×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


キャラグミン 園田海未(株式会社ボークス) 作成過程


各パーツのビフォーアフター

●開封した状態の各パーツ●
P2195

●整形後●
P2196

●塗装終了後●
P2197



キャラグミンは最低限の塗装だけでも、それなりのものが出来る初心者にも親切な設定ではあるんだけど、
ガチで塗装してやろうと思い、エアブラシまで購入したんだけど、何かイマイチ上手くいかず(笑)。
あれ不安定な要素が多過ぎて、使いこなすまでかなり経験がいるよなあ。
しかもうちはマンションだから、使いまくる訳にもいかないし。一応髪の毛のハイライト部分に関しては、
ねんぷちの海未を参考にグラデ塗装してるんだけど、元々髪が濃い青みたいな色だし、
エアブラシを上手く使いこなせなかったから、ほとんど分からん(笑)。


てことで、影になる部分等の塗装に関しては、ツールを変えて
タミヤのウェザリングマスターを使用。こっちの方が簡単確実。

・肌の影の部分   →Hセットのペールオレンジ
・頬のチーク     →Hセットのピーチ
・衣装の影の部分  →Dセットの青焼け
・髪の影の部分   →Bセットのスス


1セットに付き塗装用のスポンジは1本しか付属してないから、
道具はダイソーで売ってるアイシャドウを塗る道具が使える(笑)。



↓組み立てちゃうとほとんど見えないけど、
スカートの内部のお腹や下着の部分も、念入りに塗装(笑)。
P2198
P2199


胸の膨らみの影になる部分も念入りに塗装したんだけど、
これもポーズの関係であまり見えないのが残念(笑)。

P2200
P2201


それと仕上げのトップコートは、髪・肌・衣装はつや消しにしたけど、
透明のヒラヒラのヤツは光沢、ブーツは半光沢にした。
ブーツがつけ消しってのも変だし、ヒラヒラのヤツは光ってる方がキレイ。
台座はミラー状のを使ってるけど、まあ理由は言うまでもない(笑)。


目と眉毛はデカールを貼るんだけど、デカールを貼ること自体が初挑戦だったから、メチャクチャ怖かった。
これを失敗したら、全て台無しだからなあ。頬のチークに関しては、「ラブライブ!」のキャラは
風邪ひいてるみたいにいつも顔が紅いから(笑)、ちょっと大袈裟にした。

1.何もしてない状態
2.唇を塗装
3.マスキングテープであたりを付けて、目を貼り付け。
4.同上で、眉毛を貼り付け。
5.頬にチーク塗装&イヤリング取り付け
6.髪を取り付けて完成

P2202


■塗装に使ったツールの一部■
タミヤメイクアップ材シリーズ No.80 タミヤ ウェザリングマスター B(スノー) 87080
タミヤメイクアップ材シリーズ No.88 タミヤ ウェザリングマスター D(青焼け) 87088
タミヤメイクアップ材シリーズ No.127 ウェザリングマスターH 87127




BACK HOME