員のライブをやる時の朝に、2人が穂乃果を迎えに来たシーンだろうね。
後ろの背景は、高坂家の向かいの家だし。
P3075



こうして当たりともハズレとも言えない、何ともコメントに困るフィルムばかりゲットしちゃったけど(笑)、
まあ背景とかみたいな大ハズレは回避しただけラッキーだったのかもしれない。
ツイッターを見てると、悲惨なフィルムゲットした人もたくさんいたし。

そして今回凄いのは、我が手中に来たフィルム全てが、高坂家での出来事ばかりなところ(笑)。
これはやはり・・・・・、穂乃果のヤツ、俺の気持ちを知っておいて、俺を誘惑してやがるな(笑)。




そして今回の大きな収穫は、ツイッターで知り合った方に、劇場版シングル2〜3弾のラブカを穂乃果と交換していただけたこと。
これは非常にありがたかった。穂乃果・・・・・、ほのかわいいよ。
ツイッターって、物々交換をする際には、非常に助かるツールやね。
P3076



そして次回(7週目)は、学年毎のポストカードか。俺的にはフィルムよりこっちの方が欲しい。
ただ色紙の時のようにコンプするか2年生組だけ狙うか、どうしたものか。




07月19日その1
昨日はプリティストアのカワいろ?パレット ラグーンサファイア
(青&紫組)の発売日だったので、早速福岡店に行って来た。


青&紫カラーのキャラクターは凄く好きなキャラクターが固まってるチームなので、一番発売を楽しみにしてた。

何と言っても、プリキュアで一番好きなエレンがいるからなあ(笑)。
(その反面、全然好きじゃないキャラも結構いる極端なチームw)

俺の好みは、割と青紫と紅白に集中してる気がする。紅白チームも好きなキャラ率が非常に高かった。


アクリルチャームで買ったのは、美希たん・エレン・六花・まこぴー。

もちろんエレンは2個買い(笑)。半分が「ドキドキ」キャラやね。
えりかやれいかも買ってもよかったんだけど、とりあえず今回は保留。
P3065



あとはラグーンサファイア 缶クロックも購入。
これは全員入ってるからお得かな。みなみんもいればなあ〜。
最初iphone6のカバーとどっちを買うか悩んだけど、一応毎日使えるこっちにした。
P3066

缶の側面。
ただの偶然ではあるんだけど、ロゴの位置的にエレンがセンターになってるのがポイント高し(笑)。
P3067





そしてせっかくだから、俺の作ったねんどろいど改造作品と並べてみた。

デフォルメ方法の違いとかも比較出来るし。


●黒川エレン●

流石俺のよm・・・何でもないです(笑)。チャームのイラストは、結構小悪魔っぽいアレンジやね。
改造作品の制作については、髪型が真ん中分けのキャラって少ないから、
改造用の素材探しに一番苦労したキャラ。
P3068



●菱川六花●

六花、りっかわいいよ・・・。頭に被ってるのはマンボウかな?
流石にカエルモチーフではないか(笑)。
改造作品については、もうちょい釣り目にしてもよかった気がしないでもない。
P3069



●剣崎真琴●

個性的過ぎて、髪を作るのに一番苦労したキャラ。ホント大変だった(笑)。
遊ぶ用の小道具も色々準備したし。
それと最近中の人の宮本佳那子さんが復帰するみたいで、本当に良かった。
P3070



●蒼乃美希●

・・・・・オチに使っちゃったけど、まだ改造作品を作ってません(笑)。
今はるはる作ってるからなあ〜。「フレッシュ」に手が回るのは、いつのことやら。
この子については、BS11の再放送で、魅力に気付いて大好きになったキャラや・・・。
P3071


今回のラグーンサファイアの発売。
どうやら東京や大阪では、開店前から列の出来る争奪戦だったようだけど、
福岡は前回のシトラスの時もだけど、全然余裕(笑)。
福岡もいつもじわ売れはしてるっぽいけど、東京大阪程は初日開店早々から
並ぶような濃いオタは少ないんだろうなあ。そもそも都市の規模も全然違うし。
向こうはれいかや六花が完売だったようね。まあ大友好みだろうなあってメンツ(笑)。


