×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


キャラグミン 東條希(株式会社ボークス) 作成過程


余分な部分を切除して、整形した直後の各パーツ。

前に作ったのとは若干デザインが違うとは言え、基本的には同じ要領で作れたんだけど、
髪の毛の細かいパーツが多かったのが面倒だったのと、のんたんと言えば誰が見ても分かる通り、
メンバー中最胸を誇っているお方なので(笑)、そこは徹底して気合い入れて塗装した!
P2360


今回も影になる部分等の塗装に関しては、タミヤのウェザリングマスターを使用。

・肌の影の部分   →Hセットのペールオレンジ
・頬のチーク     →Hセットのピーチ
・衣装の影の部分  →Dセットの青焼け


塗装用のスポンジは前回のヤツを使いまわそうとしたら、ちょっと塗装面が汚くなったので、どんどん新しいスポンジを使用。
スポンジはそもそも1本しか付属してないから、代用品としてダイソーで売ってるアイシャドウを塗る道具が使っているので、
遠慮無くガンガン使う。どうせ100円で数本入ってるし、ケチなことはしない。


ウェザリングマスターのシリーズは、人物塗装用のものをもっと増やして欲しいなあ。
髪の毛のグラデ塗装用とかさあ。今回衣装用に使った青焼けも、本来の使用用途とは違うから、
濃くなり過ぎないように、さじ加減が非常に難しいの。スポンジと綿棒と筆と水を駆使してやってるし。

あと一応前髪だけはエアブラシで軽くグラデ入れてるつもりなんだけど、写真じゃ全然分からんなあ・・・(笑)。





↓まあ組み立てちゃうとほとんど見えないんだけど、そんなことは関係無しに、
下着やお腹の部分も徹底的に塗装(笑)。
P2361

今回お尻の部分は、ちょっとやり過ぎちゃったかな・・・って、気がしなくもない。
P2362


そして・・・のんたんの外見的な部分で最大の特徴となるデカい胸の部分は、気合入れて塗装!!

そもそも3次元である模型とは言え、胸の膨らみの凹凸の影を強調することで、より立体感が増すからね。

でもポージングのせいで、下からの角度でないと、あまりよく見えないのが残念(笑)。
前の海未はともかく、なぜ肝心の希までこんなポーズに?(笑)。まあ立体化前提のポーズじゃないから、しゃーないけど。
P2363

谷間んとこの影も、これがあるか無いかで、結構変わる。
P2364
P2365


それと仕上げのトップコートは前回同様、髪・肌・衣装はつや消しにして、透明のヒラヒラのヤツは光沢、ブーツは半光沢にした。
台座は今回も当然ミラー状(笑)。ミラーで覗き込む為ってのもあるけど(笑)、
若干とは言え、光を下から上に反射してくれるって言う機能もあるの。



目と眉毛はデカールを貼るんだけど、今回正面から見て左側の目を貼ろうとした時に、
いじり過ぎたせいか、睫毛部分がブチ破れた時はメチャクチャ焦った。
予備が付いててホントに良かったわ(笑)。そもそも希は、垂れ目気味なのもあって、位置合わせがちょっと難しかったの。
某店に従業員が作ったと思われる完成品が展示されてるんだけど、左右の目の高さが違ってて、福笑い状態になってたし(笑)。

1.何もしてない状態
2.口の中を塗装
3.舌を塗装
4・唇を塗装
5.マスキングテープであたりを付けて、目を貼り付け。
6.同上で、眉毛を貼り付け。
7.一旦顔につや消しトップコートを吹いて、頬にチーク塗装
8.イヤリング取り付け&デカールの瞳部分と口内&唇に水性クリアを塗って完成。7と8で口の光り具合が全然違うでしょ?  


P2366


■塗装に使ったツールの一部■
タミヤメイクアップ材シリーズ No.88 タミヤ ウェザリングマスター D(青焼け) 87088
タミヤメイクアップ材シリーズ No.127 ウェザリングマスターH 87127




BACK HOME