それと同時発売で、フローラとマーメイドのアートボードも出てたけど、
実物を見て・・・やめといた(笑)。値段とサイズとイラストのクオリティがなあ・・・。
トゥインクルやスカーレットを見たら、また気が変わるかもしれないけど。




07月15日その2
ラブライブ! ハイパージャンボ寝そべりぬいぐるみ 園田海未をゲットした。


確か5月にえりちを取ったんだけど、再び手を出してしまった(笑)。
「ターミネーター」を観た帰りに、ちょうど入荷されてたもんだから、誘惑に負けて。


↓相変わらず気の抜けた顔してるなあ(笑)。
P3060


真下から。
天空を舞う海未ちゃん。
当然ではあるけど、学年毎にリボンの色が違う(笑)。
P3062


真正面から。
(フィギュアーツの)海未自ら乗り込んで、珍獣を操縦(笑)。
P3061


前にゲットした絵里との比較。
ほむまんに釣られて寄って来る2人(笑)。
P3063


つーことで、ハイパージャンボ寝そべりぬいぐるみ 海未ちゃんでした(笑)。
このぬいぐるみは、ちょっとした休憩中やテレビを観る時に、手元で軽く抱いとくのに
丁度良いサイズなんだけど、海未はああいうキャラなだけに、何となくそれすらも
やっちゃいけないような気になってしまい、とりあえずその辺に置いてるだけの状態(笑)。
P3064

↑やっぱりこうして比較対象があると、デカイよなあ〜(笑)。




07月15日その1
○ウルトラマンX 第1話○
ウルトラシリーズ最新作「ウルトラマンX」放送開始!!

いやあ〜、想像以上にクオリティ高くてビックリ!王道のウルトラマン路線に、
平成風のギミック(玩具関連とか)を加えた感じで、なかなかイイじゃん。
冒頭の世界各地に「Q」〜「マン」の怪獣達が今までにない映像演出で暴れてるシーンで、すでに興奮しまくった。
正直「ギンガ」第1期は、あまりに予算ケチってて色々残念な点もあったけど(その分「ギンガS」では頑張ってた)、
「X」はいきなり予算惜しまず投入してきたなあ。まあこれも多分「ギンガ」シリーズが上手くいったって証左なんだろうけど。

今回の防衛チームは、ちゃんと戦闘機も登場するけど、戦闘機が戦ってるのを見て、やっぱり「ウルトラマン」には前座として
戦闘機が必要なんだなあと再確認。隊長は「仮面ライダーオーズ」でドクター真木を演じてた神尾佑さんなんだな(笑)。


特撮に関しては、「ギンガS」とはまた違った方向性で、今までに無い映像が観れた。
今回は怪獣の巨大感・重量感とミニチュアの精密さを丁寧に見せてる感じ。
新怪獣デマーガのデザインも、王道の二速歩行型怪獣でカッコ良かったし、サイレンが鳴り響く中、街を歩き回り、
人間に向かって容赦なく熱線を吐くシーンもなかなかの迫力。そうそう、こういう怪獣の丁寧な破壊シーンが観たかったのよ!
破壊されてるビルも中身までちゃんと作られてる感じだったし、効果音も爆発音だけでなく、鉄骨が散乱してるような音まで入ってるのが細かい。


そして肝心のウルトラマンXと変身する主人公・大地隊員。今回もギンガ&ビクトリーに続いて、変身後もウルトラマンの中で
変身者がウルトラマンを操作している映像が付くのね。ギンガとの違いは、ウルトラマンもよく喋ることか(笑)。
初変身の時の、ウルトラマン(変身者)視点の映像や、視点が変わって驚くシーンなんかは今までにない演出で笑えた。
光線技も大迫力だったし、放った反動で地面がエグれる演出も好き。それにこんなにメカメカしいウルトラマンも初だな。


さて、来週は「メビウス」に続くいきなりの強敵バードンの登場に、Xの売りとなるサイバー怪獣のアーマーと、これはメチャクチャ楽しみだぞ!




07月13日

※今回もニンニンジャーは省略します

○仮面ライダードライブ 第37話○
泊父事件編も片付き、新章に突入!!

仁良課長が1クールたっぷり暴れてくれたおかげで、急に番組が静かになった(笑)。
俺も最初は仁良のこと嫌いだったけど、最後の方はちょっと好きになってたし、ブレンとのコンビが面白かったからなあ(笑)、いざいなくなると寂しい。

それに後から気付いたけど、仁良とブレンがギャグ要素を受け持ってくれてたことと、泊父事件の闇が深かったことも相まって、
最近は特状課が過剰なギャグをあまりやれないでいてくれたことで、何気に番組が引き締まって緊張感が出てたと思う。
実際泊父事件編が片付いてvsロイミュード中心に戻った途端、また寒いギャグに戻ったからなあ。あの料理のくだりは、何とも言えない気分に。
まあベルトさんが料理を食べられなくて悶絶してるところは可愛かったけど(笑)。


敵側の動きとしては、メディックが雑魚のロイミュード達を犠牲にして暗躍をはじめたけど、ロイミュード側の一番のクズはやっぱりこいつだなあ。
真影とかでもロイミュードに対してまで、あんな非道なことはしなかったし。

そんなクズのメディックだけど、とうとうこれまでの悪事がハート様にバレた!メディックに使い捨てられそうになったロイミュードを助けて、
言い訳しようとするメディックを一喝する等、登場の仕方が完全にヒーロー(笑)。
前クールの仁良や真影達が色々策を張り巡らすタイプの敵だったから、久々に真っ向勝負の気持ち良い敵との戦いだ(笑)。


○GO!プリンセスプリキュア 第23話○
異世界からの追加メンバー登場時恒例のポンコツ回(笑)。まあ流石に生粋のプリンセスらしいと言うべきか、
"贅沢を言えない"のレベルが、我ら庶民とは全然違う(笑)。城に住んでメイド3人とか、そんな金どっから出すんだよ(笑)。

そしてはるはる達が落ち込んでるトワを楽しませようと、あちこち連れ回してたけど、はしゃぎ回るプリクラの写真がイチイチ可愛かったわ。
トワはともかく、ああいうのでちゃんとボケれるようになったみなみんも、何だかんだで変わってきてるんだなあ。

で、肝心のトワはこれまでの罪悪感から、自分に楽しむような資格は無いと未だ前向きになれないみたいだったけど、
もうここでも何回も書いてるけど、毎週シャットやロックの後ろで突っ立ってただけで、大して悪さしてないから心配するな(笑)。
フローラ達に対して、泣きながら土下座までしてたし・・・。イースやセイレーンは、そこそこ悪さもやってたけど、トワイライトは別に・・・。

最後はフローラ達の優しさに触れてやっと心を開いて、プリンセスプリキュアに正式加入したけど、
スカーレットのセリフ担当は、「強く!優しく!美しく!」の後の「GO!」なんだな(笑)。

これまでにも書いたとおり、プリキュアになるまでの流れは駆け足過ぎてイマイチだったけど、
トワ(スカーレット)自体のビジュアルやキャラクターは好みなので、今後の活躍に期待したい。


そう言えば、今週からみんなの服装が夏服に変わってたなあ。
みなみんはやっとオバサン臭い服装じゃなくなった(笑)、きららはちょいエロい。
制服の方は冬とあんまり変わらんかったかな。


そして来週はきらら&トワ回みたいなので、これは凄い楽しみだ。一番相性が合わなさそうな組み合わせなだけに、
「フレッシュ」のミキタン&せっちゃん回みたいに、だんだん打ち解けていくであろう展開が面白そう。




07月12日その2
ふたご先生の「プリキュアコレクション」を全巻購入した人全員が貰えるプレゼントがようやく届いた。

昨日ふとポストの中を見たら、ゆうパックで普通に投函されててビックリ。
事務的な通知文書に商品説明が書かれてて、商品もクリアファイルにはさまれてるだけ。
しかも雨の日だったもんだから、ちょっと中身が湿ってたぞ(笑)。もうちょい丁寧に商品を送ろうよ(笑)。



●上北ふたご カラーイラストコレクション●

P3055


●「ドキドキ!プリキュア」描きおろし特製きせかえカバー●

P3056




「上北ふたご カラーイラストコレクション」は、「初代」〜「プリンセスプリキュア」までの、
各媒体等で描かれたイラスト集。少しずつ絵のテイストが変わっていってるのが分かる(笑)。
↓は最後のページだけど、右側のあとがきみたいな所は、非プリキュアの満・薫・レジーナや、
まだ劇中で登場したばっかりのトワまでちゃんと入ってるのがポイント高し。
P3057




「ドキドキ!プリキュア」描きおろし特製きせかえカバーは、これを「ドキプリ」の単行本に
取り付けることで、ようやく他の作品と同じフォーマットになった。

送られてきたカバーは、折り目が一箇所しか付いてなかったので、ちょっと位置調整が大変だった(笑)。
P3058
↑基本ふたご先生のイラストは、テレビ本編より等身高くてスタイル良いよね(笑)。



↓「初代」〜「ハピネス」までと、現在発売されている劇場版まで全巻揃った状態。
やはり帯がキレイに統一されている状態はいいものだ。
P3059



来月8月6日は、「GO!プリ」の単行本も出るので、これも楽しみ!
しかもこの時期に出すってことは、1巻だけじゃないんだろうし。




07月12日その1
劇場版「ラブライブ!」公開5週目となる昨日(7月11日〜)より、
入場特典が変更になったので、5回目の観賞に行って来た。


※もう映画公開から1ヶ月以上経ってるので、多少ネタバレ要素も書きます。


ここからはついに映画公開前には告知されていなかった領域に突入。
今回の特典は、「μ's旅の思い出ポスター」って言うB2サイズのポスター。

今回は1種類しかなくランダム要素も無いので、こっちも気楽だった(笑)。

このアングルは、穂乃果&ことりのフトモモが最高なんですが(笑)。

それと凛は、各地のスクールアイドルと交渉する時にやってた謎の新技をやってるじゃないか!

そうか、ここでマスターしたのね(笑)。
P3053

今回のポスター、B2サイズとそこそこ大きい為、持って帰るのがちょっと大変だった(笑)。
タペストリーやクリアポスターとは違ってただの紙だから、、水に塗れたりぶつかって折れ曲がったりしたらアウトだし。
一応最初からビニール袋に入ってたとは言え、外は雨の上に人ごみも凄かったので、
メッチャ緊張しながらの帰宅だった(笑)。一応俺の鉄壁のディフェンスのおかげで(笑)、無事生還。

帰り道はみんなこのラブライブレード(ポスター)を持ってたので、
「ラブライブ!」の映画帰りなのがバレバレ(笑)。




特に意味は無いけど、いつぞやにゲーセンで取ったタペストリーとのサイズ比較。
こうしてみると、むしろタペストリーがデカイのか。B2ノビサイズちょい位?
このタペストリーの絵柄は、映画の中でも度々登場してたので、今更ながらこれは頑張ってゲットしといて良かったと思う。
これを持って帰る時も大変だったけど(笑)。
P3054





そして来週(6週目)は、いよいよフィルムか・・・。
云わばランダム特典の極致だ。これはメッチャ争奪戦&交換会が盛んになりそうな気が。
一応今回のポスターは、色紙の瞬殺の反省を受けたのか、これまで以上に数を用意してるっぽいので、
多分フィルムも初日の1〜2回目の上映で、速攻終了みたいなことは無いと思うけど・・・。
つーか3連休真っ只中なんだから、3日分は用意しなきゃいかんよ。

とりあえずフィルムは、穂乃果が映ってるシーンが欲しいなんて贅沢は言わないから、
キャラがちゃんと映ってるシーンが当たりますように・・・・・!!「ヱヴァ破」のBDのフィルムの時みたいに、どこかも分からん上に
誰も映ってないような風景が当たったら、ヘコむなんてものじゃないからなあ(笑)。
一応一番欲しいシーンは、ED曲の「ああ〜、ほのかなあ〜」のとこだけど、まあ宝くじレベルの確率だ。



更に7週目以降も、追加特典が来てしまった・・・、これは最終週まで出すつもりかな?(笑)。
もう今回で前売券のストックも尽きちゃったよ・・・。こんなことなら、あの時もっと買っときゃ良かったわ・・・。




07月11日
アルター製のラブライブ! 西木野 真姫 水着Ver. 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュアを買った。

いつものパターン(笑)で、発売日が延期しまくったけど、ようやく発売。
とは言うものの、最初は買うつもりはあまり無かったんだけど、店頭で実物を見て一目惚れ。
・・・グッスマの穂乃果を買った時と同じパターンや(笑)。
この真姫も、間違いなく「ラブライブ!」の完成品フィギュアとしては、トップクラスの出来。
P3038




色んな角度から。


顔もちゃんとイメージ通りで似てるし、どの角度からもカワイイ。
もちろん肌の塗装も凄く綺麗だし、この辺は流石アルターか。
P3039
P3040
P3041


お尻がなかなか悩ましい(笑)。
P3042




全身ショット。


この写真だと、ちょっと色白っぽく見えるけど、実際はもっと赤みのかかった肌色です(笑)。
P3043
P3044
P3045
P3046




また違う角度から。


脇とお腹のラインが凄いセクシーやね。
P3047
P3048
P3049
P3050





前に出た第2期OP衣装のプライスとの比較。


プライスの顔でも十分イイ出来だと思ってたけど、いざ実物同士を並べるとやっぱり塗装の緻密さが全然違う(笑)。
写真じゃちょっと分かり辛いかもしれないけど。
P3051




ってことで、一目惚れ購入ではあったけど、非常にイイ買い物をした。
まあアルターは基本安心して買えるメーカーではあるけど、必ずしもって訳でもないし、
「ラブライブ!」キャラは初だから、一回実物を見てから購入を考えたいってのはあった。

そしてちょっと値段が高いのは難点かもしれないけど、サイズもデカイし、存在感も抜群!
真姫ファンなら、絶対買って後悔はしないと思う。
あのクオリティが続くのなら、これから同社から発売が予定されていることりや凛も期待大!!
P3052




07月07日

※今回はニンニンジャーは省略します

○仮面ライダードライブ 第36話○
泊警部補殺害事件完結編。
最高のストレスと最高のカタルシスを同時に味わえた良回だったわ。

仁良&ブレンの引き起こした今回の立て篭もり事件の目的
@進ノ介の社会的地位(警察官&仮面ライダー)を失墜させる
A進ノ介を殺す   B特状課を潰す
C泊父が命懸けで助けた女の子を殺して、泊父の死を無駄にするってな感じで、
本当に何もかも奪おうってことだから卑劣過ぎる、しかも泊父子に対する理不尽極まりない嫉妬心や憎悪で。

仁良はホントに救いようがないレベルのクズだけど、怪物ではなくあくまで普通の人間だし、
進ノ介はこいつを暴力ではなく、あくまで警察官として法の下で裁かせないといけないし、
そうしなければ本当の意味で父親の仇を取ったことにはならない。
歴代平成ライダーの陰湿系キャラでも、草加みたいに信念や守りたいものがある訳でもない、
戦極稜馬みたいに大きな野望がある訳でもない、ただの保身しか考えてない小物なのが
仮面ライダーに登場する悪役としては、仁良の別の意味で恐ろしいところ。


まあ基本的には、仁良課長のやり過ぎな挑発行為と、ブレンのコントで、大爆笑しながら観てた(笑)。
とは言いつつも、話自体はとてつもなく重くて、日曜朝の子供番組でやるには内容がキツいから、
あれ位中和しながらやったのは多分正解なんだろうなあ。
こっちも笑いながら観てないと、本気でムカついてくるってのもあったし。特にブレンなんか、本当にコント要因だった(笑)。
モニタ画面が消えた時の画面叩きとタコ足配線のくだりや、記者会見で余計なこと口走っちゃうところは面白過ぎた(笑)。

今回の事件解決への突破口となった進ノ介にしか見えない角度からの女の子救出の映像。
「イッテイーヨ!」の弾幕と、チェイスと剛のサムズアップが最高(笑)。あの2人、だんだん仲良くケンカしな状態になってきたなあ。
初見の時に進ノ介が突然笑った時は「?」となったけど、改めて録画を観返すと、確かに自虐笑いじゃなくて、思わず噴き出したような笑い方(笑)。

進ノ介役の竹内君は、演技どんどん上達してるし、怒りに身を震わす演技凄く良いよなあ。
今回の怒り泣きのシーンの表情も良かったし、映画の「3号」「4号」あたりからどんどん上達してると思う。


バトルは、仁良・ブレンコンビvsドライブ・マッハ・チェイサーのトリプルライダー。
最低最悪の嫉妬コンビを相手に、ついにトリプルライダーが力を合わせる展開は最高のカタルシスだった。
横並びではなく3人で円を作っての同時変身や、ブレンへのトリプルライダーキックはカッコ良過ぎ!!


ラストはようやく仁良を逮捕。ついに泊警部補の仇を討てた。最後の最後まで清々しい程のクズッぷりを見せてくれたけど、
まああれも負け惜しみだろうなあ。そして命拾いしたブレン様も・・・・・、あれはある意味ご褒美だわ(笑)。


○GO!プリンセスプリキュア 第22話○
追加メンバーのキュアスカーレット登場!!
パッションビートに続く敵幹部からのプリキュア転向組か。

今回の展開について先に不満点から書くけど、思ってた通りプリキュアになるまでの展開に、全然感動出来んかった。
やっぱりろくに活躍すらしてないヤツを大したドラマも無く駆け足で仲間にしたってそりゃ盛り上がらないよなあ・・・。
それにはるはるだってカナタの妹だから入れ込んでただけで、咲舞&満薫・ラブ&せつな・ハミィ&エレン・マナ&レジーナみたいに
じっくりお互いのことを分かり合ったりぶつかり合ったりする展開もなかったし。
「GO!プリ」はこれまでドラマ部分がとても丁寧だっただけに、何なんだろうなあ。
あと単なる洗脳解除で終わった上に、トワに戻った途端見た目も別人化したから、トワイライト自体は消滅したに等しいのが。
それにトワイライト(トワではなく)がプリンセスプリキュア達のことを紛い物呼ばわりした意味もあんまり無かったのが。
「気高く・尊く・麗しく」なんて専用の決めセリフまであったのに・・・。トワイライトにはるはる達の心意気を認めさせて仲間にした方が、
相互理解を深められて盛り上がったと思うんだけど。何の為の(悪の)ガチプリンセスvs(自分の目指す)プリンセスだったんだか。
それにトワが自分が洗脳されてた時の罪に悩んでたけど、トワイライトってシャット達の後ろに突っ立ってたイメージしかない(笑)。

それに観てて思ったのが、トワの場合、せつなやエレンの系譜ではなくて、あくまで敵に誘拐されてたトワと言う新キャラが
仲間に加わったと言う視点で観るのが正解なのかな?とも思う。イースやセイレーンと違って、トワイライトという人格は消滅したようなもんだし。
どっちかと言えばキュアテンダー?そう考えながら観れば、今後素直にトワを受け入れられそうな気がする。


そして新メンバー・キュアスカーレットの初変身!流石に変身バンクはハンパなく美しい。花・海・星ときて炎か。
変身バンクで全身に振り掛けてるコロンの中身はガソリンかな?(笑)。
デザインは夏に登場するにはちと暑苦しいけど(笑)、まあパッションもそうだったし全体的に見てなかなかカッコ良いデザインかな。
啖呵を切るのも疑問形ではなく命令形の「さあ お覚悟を決めなさい!」なのも割と好き。

あと俺的にどうしても気になってしまうのが、トワの髪型。まだどうするか分からないけど、
今後ねんどろいどの改造作品を作る時に、果たして俺に作れるのかな?って言う(笑)。


トワ(キュアスカーレット)加入の流れについては、俺的にはあまり納得いくものではなかったけど、今後の活躍でだんだん好きになれることを期待したい。
「ドキプリ」の亜久里だって、最初は好きじゃなかったけど、段々好きになったし。(別にトワが嫌いな訳ではありませんw)



早速3Dアプリにも、早速スカーレットが登場したけど、こんなに髪や衣装にボリュームがあったら、被写体とのツーショット写真撮れないよ(笑)。
P3037




07月05日
劇場版「ラブライブ!」公開4週目となる昨日(7月4日〜)より、
入場特典や販売商品が変更になったので、4回目の観賞に行って来た。


さあ、いよいよ色紙争奪戦最終週。
封切から時間が経過するごとに上映回数も減っていき、色紙の配布枚数も減ってきてるので、
いくら再販が決まってるとは言え、配布方法も現在不明な以上、今回も戦争。


今回配布された描き下ろし複製ミニ色紙は3年生組。

今まで通り前売券3枚使ったんだけど、前回の1年組に続いて、その3枚で
3年生組(にこ・絵里・希)の全員を一発コンプ出来た。


まさかの2週連続一発コンプとは、ツキまくってた。
P3033



てことで、複製ミニ色紙全9枚フルコンプ完了!!
2年生のダブりの交換も行ったし、余りとか無駄な出費とか一切出さずに、最低限の投資&労力で目標達成。

本当はフルコンプする気なんか全く無かったんだけど、3度に渡る特典付前売券商法で、
手元に11枚も前売券があったから(苦笑)、それをこの為に利用した。
席を余らせない為に、付き合ってくれたリア友数人ありがとう(笑)。

前売券や劇場での特典煽り商法の是非については、もう今更どうこう言うつもりもないけど、
そういうことするんだったら、最初からもっと色紙は十分な量を準備しとくべきだわ。
満席なのに、実際は空席がチラホラあるなんて、妙なことになってたりの問題もあったし。
当たり前の話だが、映画が本体だからねえ・・・。
P3034




こうしてミニ色紙もフルコンプしたし、争奪戦からもようやく離脱出来ると安心していたら・・・、
何と来週(5週目)・再来週(第6週目)も新たなる特典が付くことが発覚!

来週(5週目)はポスター、再来週(第6週目)はフィルム。


ハハハハハハ・・・・・、まだやるんかい(笑)。
手元に前売券があと1枚残ってるから、それでポスターをいただいて、
フィルムの時は1回分だけ行ってみるかな・・・。フィルムはまた争奪戦がキツそうだ。

フィルムと言えば、「けいおん」劇場版の時は、澪の横顔だったから、まあまあだったけど、
「エヴァ破」のBDの時は、どこかも分からんような風景だったからヘコんだなあ(笑)。
あんなどうでもいい風景なんか最初から外しとけよ・・・、貰ってもイラっとするだけだし、需要も無いだろ。


今回映画を観てる間もずっと「フィルムで欲しいシーンはどこだろう?」とか思いながら観てた。
まあどうせ一番欲しいシーンなんて当たる訳ないし、もし推しキャラの穂乃果が入ってれば最高だ。





そして手元にあった映画半券をアニメイトとゲーマーズに持ち込んで、景品と交換してもらった。


2週目を観た段階でアニメイトに4枚持ち込んで、ハガキサイズイラストカードをゲット。
完全ランダムなものだから、ことりがダブった。
P3036




そして昨日はゲーマーズにて、ブロマイド6枚と交換。
2年生(&Printemps)の3人は揃った。
最初はまきりんぱなが揃ってたんだけど、まきりんとほのうみをトレード。
にこりんも手放したくなかったけど、交換して下さる方との交渉条件もあるし、双方の推しキャラ優先だから仕方ない。
P3035

半券(前売券)の交換に関しては、せっかく公開初日に原宿のラブライブショップにいたのに、かよちんのカードと交換しなかったのが悔やまれる(笑)。
あとは5〜6週目を観終わったら、どっちに行こうかな・・・。まだ在庫が残ってたらの話だけど。



映画公開前に特典付前売券を買い捲った時は、手元の大量の前売券を見て我ながらアホだなあと思ったものの、
これを使って色紙やらカードやらも入手出来たんだから、まあ悪くはないでしょう(笑)。
色々言いながら、この争奪戦も祭りの一つとして楽しんでるし。




07月02日
今日は「スイートプリキュア♪」のアクリルスタンドの発売日だったので、お姉さん3人分を買ってみた。


ついにシリーズで、俺の一番好きなプリキュアが発売された。
1人足りないけど・・・、まあ正直俺が好きなのはこの3人なもので(笑)。
それに並べる時は、背丈の近いメンバーで並べるのが一番バランス良いし、ポージング的にもイイ感じに絵になってる。
P3027

それとこのアクリルスタンドは、頭のボリュームがタテに多い程、背丈が小さくなるし、
背の低いキャラでも髪のボリュームが無ければデカくなるので、4人で並べると、明らかにミューズが浮いちゃうの(笑)。
(この前秋葉原で初代〜ハピネスの全員分のサンプル品を見て確認済。)




開封前の状態。

今回も弊店間際のプリティストアにて、滑り込みで買ってきた(笑)。
んで店員の女の子と、どのキャラが好きか、ちょっと話したりした。
P3028




キュアメロディ

P3029


キュアリズム

P3030


キュアビート

P3031


プリキュアシリーズの中で好きな作品は他にも色々あるけど、やっぱ俺の中では、「スイート」が至高や・・・。
最愛のキュアビートもいるし(笑)。それにコスチュームのデザインも、スッゲー良いと思う。




あと「フレッシュ」4人を買った時にも書いたけど、タイトルロゴパーツが凄くキレイなので、
↓こんな感じでフィギュアの台座に備え付けるとイイ感じになる。
P3032



次は「ドキドキ」が出たら、買おうかな。





最後に、BS11で再放送されてた「スイプリ」が、先週ついに最終回を迎えたけど、
やっぱりあの最終決戦〜最終回はグッとくるものがあるなあ。
女の子2人(響&奏)の些細なケンカ(本人達には大問題なんだけど)と仲直りからはじまって、
更にエレンとハミィの友情や、アコ一家の絆を経て、プリキュア達が他者とぶつかったり通じ合ったりして
精神的に成長していく姿をキッチリ描いたからこそ、あのノイズとの和解も説得力があるんだよなあ。
あれが後半で取ってつけただけの綺麗事で片付けてたから、絶対感動しなかったもん。
毎週変身前に散々「絶対に許さない!」と言わせておいて、最後に許したのも長い前フリだった(笑)。
最終回のEDのテロップが、ノイズからピーちゃんに戻ってたのも、何気にポイント高し。
もうピーちゃんも敵じゃないんだからね。




07月01日
さっきアニメイトで、「ラブライブ!」のスクフェスの公式イラスト集2と、
劇場版CD第1弾を買いに行ったら、色々と特典が付いてきてビックリ。
今やってる映画の半券で貰えるヤツは知ってたけど、他にもやってたのね。

P3024



↓イラスト集2の特典のクリアシートと、今やってるフェアでもらえるクリアシートと、
コミック用の特別仕様のカバーかな?
何種類かあるモノから、好きなヤツを選べるのはなかなか親切。
でも急に選べと言われても、じっくり見てるヒマもなかったので、とりあえず穂乃果のいるヤツにした(笑)。
P3025


今回買ったCDの詳細は、まだ映画を観てない人へのネタバレ防止の為に伏せとくけど、
個人的には2曲目の方が好きだわ(笑)。あとは来週・再来週も続きが発売されるので、楽しみ!





それと帰りにガシャポンを見たら、「デスクトップラブライブ! がんばれμ's」って言うのがあったので、
数回やってみたら、穂乃果・海未・花陽(×2)が当たった。

デスク周りにまったり飾っとくフィギュアみたいだけど、これはなかなかカワイイ♪
ちょうど食いしん坊コンビと海未と言う都合の良い組み合わせで当たったから、
デッカイ穂むまんとオニギリで和む穂乃果&花陽と、それに呆れる海未みたいな構図が作れた(笑)。
お前ら2人、そんなに食べたらまた・・・(笑)。
P3026
この穂むらまんじゅうは本物の饅頭なので、後で美味しくいただきました(笑)。


このフィギュア、最初は頭部が取り外せるものと勘違いして、必死にかよちんのヘッドパーツを
引っこ抜こうとしてしまったけど、危うくパーツが引き千切れるところだった・・・。ゴメンな、かよちん。








HOME